公式メルマガ

【研究所公式】薬事法に抵触しないポレノンのレビュー記事を書くときの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、

どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。
https://twitter.com/#!/daisukee

先週、2月23日に配信しましたメールにおきまして
掲載したサンプル記事で薬事法に抵触する可能性のある記述がありました。

誠に申し訳ございません。
ご迷惑をおかけしたこと、心よりお詫び申し上げます。 

ドロップシッピング、アフィリエイトなど商品の販売、
広告宣伝を目的とした記事となる場合、レビュー記事であっても
薬事法の対象となります。

今回は、その反省を踏まえ、
前回のサンプル記事を題材に薬事法に抵触する可能性の
高い個所について解説いたします。

原文については、先週のバックナンバーに原文のまま
掲載しておきましたので参考にしてください。

【研究所公式】ポレノンを題材に伝わる通販レビュー記事を書くコツ
https://www.ds-lab.jp/backnumber/pollenonreview.php

前回のサンプル記事で薬事法に抵触する恐れがあるのは
「効能効果」について記載していることです。

使用感のコメントなら問題ありませんが、
使用した感想であっても「効果効能」については
薬事法の対象となりますので充分な注意が必要です。

では、文頭から順番に確認していきましょう。

●「花粉症対策」という症状についての表現

花粉症対策に「ポレノン」を使うコツは、徹底的に使うことです。

花粉症対策という症状を「治療・予防、改善」する表現になります。
ポレノンは医薬品ではありませんので、症状を改善するという表現は
薬事法に抵触する可能性が高いです。

ここでは「花粉対策」と記載することで回避できると考えられます。

●「効果がありました」「効果的です」という効果効能

次の箇所です。

「効かなくなってきたな」と思ったら、即「シュッ」です。
すると、マスクをしている以上に効果がありました。
マスクに吹き付けたり、マスクと併用すると長持ちしてさらに効果的です。

上記のでは、効果があることを謳っています。
ここでは具体的に症状については言及していないので、

「効果」=「ポレノンが花粉を吸着する効果」

と弁解することもできますが、非常に紛らわしい表現であり、
読んだ人が誤解する可能性があります。
そこで、下記のような訂正案に変更することで対応します。

(訂正案)

「花粉が気になるな」と思ったら、即「シュッ」です。
マスクをしているときよりもさわやかな雰囲気で、
マスクに吹き付けたり、マスクと併用すると
さわやかさが持続するように感じました。

 

●「花粉の侵入を防ぐ」という機能を誤解させる表現

次の箇所も、訂正した方が良い箇所です。

他にも、食事の時には大活躍です。
マスクをつけたまま料理を食べることはできませんが、
ポレノンなら、食事中でも鼻への花粉の侵入を防いでくれるようです。

3行目の「花粉の侵入を防いでくれる」という表現です。

ポレノンは、直接花粉の侵入を防ぐ商品ではありません。
ポレノンを吹き付けた箇所に花粉を吸着させるしくみです。

そのため、「花粉の侵入を防いでくれる」ではなく、
「花粉を吸着してくれるようです」とした方が正しい表現です。

 

●「効果が実感」、「効果が減ったら」という条件の表現

次の箇所も気をつけたい記述です。

確かに、つい使うのをためらいがちなのですが、
思い切って使わないと効果が実感できないかもしれません。

効果が減ったら「シュッ」と使うと10日で1本を消費する程度でした。

「効果が実感」、「効果が減ったら」のような記述では、
効果があることを前提にしてしまっています。

この箇所についても、それぞれ次のように訂正することができます。

「効果が実感」→「さわやかさを実感」
「効果が減ったら」→「花粉が気になりだしたら」

効果効能ではなく、感想を記述するようにします。

ここまで、薬事法に抵触する恐れが特に高い個所について
取り上げて解説してきました。

商品を直接販売しているページだけでなく、
ブログの記事でレビューを書く場合でも薬事法に注意する必要があります。
正しい知識を身につけて、うっかり違反してしまうことがないようにしましょう。

薬事法に関する情報として、下記のリンク先も参考にしてください。

□ 薬事法、景品表示法の注意事項(PDFファイル)
http://www.moshimo.com/pdf/reference_yakuji_keihyou.pdf

□ 薬事法について
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kenkou/iyaku/sonota/koukoku/

 

では、先週のサンプル記事を元に、
薬事法に抵触しないように訂正して紹介します。

訂正サンプル記事

飛散量は昨年ほどではないそうですが、今年2012年も花粉の季節到来です。

もしもドロップシッピングでも「ポレノン」という商品があります。
この「ポレノン」昨年の通販でも大ヒットした商品です。

今年もどんな花粉対策の商品が通販でヒットするのか注目しています。

 

私自身も花粉症歴は30年を超えました。

中学校の入学式ではすでに鼻をすすっていましたから間違いありません。
当時は花粉症という言葉も浸透していませんでした。

今まで、薬を飲んだり、点鼻薬を試したり、鼻孔洗浄をしたり、
鼻うがいをしたり、さまざまな対策を試してきました。

木酢液がいいとテレビで話題になれば、
売り切れ続出の中、木酢液をお取り寄せしてまで試したり
ヨーグルトがいいと聞けば食べ続けたこともありました。

しかし、私の花粉症にはどれも今一つでした。

 

そんな中、昨年ヒットしたのが「ポレノン」です。

使った方の中には、今一だったという方も
いらっしゃいましたが、私にとってはかなり画期的でした。

花粉対策に「ポレノン」を使うコツは、徹底的に使うことです。

「花粉が気になるな」と思ったら、即「シュッ」です。
マスクをしているときよりもさわやかな雰囲気で、マスクに吹き付けたり、
マスクと併用するとさわやかさが持続するように感じました。

私は、もしもドロップシッピングの運営する
もしも大学の公認講師として講師活動をしています。
講座や人前で話すときにはマスクをしたままというわけにもいきません。

そんな時、ポレノンはとても重宝します。

他にも、食事の時には大活躍です。
マスクをつけたまま料理を食べることはできませんが、
ポレノンなら、食事中でも花粉をしっかり吸着してくれるようです。

こういう花粉対策グッズは他に知りません。

 

私は室内での仕事なので、比較的外出が少ないですが、
昨シーズだけで3本を使いました。

ポレノン自体、1本僅か30mlで3,000円しますので、
少し高いように感じるかもしれません。

確かに、つい使うのをためらいがちなのですが、
思い切って使わないと、さわやかさを実感できないかもしれません。

花粉が気になったときに「シュッ」と使うと10日で1本を消費する程度。

缶コーヒーを1日3本を10日間飲むと「120円×3=3,600円」ですから
毎日、食後のコーヒーと同程度の出費です。

3本セットだと、送料無料になるので、
1本を試しに買って、よさそうだったらまとめ買いがお得です。

 

最初は、「本当かな?」とためらいましたが、
3,000円で1本試して、よさそうだったお買得だなと思い、
だまされたつもりで思い切って試しました。

もちろん、個人差があると思うので
誰でもさわやかさが得られるかどうかは分かりませんが、

もし、花粉に悩んでいるなら一度試してみてはいかがでしょうか?

今なら、1~3営業日程度で発送とのことで比較的すぐに届くようです。
もちろん、おすすめは私がいつもお世話になっている「もしも」です。

『【2012年最新版】 シュッとひと吹き!”エアーマスク”で花粉をブロック!』

□ 花粉対策グッズ「ポレノン(pollenon)」
(商品ページへのリンク)

上記の記述では、商品の「効果効能」を謳わないように書き換えました。

薬事法違反となるかならないかは常に難しい判断ですが、
念のため「効果」という言葉を使うこと自体をこの訂正文では避けました。

前回、今回と薬事法に抵触する可能性のある例として参考にしてください。

今回掲載している訂正したサンプル記事でも、
場合によっては、違反となってしまうケースもあるかもしれません。
違反防止を保証するものではありませんのでご了承ください。

尚、本記事を参考に記事を作成したにも関わらず、
万が一違反となってしまった場合でも当方では一切責任を負いかねます。

他にも、もしお気づきの点がありましたら、お知らせください。

では、最後までお読みいただきましてありがとうございます。

次号もお楽しみに。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加