公式メルマガ

【研究所公式】ザクザク稼ぐ!もしチャレ特製需要カレンダーのボツ原稿より

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。

Paris calender shift
Paris calender shift / EmBe79

 

週末、もしも大学の佐藤副学長と一緒に
震災で被害を受けた宮城県の沿岸部に行ってきました。

南は石巻、牡鹿半島と金華山、北は気仙沼まで。
周辺の地域はどこに行ってもダンプカーにつぐダンプカー。
徐々に復興に向けて動いていることが感じられました。

現地では笑顔で歓迎してくれる一方で、
深刻な問題も多く、私自身も考えを整理できずにいます。

そんなこともありましたが、金華山は3年続けて参拝すると、
一生お金に困ることはないとも言われているそうです。
来年も参拝するつもりです。興味のある方はぜひご連絡ください。

 

ザクザク稼ぐ!もしチャレ特製需要カレンダー

さて、もしもチャレンジ、もしもチャレンジNEXTを受講者の方が、
購読できる『もしもチャレンジレポート』は毎月サイト運営者に向け
最新情報が掲載され、私自身も毎月読むのを楽しみにしています。

どろっぷしっぴんぐ研究所でも、
『ザクザク稼ぐ!もしチャレ特製需要カレンダー』という
需要やトレンド予測のコーナーに毎月連載させていただいています。

今週は、その中からボツになったテーマを紹介しながら
どのように予測しているか、一部をご紹介します。

 

トレンド予測は情報収集から

テーマに関しては、日頃から新聞、雑誌、各種広告、
テレビ、インターネット、メルマガなど各種メディアを参考に
気になるものをストックしています。

発行前ギリギリまで情報収集して記事を書けば
より精度は高くなりますが、入稿後の校正、印刷、配送などの
スケジュールから逆算して1ヶ月前に入稿します。

例えば、今月末の入稿に向けて書くときは
「自分の周りは10月末なのに、自分自身は12月初旬」という
感覚でいる必要があります。

トレンド紹介は読者の方が成果に繋げることが使命なので、
12月号が届いた時点での旬な情報だけ紹介しても不十分です。

届いた時点から数週後に旬になる情報に加えて、
1ヶ月以降に訪れるトレンドも紹介します。

このような難しさもありますが、
チャレンジとやりがいのあるコーナーで、
私自身も毎月の原稿執筆を楽しみにしています。

 

Googleトレンドで検索需要をチェック

11月号では、候補の中にランドセルや天体望遠鏡を
紹介してはどうかと考えていました。

ランドセルは年末が訪れる前に、需要があるのは、
お子様をお持ちの方なら経験をお持ちではないかと思います。

しかし、実際に需要調査すると、意外な傾向が明らかになりました。
傾向の把握は、最初の段階ではGoogleトレンドでチェックします。

Googleトレンド

Googleトレンドで「ランドセル」をチェックすると・・・

ランドセルは、2008年頃までは11月と1月がピークでした。
ところが、最初のピークが訪れる時期に変化が見られ、
2009年以降は9月へ、2012年頃からは8月へと早まっています。

競合が少ない需要が増え始める早い時期から先制して
販売するのがポイントの1つですが、11月号に情報を掲載しても、
既に最初のチャンスを逃しています。

現在ランドセル市場では、早いところでは8月から訴求が始まり、
人気のランドセルや、オーダーメイドのランドセルは
早々に売り切れや、予約終了となってしまうようです。

 

考察も大事、でもデータ検証はもっと大事

また、もしもドロップシッピングで取り扱っている天体望遠鏡は
競合が少なく価格競争力もある商品が多いのが特徴です。

最近は秋になり、私が住んでいる那須烏山では
夜空を眺めると、満天の星空が綺麗に見えることが増えてきました。

そこで、

「これから冬に向けては需要が伸びるに違いない」
「クリスマスプレゼントにも最適なはず」

と考えることもできるのですが、
実際に需要を調べると12月も好調な時期には違いないのですが、
どちらかと言うと、夏休みの方が需要は大きいようでした。

そんなことで、もしもチャレンジレポートの11月号では、
より大きなチャンスが訪れるトレンドを紹介します。

 

価格競争力があり競合が少ないなら取り扱ってみる

しかし、ランドセルも今ならまだ需要が残っている時期ですし、
1月に入ると再び需要が増える見込みです。

また、天体望遠鏡では、クリスマスプレゼントに欲しいというお子様や
冬の天体観測に向けて購入する方は決して少なく無いはずです。

ランドセルは、もしもドロップシッピングでは関連商品が少ないので、
もしもアフィリエイト経由で楽天アフィリエイトやアマゾン、
あるいは他のアフィリエイトサービスを活用してください。

天体望遠鏡に関しては、もしもドロップシッピングで
価格競争力の高い商品があります。キーワード選定と競合調査を
しっかり行って取り扱ってみてはいかがでしょうか。

 

販売しながら売れる商品を選定する

もしチャレ特製需要カレンダーの記事では、一般的な需要情報と
特に狙い目のトレンドをより深く考察して紹介するのが目的なので
厳しい視点でテーマの採否を検討しています。

しかし、ドロップシッピングのショップ運営を行う中では、
厳選したからといって売れるとは限りません。

実際のショップ運営では、厳選するよりも
売れる可能性の高いさまざまな商品を試しに取り扱って集客し、
売れる商品を見つけていくという作業が本来の商品選定です。

ドロップシッピングも、世の中の様々なこと、
スポーツや勉強、語学やお仕事に必要なスキルなどと同様、
最初から上手にできるものではありません。

ショップ運営での販売においても試したことの一部が
売上や成果につながると考え、チャレンジの回数を増やすことが大切です。

 

最後に告知です。

10月19日(土)ドロップシッピング3.0セミナーを東京・池袋で開催します。

「ライフワークを生かし、ショップオーナーからサイト運営者へ」
をテーマに、今後のショップ運営の指針となる
「ドロップシッピング3.0」という考え方を提案します。

当日の特別講演では、月商100万円を突破したもしもショップオーナーで
アフィリエーターでもあり、筆耕.comで活躍されている清水委員長こと
清水克信さんがゲスト登壇してくれます

今朝、募集ページに記載する概要が届いたのですが、

「僕は好き勝手に生きています…。
それは、もしもドロップシッピングのおかげです。」

と始まる文章を読み、背筋がゾクッとするほどの興奮を感じ、
いまから2週間後のセミナーでお話を伺うのが待ち遠しいです。

サイト運営者として幅広く活躍されている清水さんに
ドロップシッピングでの月商100万円突破の経験談や
ご自身のサイト運営のマーケティングについてまで
じっくり一コマを割いてお話いただきます。

今週末の10月5日(土)の募集開始予定です。

準備が整いましたら、どろっぷしっぴんぐ研究所のホームページにてご案内します。
※このセミナーは満席のため、募集を締めきりました

今回は座席数14席と少ないので、
興味のある方はお早めにお申込みください。

それでは、次号もお楽しみに。

 

※この記事は2013年10月3日に配信した『どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)』
のバックナンバーです。

メルマガのご登録はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加