公式メルマガ

【研究所公式】ドロップシッピング3.0のブログ運営にも役立つ有名ブロガーの書籍3冊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、

どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。
https://twitter.com/#!/daisukee

今週はブログについてです。

もしもドロップシッピングでブログ運営というと、
ショップオーナーとしての運営ブログや「あやこのトライ実践ドリル」で
作成するような商品情報を紹介するブログもあります。

今日は、ドロップシッピングからは少しだけ離れて、
一般的なブログについて有名ブロガーの方が書いた
おすすめの書籍3冊を紹介します。

 

1.「手帳ブログ」のススメ 大橋悦夫著

http://msm.to/71gVnhj

「日々の記録から成功を引き出すブログ術」という副題で、
ブログをどのように始めて、いかに長く楽しく続けられるかが
テーマとなっています。

シゴタノ管理人である著者の経験を交え、
ブログを書き続ける具体的な手順が紹介されています。

~1週間、~2週間、~1ヶ月、3ヶ月、半年後

それぞれのステージでどのようにブログを書くと良いのかが分かります。

「事実、気づき、教訓、宣言」の無理なく書ける4行日記のコツや
ブログを書くことで自分の行動を変化させるきっかけにもなると
述べられています。

私はこの本をきっかけに久しぶりに純粋にブログを書きました。

残念なことに、ハンドルネームで書き始めてしまったので
自分の行動を変化させるきっかけにできず、止めてしまいましたが、
この本を読んでブログを2カ月間毎日書き続けることに成功しました。

 

2.必ず結果が出るブログ運営テクニック100 コグレマサト・するぷ著

http://msm.to/1Ytb988

ネタフルのコグレマサトさんと和洋風のするぷさんの本です。

「プロ・ブロガーが教える”俺メディア”の極意」という副題で
「Facebook Twitterを使いこなす自分の「ホーム」の作り方」
というキャッチコピーがつけられています。

ツイッターやフェイスブックがソーシャルメディアとして台頭していますが、
ソーシャルメディアのホームとしてブログの在り方を解説しています。

ブログにまつわる様々なテクニックも多数紹介されているので、
どこから読んでも実践的で、ブログをカスタマイズしていない人には
たくさんのヒントが得られるのではないでしょうか。

また、ブログから収益を上げる方法として、
Google AdSenseやアフィリエイトの使い方も紹介されています。

 

3.ノマドワーカーという生き方 立花岳志著

http://msm.to/8JCQdOO

月間160万PVを突破した「No Second Life」管理人の立花岳志さんの本です。
「場所を選ばず雇われないで働く人の戦略と習慣」という
副題がつけられています。

私自身、40歳を前に会社を辞め、現在までフリーで活動してきて、
自分の過去から現在まで随所で共感を覚えながら一気に読みました。

ノマドワーキングやクラウドなどの使い方も紹介されていますが、
特に5カ年計画とミッションを元に、夢を目標に変える
具体的な考え方が参考になります。

特に会社や組織を離れて活動していきたい人に読んで欲しい1冊です。

 

ドロップシッピング3.0を実践する上でも、
ショップのメディアとして、自分のメディアとしての
ブログは核となる存在になっていきます。

興味のある方は、ぜひ有名ブロガーの方の書籍を読んでみて
できることから自分のブログ運営に取り入れていくことを
おすすめします。

では、今週も最後までお読みいただきましてありがとうございます。

次号もお楽しみに。

 

※この記事は2012年6月28日に配信した『どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)』
のバックナンバーです。

メルマガのご登録はこちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加