公式メルマガ

【研究所公式】ドロップシッピング運営者十戒まとめ『現状を打破する秘訣』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、
 
どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。
 
『ネットで稼ぐ!ドロップシッピング3.0福岡セミナー』
お陰さまで、とても充実したセミナーになりました。
 
会場にお越し下さり、受講いただいた皆さま、
応援いただいた皆さまに心から御礼申し上げます。
 
当日、スタッフを務めてくださいました、
ロンドロンさんとkiraraさん、そして我らがもしものあやこさんも
早速ブログでセミナーの様子をレポートしてくれています。
 
「ネットで稼ぐ!ドロップシッピング3.0」福岡セミナー!(ロンドロンさん)
 
『ネットで稼ぐ!もしもドロップシッピング3.0セミナー』in 福岡は熱かった!(kiraraさん)
 
レポート『ネットで稼ぐ!もしもドロップシッピング3.0セミナー』(あやこさん)

私ももしも大学公認講師リレーブログで
福岡セミナーの様子をレポートしました。

セミナーを受講してドロップシッピング3.0 de 成功する5ステップ

 

さて、今週はドロップシッピング十戒についてのまとめです。
 
ドロップシッピング運営者十戒

 

順風満帆ではなかったショップ運営

このドロップシッピング運営者十戒を作ったころ、
特待生になって半年が過ぎた9月頃のことです。
 
当時は、順風満帆だったかと言えば全くそんなことはありません。
 
いくつかの売れ筋のヒット商品があり、
毎月安定して売れるようにはなってはいましたが、
売上規模拡大したいのに打ち手がなく伸び悩んでいました。
 
その頃、売れていた商品も競合が増えたことや
低価格を打ち出すショップも出てきてしまったため競争力を失い
いままで売れていた主力商品が売れなくなるという経験もしました。
 
また、売れ続けている商品をさらに1つでも多く販売しようと
さまざまな施策を打ってみたものの売上が倍になるような
劇的な効果はなく、今後どうしたものかと悩んだものです。

 

検索されていて、競合が少ない商品を選ぶということ

そんな時、率直に売上が伸び悩んでいることを
当時私たち特待生の講師だった横道先生に相談しました。
 
すると、
 
「悩んでいる時間は無駄!」
「成功者はその時間も作業している!」
「商品を選んで集客あるのみ!」
 
(注)上記の表現はかなり脚色しています
 
というアドバイスと一緒にいくつかの商品を紹介してくれました。
 
 
それまでは、売上ランキング上位の商品を中心に扱っていましたが、
横道先生が紹介してくれた商品は、それまでの私の感覚では敬遠してきた
売上ランキングにも登場しない商品です。
 
ところが、それらの商品がかなりの確率で売れるのです。
 
 
それら商品の特徴と言えば、
 
・新着商品であること
・季節需要があること
・競合が少ないこと
 
そして、その中でも特によく売れるのは、
 
     「検索されていて、競合が少ない商品」
 
でした。
 
キーワードツールでキーワードが見つかる程度検索されていること、
それらのキーワードで競合が少ないというのがポイントです。
 
その後は商品選びが楽しくて仕方がなくなりました。
しっかり選べば、一定の確率で売れていくのです。

 

こだわりを捨てたことが売上アップにつながった

その年の10月の売上は自己ベストを更新。
年末に行われていたドロップシッピング選手権では
プロクラスでのエントリーとなりました。
 
その後、11月、12月は10月の倍以上を売上げて
ダブルジャンプアップ賞を獲得。
翌年の1月にはさらに自己ベストを更新することができました。
 
その1月頃から講師活動が中心となり、現在に至っています。
 
私の場合では、一旦、自分のこだわりを捨てたことが
大きな売上アップにつながりました。
 
 
いま、もし売上に伸び悩んでいたり、
あまり成果につながっていないな、と感じているなら
自分の習慣や選択の傾向を見直してみてはいかがでしょうか。
 
さらに大きな成果を得ようとするときには、
一度自分のこだわりを捨ててみるということも必要かもしれません。
 
 
 

【ドロップシッピング運営者十戒】

1. 作業(商品選定、ページ作成、集客)を最優先する。

2.一頁入魂

3. PPC広告はドライに数字とデータで客観的に判断する。

4.試行と検証を繰り返し、自らの運営スタイルを確立する。

5. 仲間との連携、情報発信を怠らない。

6. お客様の評価が全て。お客様にとって一番のサイトを目指す。

7. アンテナを高く掲げ、季節や社会の変化をキャッチする。

8. ドロップシッピングを始めた目的、夢、理想を失わない。

9. お客様、お世話になった人への感謝の気持ちを忘れない。

10. コツコツと継続して運営する限り失敗はない。
 
  
では、今週も最後までお読みいただきましてありがとうございます。
 
次号もお楽しみに。

 

※この記事は2012年11月22日に配信した『どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)』
のバックナンバーです。

メルマガのご登録はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加