公式メルマガ

【研究所公式】2014年どろっぷしっぴんぐ研究所公式メルマガ人気ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。

Dickens Village 2010
Dickens Village 2010 / kevin dooley

 

いよいよ2014年も残すところ僅かとなってきました。
どろっぷしっぴんぐ研究所の公式メルマガも年内の配信は
今週と来週の2回です。

来週の配信では、恒例のどろっぷしっぴんぐ研究所の年末総括です。

そこで、その前の今週は今年1年間に配信したメルマガの
バックナンバー記事のアクセスランキングを発表します。

 

2014年メルマガバックナンバーのアクセスランキング

記事へのアクセスを調査していて気づいたのは、
ドロップシッピングのノウハウ系のまとめが人気で
上位を独占しているという状況でした。

これは、2014年に限らず過去も含めてノウハウ系のまとめや
シリーズ記事の関心が高く、もしもショップオーナーの皆さまが
ノウハウを求めて読まれていることを嬉しく感じました。

 

それでは、第10位から発表していきます!

第10位 【研究所公式】ドロップシッピングでのSEOは商品名キーワードから攻略する

第10位 【研究所公式】ドロップシッピングでのSEOは商品名キーワードから攻略する

ドロップシッピングにおける検索エンジン対策(SEO)のノウハウは
いろいろなことが語られています。

小ジャンルキーワードがいい
検索数が多いキーワードでないと大きな売上は期待できない
商品名キーワードは商品販売終了でショップが終わる

商品名キーワードでのSEOに関しては否定的な意見が多いのは確かです。

しかし、それでもSEOは商品名キーワードでのスタートをおすすめします。

本質を理解し、売上経験を増やすためにも
これから本格的にドロップシッピングでSEOを始める方には
商品名キーワードから攻略すると次のステップに進むとき、
スムーズに移行できます。

 

第9位 【研究所公式】クリック率がアップするキーワード広告(前編)ドロップシッピングで商品が売れたとき

第9位 【研究所公式】クリック率がアップするキーワード広告(前編)ドロップシッピングで商品が売れたとき

どろっぷしっぴんぐ研究所のノウハウの中でも特に自信があるのが
Yahoo!プロモーション広告のスポンサードサーチを用いた
ECサイトでのキーワード広告の運用です。

キーワードの選び方、広告文の作り方、入札価格の調整
黒字化に向けた運用など、実際に多くの受講生の
ショップ運営で実証されています。

ドロップシッピングでは黒字化が難しいとされていて
キーワード広告はあまり注目されていませんが
セミナー開催の要望が増えてきているので検討中です。

(参考)【研究所公式】クリック率がアップするキーワード広告(後編)ドロップシッピングで商品が売れたとき

 

第8位 【研究所公式】ACミラン本田圭佑選手に学ぶショップオーナーの模範とは?

第8位 【研究所公式】ACミラン本田圭佑選手に学ぶショップオーナーの模範とは?

「フェスティカ栃木をN35で39秒台で走る」
という目標は、現時点で未達です。

でも、人間ドックを目前に控えて体重は大きくダウン!

ボクシングをする友人がステーキの脂身を残しているのを見て、
私もポテトチップスとチョコレートを
とりあえず自分で買うことを止めました。

その結果、約5ヶ月で75kg台だった体重が70kg台に!
(どんだけ食べてたんだ!という話かもですが・・・)

68kgくらいまで体重を落としてちゃんと練習すれば、
「フェスティカ栃木をN35で39秒台で走る」ことも夢ではないかも。

 

第7位 【研究所公式】一流ショップオーナーを目指すチェックリスト作成のすすめ

第7位 【研究所公式】一流ショップオーナーを目指すチェックリスト作成のすすめ

一流ショップオーナーのビジョンを
明確に持つことの重要性を書きました。

私自身もドロップシッピングを学んでいる頃
もしも大学の特待生のSNSで毎月の目標やコンテストでの意気込み、
将来進みたい方向性などをよく書きました。

今振り返ると、SNSの日記に書いたことの多くは実現しました。

12月という時期は自分の将来や進路を考える方も多いと思います。
この年末年始のお休みの時期、ぜひ自分のビジョンを
思いっきり描いてみてください。

 

第6位 【研究所公式】購入率アップ!ドロップシッピング1商品徹底販売のすすめ

第6位 【研究所公式】購入率アップ!ドロップシッピング1商品徹底販売のすすめ

もし、私自身がいまドロップシッピングを始めるとしたら、
1年位は徹底的に1商品を商品名キーワードで販売するショップを
次々作成していきます。

1商品という意味の中には色違いや
サイズ違いを含むこともあるかもしれません。

自分のショップ群の規模が小さいうちは、
購入率の高いショップ運営を徹底して、利益率を高くしないと
期待通りの利益が得られないからです。

 

第5位 【研究所公式】ハロウィン衣装のショップ運営に役立つ5つの情報

第5位 【研究所公式】ハロウィン衣装のショップ運営に役立つ5つの情報

5つめが「研究生制度でレベルアップを図る」としていますが、
その後、なんと研究生の方の提案で、ハロウィン当日に
ニュースでも話題になった渋谷のセンター街に繰り出したのでした。

ハロウィン衣装をどのように使われているのか、
どんな衣装が実際に買われているのかを目の当たりにして
非常に多くの気づきが得られました。

那須烏山でいまこの原稿を書いて、
ハロウィンのあの光景を思い出して見えると、
おとぎの国に入り込んでしまっていたようにも感じます。

 

第4位 【研究所公式】販売ページを見直しチェック!ドロップシッピングで商品が売れたとき

第4位 【研究所公式】販売ページを見直しチェック!ドロップシッピングで商品が売れたとき

「ドロップシッピングで商品が売れたとき」ということで
次の売上達成に向けてどのように取り組んで行くかが
このシリーズのテーマです。

しかし、まだ売上がない方にも大いに参考になる内容ですので、
まだ見習い会員という方もぜひ販売ページ作りの参考にしてください。

中でもファーストビューの影響は非常に大きいです。
この機会に今一度チェックしておきましょう。

 

第3位 【研究所公式】夢の子ネルル動画素材をショップできすぎくんに掲載する方法

第3位 【研究所公式】夢の子ネルル動画素材をショップできすぎくんに掲載する方法

神谷あつしさんの成功事例インタビューで
紹介いただいたショップには商品展示会で撮影した
動画を掲載されていらっしゃいました。

Google検索結果の中でもYouTubeの動画が掲載される機会が増えています。

自分で撮影した動画が集客にもつながる可能性がありますので、
ショップ公式ブログならぬショップ公式YouTubeチャンネルを
試してみることも今後に向けてよい試みだと思います。

 

第2位 【研究所公式】売上キーワードを確認しよう!ドロップシッピングで商品が売れたとき

第2位 【研究所公式】売上キーワードを確認しよう!ドロップシッピングで商品が売れたとき

ドロップシッピングでは検索エンジン経由での売上が基本です。

そのため、売れる商品というだけでなく、
その商品が売れるキーワードを見つけることこそが
ドロップシッピングのショップ運営の核心です。

売上キーワードが分かればさらに集客力を
引き上げることが可能になります。
そのためにもアクセス解析を導入しましょう。

先日、セミナーの成功事例インタビューでお話を伺った
神谷あつしさんは、

「売れない時期でもモチベーションが途切れなかったのは
アクセス解析で訪問者が増えているのを知っていたから」

とおっしゃられていました。

 

第1位 【研究所公式】5ステップで差がつくグレイプヴァインデキャンタのキャッチコピー作成!ドロップシッピングで商品が売れたとき

第1位 【研究所公式】5ステップで差がつくグレイプヴァインデキャンタのキャッチコピー作成!ドロップシッピングで商品が売れたとき

1位はキャッチコピーに関する記事でした。
キャッチコピーは特に関心が高いテーマの1つです。

どろっぷしっぴんぐ研究所でも今年力を入れていた
もしもショップオーナー研修会の題材に使った商品
「グレイプヴァインデキャンタ」を例にした記事です。

実は、アクセス解析のキーワードを見て
「グレイプヴァインデキャンタ」でのアクセスがあったので
この商品名をタイトルに挿入したところアクセスが伸びました。

日頃のショップ運営でも、アクセス解析を見て、
臨機応変に遊び心を持って取り組んでいただければと思います。

 

今年は2013年に比べるとノウハウに関する記事は少ないのですが
皆さまがノウハウに関する記事を読んでくださっていることが
ランキングからよく分かりました。

2014年人気のシリーズ、
「ドロップシッピングで商品が売れたとき」の
一連の記事はこちらから読むことができます。

【研究所公式】ヒット商品を育て月商100万円を目指せ!ドロップシッピングで商品が売れたとき

 

来年2015年もドロップシッピングのショップ運営に関する
関心の高い情報、最新の情報をタイムリーに提供してまいります。

これからもどろっぷしっぴんぐ研究所の公式メルマガを
楽しみにしていただければ何よりです。

読んでみたいテーマや題材がございましたら、
短文でも構いませんのでお気軽に下記のメールアドレス宛に
ご連絡ください。

それでは、次号もお楽しみに。

 

※この記事は2014年12月18日に配信した『どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)』
のバックナンバーです。

メルマガのご登録はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加