公式メルマガ

【研究所公式】ページで何を売っているのかを一瞬で伝える3つのパーツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。
いよいよホタルの季節がやってきました。
どろっぷしっぴんぐ研究所のある那須烏山市は
ホタルの名所でもあります。
今年は、例年よりも多くのホタルが確認されたという情報も!
そして、今週末にはこんなのどかなイベントも開催されます。
□ 那須烏山市大木須でほたるの夕べコンサート
http://bit.ly/iUFq1w
実は、私はこんな近くに住んでいながら
今までホタルを観た記憶がありません。
今年こそ、大木須(オオギス)にホタルを観に行こうと思います。
さて、先週は、
「ドロップシッピングのページ作りで重要なこと」という
テーマで、ファーストビューの重要性についてでした。
訪問したお客様にページをスクロールしてもらうために
・何を売っているか分かる
・通販で販売していることが分かる
この2つの情報を、いくつかのパーツを
ファーストビューに分かりやすく配置して数秒間の間に
「お客様の心を掴んでスクロールしてもらう」
必要があるということをお伝えしました。
では、今回は
「何を売っているか分かる」
ということを、ページを訪れた人に伝えるには
ファーストビューにどのようなパーツがあれば良いのか、
確認していきましょう。
具体的には、次の項目が最低限必要です。
1. 商品名(キーワード)
何を売っているか伝えるために、
ハッキリと「商品名」を明記するようにします。
場所は、超できすぎくんを例にすると次の箇所です。
・ヘッダの上段
・カートボタン等(大)の商品名
キーワード広告、SEOにより検索エンジンから
集客する場合では「キーワード」そのものをお客様は
求めていらっしゃいます。
集客しているキーワードは、不自然にならない限り
なるべくそのまま表記するように心掛けると良いでしょう。
2. キャッチコピー
お客様の心を掴む、言葉の通り「キャッチ」するのに
キャッチコピーは最も重要といっても過言ではないでしょう。
お客様にとって、販売している商品が
どのようなメリットがあるかを簡潔に記入します。
ページを訪問した人に、一瞬で読み取ってもらい
ページに留まってもらうためにも、インパクトを与えるよう
ファーストビューで一番目立つように配置します。
小さな文字、読み取りにくい色は避け、
太く、大きな文字、ハッキリした色を使いましょう。
このキャッチコピーですが、
競合の状況、お客様の緊急度や商品によっては、
キャッチコピーが無くても売れることがあります。
しかし、私自身の経験だけでなく、特待生でも売上を
伸ばしている方の多くは、キャッチコピーを追加したことや
文言を変更したことで購入率が上昇したという事例が多いです。
3. 商品画像
商品のイメージは、どのような商品なのかを
一瞬でお客様に伝えることができる強力なパーツです。
商品がどのような商品か分かる画像を
ファーストビューに配置しましょう。
ここまで、ファーストビューで
「何を売っているか分かる」についてお伝えしてきました。
皆さんのページでは、商品について分かりやすく伝えられていますか?
この機会に、ぜひ一度この1~3の項目をチェックして
ファーストビューを見直してみてください。
次号では「通販で販売していることが分かる」についてお伝えしていきます。
最後までお読みいただきましてありがとうございます。
次号もお楽しみに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*