公式メルマガ

【研究所公式】2017年はショップ運営に費やす時間の量と質を上げていきましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。

そうだ 江ノ島、行こう。
そうだ 江ノ島、行こう。 / yinlei

現在、ドロップシッピング4.0 SEOセミナーの募集を行っております。
今回はコンテンツマーケティングがテーマです。

詳しくは募集ページをご覧ください。

2/11(土)実践! ドロップシッピングのコンテンツマーケティング(東京・新宿開催)

さて、今週の執筆者は、もしも大学公認講師の仙道美也子先生です。

今回は、仙道先生の2017年最初のメッセージ。
ショップ運営に費やす時間の「量」と「質」についてです。

それでは、今週もお楽しみください。

今年はショップ運営に費やす時間の「量」と「質」を上げていきましょう!

こんにちは。もしも大学公認講師の仙道です。
2017年、今年もあと残すところ約339日ですね。

おそらく「えっ?」と思われたことでしょう。

確かに今年は、まだ始まったばかりです。
が、日にちは確実に過ぎ去っているのです。

この時期はお正月や成人式があったり進学や進級または年度末など、あらゆる年代にとっても取り巻く環境や状況が一変する時期でもあります。

昔から、1月は行く、2月は逃げる、3月は去ると言います。
もしかしたら、4月まであっという間かもしれませんよ。

1年が365日というのは万人に平等に与えられた時間です。
いくつかの制約はあるでしょうが、時間の使い方はそれぞれに委ねられていています。

今年こそ!と思うなら今年は時間の使い方について考えてみませんか。

「416.667日」

この数字、416.667日とは10,000時間を日数換算したものです。

スポーツなど各分野で一流と呼ばれている方々のその功績は10,000時間もの時間を打ち込んできたからにほかならない。
というのが「10,000時間の法則」として共通項にあると言われています。

もちろん元々の才能もあるでしょうが、その費やした時間なくしては成し得なかった功績だと思います。

ただし、10,000時間ではわかりにくいので日数換算してみたのが416.667日。
すなわち1年と2か月弱なのです。

このように日数に換算してみると案外少なく感じたのですが、この計算は1日24時間のすべてを費やしているとしたものです。
1日8時間の練習と仮定するとこの3倍になり、ざっと3年半くらいということになりますね。

例えば10分の1「41.667日」の取り組みなら?

何も、あなたもドロップシッピングで一流になりたかったら10,000時間を費やしなさい。ということではありません。

副業で取り組む方が少なくない中で今から10,000時間の取り組みというのは、とてつもない時間数だと思えるでしょう。

しかし、行動しなければ何も手に入らないのも、また事実なのです。

では、例えば10分の1の取り組みなら?20分の1の取り組みなら?と、単位を落として考えて見てはどうでしょうか。
案外できそうだなと思えてきませんか。

1,000時間なら41.667日、500時間なら20.833日。
ほら、ずいぶん身近になってきましたね。

最初は「無理!」と思えても、少しハードルを下げて考えてみると、なんだか達成できそうです。

そこで次の章では、ショップ運営への取り組み時間として考えてみたいと思います。

逆算で考えてみる

もしもショップ運営にかけられる時間は多いに越したことはないのですが、本業に影響ない範囲でとなると平均して1日2、3時間から3、4時間くらいではないでしょうか。

概算として1日3時間の取り組みとして考えてみると、1,000時間に到達するまでの時間は計算上は333日になります。

なんと、冒頭の今年の残り339日よりも少ないではありませんか!

今日からスタートしても、今年1年をドロップシッピングに集中して取り組めば、1,000時間を費やすことが可能です。

平日休日の区別なく、平均して1日3時間の取り組みであれば、今からでも無理のない計画が立てられるのではないでしょうか。

まとめ

例えば、飛行機の離陸やタイヤのひと転がりなどのように、何事にも初動に一番力が必要で一番時間がかかるところです。

それは、もしもドロップシッピングでのショップ運営も例外ではありません。

ショップ運営の初動とは「0」を「1」にすることですが、これからショップ運営のノウハウを学んだりパソコン操作を覚えていかれる方は、この初動のための準備からが本当のスタートです。

この記事を読んで、もしかしたら「は~、道は長いな~」と思われたかもしれません。

しかし、その一歩がなければスタート地点に立つことはないのです。

また、費やす時間は「量」を満たしているだけでは片手落ちです。
お気づきのように、その「質」もまた重要なのです。

今後のドロップシッピング・ライフに「質」について意識しながら費やす時間は、あなたを成長させる糧になることと思います。

そして2017年の年頭にスタートダッシュすることで、今年の行動の「質」がおおいに高まることでしょう。

あなたのやる気を応援しています!
今年はショップ運営に費やす時間の「量」と「質」を上げていきましょう!

今年もよろしくお願いします。

———————————————————–
【今週の執筆者】仙道美也子

(プロフィール)
もしも大学公認講師の仙道美也子です。
PCインストラクターとしての経験を活かし、パソコンの用語や基本操作につまづいた、あなたの「なぜ?」「どうして?」を「わかった!」にするのを信条に、優しく教えています。
苦手だって不慣れだって克服すれば大丈夫。もしもドロップシッピングで叶えたいあなたの夢は何ですか?その夢を遠ざけているものは?目標を明確にし、課題を洗い出してみましょう。いつでも真剣なあなたの夢の達成を応援してます。

「もしも」ではじめる!ドロップシッピングの虎の巻
※仙道先生の『ショップ作成入門コース15日間無料体験講座』の登録もこちらです。
———————————————————–

それでは、次号もお楽しみに。

※この記事は2017年1月26日に配信した『どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)』
の一部を修正、改訂して掲載しています。

メルマガのご登録はこちら

 

ドロップシッピング十戒(pdf版)好評発売中!

どろっぷしっぴんぐ研究所、初のデジタルコンテンツ
pdf版『ドロップシッピング十戒』好評発売中です。

 

上記のリンク先ではドロップシッピング十戒の一覧や目次も掲載しています。
ご覧いただいてぜひご注文ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加