公式メルマガ

【研究所公式】ドロップシッピング成功へ導く独自コンテンツの作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは。

どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。
https://twitter.com/daisukee

今日で東日本大震災から5ヶ月が経ちました。

今週、私も8月7日から9日まで、宮城県石巻市周辺で
バーベキューの炊き出しボランティア活動に参加してきました。

□ 東北復興救援バーベキュー炊き出しボランティア(宮城県石巻市)
http://www.nasukarasuyama.org/blog/volunteer/helpjapanbbq.html

これを書いている今も、私と同じ那須烏山市に住み
HelpJapan.beの主催者でもあるダークさんは石巻市の牡鹿地区での
炊き出しに向かっています。

□ HelpJapan.be
http://english.helpjapan.be/english.helpjapan.be/Welcome.html

牡鹿地区には、海辺にたくさんの集落があったのですが、
どこも壊滅的な打撃を受け、集落ごと無くなってしまったような
場所も多いようです。

そんな中、昨日彼は片言の日本語と、不慣れな場所で
一人で炊き出し場所の下見に行きました。

その途中での出来事。

男の人が車の前に飛び出してきたそうです。
クルマを止めるために・・・

幸い接触などはなかったのですが、
那須烏山市に戻っていた私にも電話が掛かってきました。

“Daisuke、Please talk with him. I think He needs a big help.”
(大輔、彼と話してみてくれ。きっと大きな助けがいるに違いない。)

その方は大きな声で、助けを求めていました。

話を聞くと、20匹の猫の世話をしているのだそうです。

「既になついてしまい、放っておくことができません。」

「どうか、助けてください!」

集落の中でもたまたま彼の家は無事だったそうで
なんとか自分は生活できているとのこと。

ところが、集落の他のほとんどの家は流されてしまい、
津波によって迷子になった猫がたくさんいて、この5ヶ月間で
約20匹の猫がその方のお宅に集まって来たのだそうです。

猫たちの食事代だけでなく、物資がある石巻の市内までは遠く
ガソリン代も厳しい状況と伺いました。

ダークさんの車には、
犬猫の救援活動の大きなステッカーが貼ってあるので、
それを見て必死の思いで車を止めたのだと思います。

今日は現地に向かう際に立ち寄って
約20kgのキャットフードを提供しています。

これは、概算ですが、猫20匹の2週間分程度の食事です。
今後のことを考えると、これだけでは全く足りません。

キャットフードの価格の目安は、安いもので約1,000円で2~3kg程度です。

もしもドロップシッピングが提供している商品では、
次の2つが量も多く、比較的安価で購入できます。

□ Kalkan(カルカン) お魚とチキン 2.0kg KSL02 (全ての猫種 成猫用 キャットフード) 【ペット用品】 (ID: 422300)
https://www.moshimo.com/shop/articles/detail?article_id=422300

□ Kalkan(カルカン) お魚味 2.0kg KSL04 (全ての猫種 成猫用 キャットフード) 【ペット用品】 (ID: 422299)
https://www.moshimo.com/shop/articles/detail?article_id=422299

このメルマガの読者の方で、
キャットフードの提供が可能という方がいらっしゃいましたら
「件名:キャットフード提供可」にてメールください。

1kgでも20kgでも構いません。

宅配便は復旧しているとのことなので、発送先をお知らせします。
その後、発送先に送付して提供いただければ何よりです。
(もしもドロップシッピングや楽天市場などから直接発送が簡単です)

直接発送が不安という方は、奥成宛に送っていただいても
募金にご協力いただくだけでも嬉しいです。

どうか、ご協力をお願い致します。

 

今回、この件で犬猫救援の活動をしている方ともお話ししました。
すると、犬や猫のフードは、ホームセンターやスーパーなどよりも
圧倒的にインターネット通販が安いということです。

多くの動物関連のNPO法人も実はインターネットから
購入しているという情報も伺いました。

しかも、通常それらのNPO法人では、動物病院などで取り扱う
プレミアムフードを購入するそうです。

石巻市の牡鹿地区でダークさんが出会ったような方も
そこまで困っていないという方でも、やはり少しでも安く手に入る
方法が分かればそれは嬉しいことでしょう。

あるいは、猫の調子に合わせて適切な食事に関する
詳し情報があれば商品を選ぶのも容易になります。

私たちもしもドロップシッピングのショップオーナーも
最初のステップでは、ショップで商品を販売するということが
成功への第一歩です。

それと同時に、困っている人や情報を探している人に
タイムリーに情報提供し、少しでも買い易くしてあげたいですよね。

ショップ運営を始めて、売上が発生するようになった方は
しっかりとした役に立つ情報提供する独自コンテンツ作って、
次のステップでの成功を目指して欲しいと思います。

例えば、次のような独自コンテンツの作り方が考えられます。

1. 専門ショップの商品ノウハウや解説ページ

2. 情報提供サイトやブログの運営

3. 商品やサービスの比較サイト
さらに、求められている情報のニーズも簡単に知ることができます。

例えば、「キャットフード」に関連する情報だと、
こちらのリンク先でどのような情報が求められているか一目瞭然です。

http://bit.ly/qb8ajs

 

キーワードは検索している人たちの質問です。

これらの検索キーワードに合わせたコンテンツ(キーワードを含めた
タイトルのページや記事)を作成し、それぞれのキーワードに対して
1ページ1キーワードで上位表示を目指すのもSEOそ成功させる方法の一つです。

 

整理すると、

1. まだ売上が発生していないという方

まずは、ショップで販売するノウハウを
しっかり学んで基礎を築いてください。

2. 目安として月商5万円を超えている方

売上アップを狙うと同時に、独自コンテンツ作りを開始。
SEOを意識したショップ運営をスタートしましょう。

3. 月商10万円を超えている方でSEOに着手していない方

今すぐにでも独自コンテンツ作りに励んで、
利益拡大を目指してショップ運営に取り組んでください。

 

出来るところから、一つ一つステップアップして
ドロップシッピングでの成功を目指しましょう。

ショップ運営に悩んでいるという方は、もしも大学特待生に
応募していただければ公認講師のメンバーが丁寧に指導します。

私が担当している奥成クラスについてはこちらで詳しく解説しています。

http://begin-moshimo.seesaa.net/article/216818063.html

 

震災から5か月、確かに瓦礫は除去されつつあり、
徐々にキレイになっているのは事実です。

しかし、実際に現地に足を運ぶと、交通の便が悪いために
人手が全く足りない集落も多く、元の暮らしに戻るにはいったい
どのくらいの期間が必要なのか全く想像できません。

それでも、できることからコツコツと継続した作業や
支援こそが復興への近道だと実感している今日この頃です。

では、最後までお読みいただきましてありがとうございます。

次号もお楽しみに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る