公式メルマガ

【研究所公式】ドロップシッピング運営者十戒『7. アンテナを高く掲げ、季節や社会の変化をキャッチする』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットで稼ぐ!ドロップシッピング3.0福岡セミナー

 

こんばんは、

どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。

もしも大学特待生で奥成クラスを受講されている
ショップオーナーのAKEさんが、自らセミナーを主催されます。

講師は、もしも大学公認講師の上田淳子先生が主宰する
JUNゼミで講師を務められているcanさんこと長谷川宗紀さんです。

奥成クラスの特待生や卒業生も参加すると伺っています。
懇親会も開催されるとのことですので、普段は聞くことができない
先輩ショップオーナーの取り組みも聞けるかもしれません。

詳しくはこちら(※残りわずかと伺っています)
>> http://can100seminar.blog.fc2.com/
※もしも大学主催、公認セミナーではありません。

 

さて、今週はドロップシッピング十戒より、
『7. アンテナを高く掲げ、季節や社会の変化をキャッチする。』
についてお伝えします。

□ ドロップシッピング運営者十戒

 

私が前職の自動車メーカーで振動騒音の研究開発の室課に配属され、
新人実習を行った最初にグループのチーフから「社会人の心得」として
助言していただいた3つの言葉のうちの1つが

      アンテナを高く掲げろ!

という言葉でした。

 

7. アンテナを高く掲げ、季節や社会の変化をキャッチする

最近でこそ、さまざまな電波が飛び交う世の中で、
アンテナを高く掲げるというイメージは薄れつつあります。

最新のクルマ、携帯電話、スマートフォンなどには
アンテナらしいものはついていません。
テレビでさえアンテナが無くても観られる時代です。

しかし、ここでいう、アンテナを高く掲げるということは、
屋根の上に設置されているアンテナを伸ばすのではなく、
情報をしっかりキャッチしようという意味です。

自分の周囲にあふれている情報だけでなく、
専門家として一歩踏み込んだ情報、一歩先取りした情報、
あるいは、一段上の立場で情報を捉えなさいという教えだと
私は解釈しています。

 

ドロップシッピングと季節の関係

また、ドロップシッピングに限らず、商品やサービスを
提供する場合、必ず季節が影響します。

一見、季節に関係ないと考えられるものでも、
実は季節によって影響を受けるものです。

例えば、電車で通勤通学する方が常に携行する定期券。
定期券は季節を問わず必要なものです。

では、需要が最も大きい季節はいつでしょうか?

答えを確認したい方は、ぜひ「定期券」というキーワードを
goodkeyword.netの管理画面に入力してみてください。

※検索結果の最下部にGoogleトレンドのデータが
表示されるようになり更に便利になりました。

 

意外と貴重な雑誌から得られる情報

ドロップシッピングで大きな成果を獲得するには、
季節の需要を押さえることを意識することが非常に大切です。

そのためにも季節の感覚は常に先取りしてください。

方法は簡単です。

月刊や隔月刊の雑誌に注目します。
季節の情報はインターネット上よりも月刊誌が先行します。

なぜなら、翌月号が出る頃まで比較的長く手元に置かれるため、
それを見越して季節を先取りした情報が掲載されているからです。

中でも、通販雑誌は発行直後に手に入れて参考にすると
これからの売れ筋商品が分かるだけでなく、
どのようなポイントを訴求すれば良いのかも参考になるます。

コピーや転載はもっての他ですが、
貴重な情報として活用しない手はありません。

 

社会の変化も見逃してはいけない

また、社会の変化も重要です。

最近の例で言えば、節電需要です。

これからの季節でいうと、以前は冬の暖房といえば、
灯油から徐々にクリーンなイメージの電気に移行していました。

しかし、東日本大震災以降、性能や環境よりも
節電に対する関心が高まると同時に、電気に依存しない
石油ストーブも非常用として見直されています。

他にも景気が悪くなると繁盛するお店やサービス、
テーマパークもあるくらいです。

このような情報を知っているかいないかで
ショップ運営での成果に差がつきます。

 

オンラインですぐに押さえられる3つの情報源

では、もしもドロップシッピングのショップオーナーとして
どのように情報を押さえたらよいのでしょうか?

次の3つを活用することを提案します。

・もしもドロップシッピングの管理画面
・ツイッター
・集客支援サービスの情報

最近、リニューアルしたもしもドロップシッピングの管理画面。
少し変わりましたが、主に次の情報源を参考にしましょう。

・今コレが売れました
・おすすめピックアップ(毎週火曜日更新)
・特集カレンダー
・カテゴリランキング
・バイヤー厳選!!売れる商品はコレ!!

もしもチャレンジを購読している方は、
『プレミアムキーワード』が特に参考になります。

 

ツイッターでは、次のアカウントをフォローしましょう。

□もしも公式アカウント
https://twitter.com/moshimochan
https://twitter.com/moshi_buyer
https://twitter.com/moshimodaigaku

他にも、大手ショッピングサイトのアカウントを見つけたら
フォローしておくと、トレンドが掴めます。

「ツイッターなんか毎日見ていられないよ!」

という方は、日付ごとにツイートが表示されるtwilogで
まとめ読みすると読みやすいです。

例) http://twilog.org/moshimochan

 

最後に、集客支援のサービスというのは、広告業のことです。

例えば、私たちもしもショップオーナーになじみの深いのが、
Yahoo!リスティング広告です。

Yahoo!リスティング広告では、キーワード広告での支援を
目的として、ラーニングポータルというページがあります。

主に、キーワード広告の技術的な解説が多いのですが、
中にはこのようなトレンドを押さえる上で貴重な情報も
掲載されています。

キーワード広告を行っていない方も、ぜひ参考にしてください。

≪10・11・12月版≫2012年販促カレンダー   Yahoo!リスティング広告 公式 ラーニングポータル

2013年1月に検索されるキーワードとは?   Yahoo!リスティング広告 公式 ラーニングポータル

 

全ての情報を押さえることはできないことを肝に銘じる

ここで、情報収集についての注意事項です。

情報収集はとても大切ですが、
「全ての情報を押さえることはできない」
ということを認識しておきましょう。

情報収集を徹底するあまり、作業ができなかったら本末転倒です。

ノウハウの情報収集についても同様です。
情報に踊らされて実践できなければ、どんなによい情報も
意味を成しません。

本当に必要な情報は、情報の方から自分の目に飛び込んでくるものです。
たくさんの情報を目にしつつ「コレだ!」と目の止まった情報に厳選して
自分のショップ運営に生かしてください。

 

ドロップシッピングのショップ運営においても
常に社会の変化に打ち勝てる状況を目指して欲しいと思います。

ドロップシッピングにおいても集客方法の主流が
キーワード広告からSEOへと移ってきました。

しかし、もしかすると近い将来、検索エンジンからの
集客が難しくなる時がやってくるかもしれません。

ショップ運営の最初のステップにおいては、
しっかり商品を販売できるようになって欲しいですが
商品が販売できるようになったら、

アンテナを高く掲げ、季節や社会の変化をキャッチして
個人の未来を築いていきましょう。

 

ネットで稼ぐ!ドロップシッピング3.0福岡セミナー開催決定

最後にお知らせが2つあります。

1つ目は、11月17日(土)

    「ネットで稼ぐ!ドロップシッピング3.0」
      博多セミナーの開催が決定しました!

6月に大川先生と東京・渋谷で開催して、ご好評いただいた
「ネットで稼ぐ!ドロップシッピング3.0」セミナーを
さらに最新情報に更新して、九州は福岡市で開催します。

大川先生と私に加え、『あやこのトライ実践ドリル』で
おなじみの”あやこさん”をゲストにお迎えして、
全5講座の豪華セミナーとなります。
※もしも大学主催のセミナーではありません。

もちろん懇親会も開催しますのでお楽しみに。

お申し込みはこちら

>> GOLDSCOP「ネットで稼ぐ!ドロップシッピング3.0」福岡セミナー

 

12/1開講!もしも大学特待生22期募集開始!

2つ目は、10月30日(火)より、3ヶ月集中講座
もしも大学特待生22期(受講期間:12/1~2/28)の
募集が開始されます。

今回より、ノウハウ初級コースとステップアップコースに
新たなオプション講座が加わりパワーアップしますので、
こちらも検討されている方はお見逃しなく!

もしも大学特待生(10月30日より募集開始)

※いずれの募集も予告なく変更となる場合がございます。ご了承ください。

 

では、今週も最後までお読みいただきましてありがとうございます。

次号もお楽しみに。

 

※この記事は2012年10月25日に配信した『どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)』
のバックナンバーです。

メルマガのご登録はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加