公式メルマガ

【研究所公式】WordPressブログで3万PVの獲得を目指しまずは100記事書く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
響き渡るタイピング音、ヒビが入るエンターキー

こんにちは、どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。

DSオンデマンドで配信中の動画セミナー受講のお申込みを受付中です。

売上がまだないという方や、これまで独学で取り組んできたという方には
ドロップシッピング特有の考え方が学べるチャンスです。

【動画版】ドロップシッピング初級セミナー(DSオンデマンド)

【最新版】WordPressで月商200万超を実現する仕組み(DSオンデマンド)

わずか5,000円ながら、初級セミナーでは神谷純さん、WordPressで月商200万の方では阿部かほりさんといずれも月商200万円を超えるショップオーナーの成功体験が聞けます。

また、ドロップシッピング3ヶ月集中講座『研究生制度』の8月生も募集開始しました。

▼8/1開講 ドロップシッピング3ヶ月集中講座『研究生制度』

【動画版】ドロップシッピング初級セミナーを受講すると、受講料と同額のクーポンが特典で付いてきますので、研究生ご受講予定の方は合わせてご検討ください。

さて、今週は私奥成です。

私の担当週では、ドロップシッピングで売上を伸ばしていく過程についてシリーズでお伝えしています。

第1回【研究所公式】目標設定から考えるドロップシッピング・ロードマップ

第2回【研究所公式】1年後の月商30万円達成に向けての3ステップ

(前回)第3回【研究所公式】2年後の月商100万円達成に向けての3ステップ

今週は先週に引き続き、2年後の月商100万円達成に向けての3ステップの2ステップ目、WordPressブログで3万PVの獲得を目指しまずは100記事書く」についてです。

WordPressブログで3万PVの獲得を目指しまずは100記事書く

前回は「2年後の月商100万円達成に向けての3ステップ」の最初のステップについて解説しました。
3つのステップはこちらです。

1. 1ショップで30万から100万円の売上が狙える専門ショップを企画する
2. WordPressブログで3万PVの獲得を目指しまずは100記事書く
3. さらに1ランク上を目指す過程で月商100万円を達成し、利益10万円を獲得する

今回は、2つ目の「WordPressブログで3万PVの獲得を目指しまずは100記事書く」です。
PVとはPage Viewの略で、ページが閲覧された回数でアクセス数の指標の1つです。

ドロップシッピングで売れない理由は集客力不足

1ショップで30万から100万円の売上が狙える専門ショップを企画し運営を始めたらショップの完成を目指すよりもとにかく集客に着手しましょう。

ドロップシッピングで売れない理由のほとんどは集客力不足です。

そして、その原因はシンプルです。
検索されているキーワードで検索結果の上位に自分のページが掲載されていないためです。

ですので、検索されているキーワードで検索上位を目指しましょう。

記事を書いて記事が評価されていくと、2ページ目、3ページ目に表示されます。
日本語のページとしてTOP20、TOP30入りしていますから、それはそれで素晴らしいことです。

ところが、2ページ目、3ページ目では存在しないも一緒です。

検索している人が主に見るのは、検索結果の1ページ目、しかも上位しか見ないからです。

検索結果1位のクリック率は2位の2倍の約21%

Internet Marketing Ninjas(インターネット・マーケティング・ニンジャズ)社による次のような調査結果があります。

検索結果1位のCTRは約21%
2位のCTRは約11%
3位以下のCTRは1桁パーセント台(3位でも7.57%)
8位以下のCTRは1%台に下がるが、20位まで1%台が続く
※CTRはクリック率を指します

(参考記事)
【2017年夏】グーグル検索結果のクリック率データ_ 1位は21%、2位は……

この調査によると、1位は2位と比べても約2倍のアクセスを集めています。
つまり、検索順位が2位から1位になると単純に売上も2倍になる可能性があるということです。

2位表示でも満足しがちですが、実際には1位と2位では雲泥の差です。

検索エンジンからのアクセス数を見積もる

このクリック率のデータを活用すると、検索エンジンからのアクセス数をざっくりとですが見積もることができます。

「月間平均検索ボリューム × クリック率 = 月間平均PV」

ブログへのアクセス数が分かれば、ブログからショップへのクリック率とショップの販売ページでの購入率からおおよその売上を見積もることもできます。

月間平均検索ボリュームはGoogle AdWordsのキーワードプランナーでおおよその規模が把握できます。
他にも、aramakijake.jpという検索数予測ツールもあります。

キーワード プランナーでのキーワード探しとキーワード戦略 – Google AdWords
※利用にあたってはGoogle AdWordsへの登録が必要です
※もしもドロップシッピングの商品販売ではGoogle AdWords広告は利用しません

キーワード検索数 チェックツール|無料SEOツール aramakijake.jp

100記事で3万PVを達成するための条件

では、実際に見積もってみましょう。
検索1位のクリック率を21%と仮定すると月間平均検索ボリュームによってPVは次のように推移します。

月間平均検索ボリューム100回 × クリック率21% = 月間平均PV21回
月間平均検索ボリューム1,000回 × クリック率21% = 月間平均PV210回
月間平均検索ボリューム10,000回 × クリック率21% = 月間平均PV2,100回
月間平均検索ボリューム100,000回 × クリック率21% = 月間平均PV21,000回

3万PVを獲得しようとすると、記事全体で次のような状況が必要になります。

「月間平均検索ボリューム合計150,000回 × クリック率21% = 月間平均PV合計31,500回」

かなりハードルが上がったように感じるかもしれません。
でも、これは全記事の合計でよいのです。

仮に100記事で達成することを考えてみましょう。

1記事1キーワードとして、月間平均検索ボリューム1,500回のキーワードの記事が100記事で3万PVです。
実際の運営ではこんなに都合よくいかないかもしれませんが、目標を定めることで何をすべきかがクリアになります。

(目標)
月間平均検索ボリューム合計が150,000回となるようにキーワードを100個選ぶ
1記事1キーワードで100記事作成する
全記事で1位を達成する

ブログから集客できていないときに確認したい3つのポイント

ここまで理解すると、100記事を書いただけではアクセスが集まらないことが分かります。

今回の記事でお伝えしたいことは、月商100万円を目指すステップでは「こんなもんかな?」というような漠然とした記事ではダメだということです。

検索結果で上位表示され、自分のページへのリンクがクリックされてはじめてアクセスが増え、売上につながります。

記事を書く前に、必ず検索結果を自分の目で確かめましょう。
検索結果を見て検索キーワードに含まれる検索意図を把握し、競合調査を行います。

そして、検索意図を反映すると同時に競合を上回る内容の記事を書くのです。

・集客できるキーワードが選べているか?
・キーワードの検索意図に合ったコンテンツか?
・競合に対して内容で負けていないか?

思うようにブログから集客できていないときこそ、この3点をチェックしてください。

まとめ

2年後の月商100万円、利益10万円達成に向けての取り組みの2つ目のステップとして、WordPressブログで3万PVの獲得を目指しまずは100記事書くということをお伝えしてきました。

WordPressブログで3万PVを100記事で達成して月商100万円を狙うという数字は、どろっぷしっぴんぐ研究所の研究生制度の受講生の方々のデータを元にした概算です。

そのとおりになるとまでは言えませんが、まったくの架空の数字ではありません。

とはいえ、100記事書いて3万PVを達成したのに、売上が100万円に満たないというケースもあるかもしれません。

もしそうであるならそれがその時点での、あなた自身の実力です。
自らのショップ運営のボトルネックを探し、1つ1つ解決してショップ運営の精度をさらに上げてください。

ドロップシッピングの売上達成、売上アップに向けてはさまざまな方法がありますが、このシリーズで紹介、提案しているのは、どろっぷしっぴんぐ研究所が考える一例です。

月商100万円を超えるともしもドロップシッピングのハイクラスショップオーナーの中でも上位数十名に食い込むことができます。

WordPressブログで3万PVの獲得を目指しまずは100記事書くということを実践して、2年後の月商100万円、利益10万円達成に向けて取り組んでいきましょう。

—–
【今週の執筆者】奥成大輔(オクナリダイスケ)

(プロフィール)
1968年神奈川県生まれ、栃木県那須烏山市在住
1992年、大学卒業後(株)本田技術研究所に入社。
2002年に豊かな自然と環境の良さにひかれ那須烏山市に移住する。
2008年、ライフスタイルを見直すことがきっかけで退社し独立。

2009年1月にドロップシッピングを始める。
その後、もしも大学特待生7期生となり初代学級委員長。
2010年1月より「個人の働き方の常識を変え、ライフスタイルを革新する」をテーマにもしも大学公認講師としてドロップシッピング教育活動を開始。
講座を通じて、初売上達成者の方から月商100万円を超えるショップオーナー様まで多数輩出。
もしもドロップシッピング10周年記念イベントでは公認講師部門で表彰。
どろっぷしっぴんぐ研究所代表。

どろっぷしっぴんぐ研究所
—–

次号もお楽しみに。

※この記事は2018年7月12日に配信した『どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)』
の一部を修正、改訂して掲載しています。

メルマガのご登録はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ドロップシッピング十戒』好評発売中!

ドロップシッピングでは正しいノウハウを実践して成果につながる作業を実行することが大切です。『ドロップシッピング十戒』は、ドロップシッピングのショップ運営の指針を解説する電子書籍です。

 ファイル形式:pdf
 ファイルサイズ:840 KB
 商品ファイル名:dsjikkai20141117.pdf
 ページ数:全62ページ(表紙・背表紙含む)

『ドロップシッピング運営者十戒』を心得に、共にチャレンジする仲間やコミュニティを大切に、夢や目標を達成し、理想のライフスタイルを実現してください。

ご購入・詳細はこちら