公式メルマガ

【研究所公式】Yahoo!検索SSL化も恐くない!検索キーワードを把握する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。

Alfa Romeo GTV
Alfa Romeo GTV / Adam.TS.

 

2015年8月12日のヤフー株式会社の発表によると、「Yahoo!検索」では、
セキュリティ強化を目的に検索結果にSSLと呼ばれる暗号化プロトコルを
2015年8月18日より段階的に使用することを発表しました。

「Yahoo!検索」SSL化のお知らせ

 

Yahoo!検索の検索キーワードが取得できなくなる?

過去にはGoogle検索でもSSL化が実施されており、
アクセス解析ツールでは既にGoogleの検索キーワードを
取得することができなくなっています。

Google Analyticsをお使いの方は、
オーガニック検索トラフィックでキーワードを確認すると、
(not provided)と表示され、Googleからの検索キーワードが
確認できなくなっていると思います。

同様に、今後はYahoo!検索でも
検索キーワードが取得できなくなると推測されます。

 

Google Search Consoleを活用

特にドロップシッピングのショップ運営では、
検索経由のアクセスをどれだけ伸ばせるかが売上に大きく影響します。

そのため、どのような検索キーワードから訪問があるか
把握しておくことはドロップシッピングでは重要です。

GoogleとYahoo!からの検索キーワードが把握できないとなると
検索キーワードのほとんどを把握できなくなります。

そこで、まだお使いでない方にもこの機会にぜひ活用していただきたいのが
『Google Search Console(旧ウェブマスターツール)』です。

Search Console ヘルプセンター

『Google Search Console』では「検索クエリ」として、
Googleでの検索キーワードを表示してくれるだけでなく、
Googleアナリティクス上でもデータ確認が可能です。

Google Search Consoleでは「検索クエリ」について、
次のデータを表示してくれます。

クリック数
表示回数
CTR(クリック率)
掲載順位

これらは、Google Search Consoleと連動することで
Google Analytics上でも確認することが可能です。

 

Yahoo!検索のSSL化への対応の参考情報

Yahoo!検索のSSL化が発表されてから、
さまざまなブログで今後の見通しや対応方法について解説されています。

一部の記事を紹介しますので参考にしてください。

Yahoo! JAPANの「Yahoo!検索」SSL化の対応方法 – Analytics Arts

Yahoo検索SSL化後に自サイトのキーワードを取得する方法×4(気休め) _ 自営でイエイ

検索ワードを調べられないなら、3つの方法を試せばいいじゃない – コスギス

ついに日本のYahoo検索もSSL化を決定、2015年8月18日から移行を開始 _ 海外SEO情報ブログ

 

Yahoo!検索がSSL化されても、Google Search Consoleを活用して
検索エンジンからの検索キーワードを把握することで
さらなる売上アップに繋げましょう。

 

—–
【今週の執筆者】奥成大輔(オクナリダイスケ)

(プロフィール)
1968年神奈川県生まれ、栃木県那須烏山市在住
1992年、大学卒業後(株)本田技術研究所に入社。2002年に豊かな自然と環境の良さにひかれ那須烏山市に移住する。
2008年、ライフスタイルを見直すことがきっかけで退社し独立。
2009年もしもドロップシッピングに登録。
もしも大学特待生7~9期を経て、2010年1月より「個人の働き方の常識を変え、ライフスタイルを革新する」をテーマにもしも大学公認講師としてドロップシッピングの普及活動、講師活動を行っている。
どろっぷしっぴんぐ研究所代表。

どろっぷしっぴんぐ研究所
—–

 

それでは次号もお楽しみに。

 

※この記事は2015年8月27日に配信した『どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)』
のバックナンバーです。

メルマガのご登録はこちら

 

ドロップシッピング十戒(pdf版)好評発売中!

どろっぷしっぴんぐ研究所、初のデジタルコンテンツ
pdf版『ドロップシッピング十戒』好評発売中です。

 

上記のリンク先ではドロップシッピング十戒の一覧や目次も掲載しています。
ご覧いただいてぜひご注文ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加