公式メルマガ

【研究所公式】売上を出すショップオーナーブログのネタの作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。

YOU85_musicjyosi20131019172953_TP_V.jpg

どろっぷしっぴんぐ研究所では、研究生の11月生募集を開始しました。

11/1開講!ドロップシッピング3ヶ月集中講座『研究生制度』

今回の募集より待望のコンテンツ『ショップできすぎくん操作マニュアル(動画&PDF版)』をリリースします。※ステップアップコース、ノウハウ初級コース、ショップ作成入門コースの全コースで提供

特徴は、ショップ作りの操作だけでなく、購入率UPから集客ノウハウまでもショップに反映できるという自信作です。アクセス解析の導入、看板画像・バナーの画像処理まで網羅しており、ライバルと差がつくショップが作れるようになります。

『攻略ガイド』を読んだけれども、操作が分からず実践できていない方には特におすすめです。

現在、研究生は大好評のため、いずれのコースも募集定員が10名限りと少なめです。
先着順となりますのでお早めにお申込みください。

さて、今回はショップオーナブログのネタの作り方について、執筆者は神谷あつしさんです。

最近の動向を肌で感じている現役ショップオーナーがどのように記事を作成しているのか?
ヒント満載です。

ブログの記事作りの参考にするだけではもったいないです。
売上アップに向けて実際に手を動かして実行してみましょう。

では、今週もお楽しみください。

ショップオーナーブログのネタの作り方

こんばんは、神谷です。

個人的な意見ですが、ドロップシッピングはだんだん難しくなってきているんじゃないかと感じています。
ショップに商品を並べておくだけで売れるということはもうありません。。
そして、ニッチなキーワードに基づいて品ぞろえをしたショップでもなかなか売れなくなってきました。

では、どうやって売っていけばいいのか。
ドロップシッピングで売上を出すためには、ブログによるコンテンツマーケティングが一つの方法です。

品揃えだけでは売れなくなってきた

以前は、他のショップで扱っていないようなニッチなキーワードを見つけ、そのキーワードに沿って品揃えをすると、Google検索の上位に表示され商品が売れていきました。

例えば、「ソファ ロマンチック」といったようなキーワードで、競合がいなければ、ロマンチックなソファをラインナップして、少しオリジナル文章を追加したコンテンツが検索上位に表示されたのです。

しかし、最近の動向として、この手のキーワードで検索すると「楽天の検索コンテンツ」やAmazon、老舗の家具屋さんのコンテンツが上位に表示されることが多くなってきました。
個人が作ったドロップシッピングのコンテンツなんて吹き飛ばされてしまうようです。

どうすれば、売れるためのコンテンツが作れるか

では、「ソファ ロマンチック」というキーワードではもはや個人では太刀打ちできないのか・・・。
さっきも言ったように「ロマンチックなソファ」をラインナップしただけのショップでは太刀打ちできません。
もう一ひねりして、お客様に読んでもらって、顧客満足度が上がるようなコンテンツを作りましょう。

そうは言っても、「もう一ひねり」がなかなかできないわけですから、みんな困っているわけです。
ここで、「もう一ひねり」してネタを探す方法を一つご紹介します。

それは、「ソファ ロマンティック」というキーワードを設定したら、さらにgoodkeywordで「ロマンティック xxx」という検索されているキーワードを探します。

そうすると、山のようにデータが出てきます。
その中から、「ソファ ロマンティック xxx」というキーワードでコンテンツが作れるような「xxx」を見つけるんです。

例えば、goodkeywordで「ロマンティック」と入力すると
「ロマンチック キス シチュエーション」
なんてキーワードが検索されているんです。
そこで、『キスをしたくなるようなシチュエーションが作れるロマンティックなソファ』というコンテンツを作るんです。
(ちょっと、文字数が多いので、もうちょっとタイトルを短くする必要がありますが。)
どうです。
ちょっとしたコンテンツのネタができたでしょう。
この方法によって、大手のショップがほぼ書かないんじゃないかという独特なコンテンツを創り出すことができます。

最後に

はっきり言いまして、この方法でコンテンツを作ってもGoogleが高評価をしてくれるとは限りません。
ほとんどのコンテンツが不発に終わるでしょう。
しかし、いいコンテンツは量の中に存在します。
大手では書けないようなコンテンツを量産してその中からいくつかヒットするコンテンツが現れてきて、そのコンテンツで売る。
この方法で頑張るのが一つの方法です。

———————————————————–
【今週の執筆者】神谷あつし

(プロフィール)
2013年6月、アフィリエイトのサイト運営で悩んでいたとき、もしも大学の竹内謙礼学長のセミナーでドロップシッピングを知り「これならノウハウが確立されていて分かり易そうだ」と感じドロップシッピングを開始。

ところが独学では全く売れません。そんなとき、どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成先生のセミナーに参加し『研究生制度』を知り受講しました。奥成先生の優しい(笑)指導のもと、売上の上がるショップ運営を習得していきました。

2014年6月、研究生になって半年でゴールドランク(売上10万円)。
2014年9月、受講開始9か月でプラチナランク(売上30万円)達成へ。
2015年11月、売上100万円突破、ダイヤモンドランク達成。
現在はクリスタルクラス目指してまい進中です。

ビジネス勉強堂

BLOG(書評):【成幸本】書店
———————————————————–

それでは次号もお楽しみに。

※この記事は2017年10月12日に配信した『どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)』
の一部を修正、改訂して掲載しています。

メルマガのご登録はこちら

 

ドロップシッピング十戒(pdf版)好評発売中!

どろっぷしっぴんぐ研究所、初のデジタルコンテンツ
pdf版『ドロップシッピング十戒』好評発売中です。

 

上記のリンク先ではドロップシッピング十戒の一覧や目次も掲載しています。
ご覧いただいてぜひご注文ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加