【研究所公式】価値観を再確認してライフスタイルの革新を目指そう

こんにちは、どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。

Maya City of Tulum
Maya City of Tulum / Redeo


どろっぷしっぴんぐ研究所では、5/14(土)に開催するドロップシッピング3.0 SEOセミナーの募集を開始いたしました。

5/14(土)ドロップシッピング3.0 SEOセミナー(東京・新宿開催)

昨年月商100万円を達成した神谷あつしさんをゲストに迎えるドロップシッピング3.0 SEOセミナー第4弾です。

今回は「SEOを成功に導くライバルを圧倒する商品レビュー」がテーマです。

参加された皆様から毎回大変好評いただいております。
先着順で締切となりますのでお早めにお申し込みください。


ゴールデンウィークにおすすめの書籍3冊

さて、ゴールデンウィークに入りました。

連休は集中してドロップシッピングに取り組むのにも最適です。
じっくりショップ運営やサイト運営に取り組んで、将来の成果につなげていきましょう。

さらに作業だけでなく、自分の価値観を再認識したりインプットを増やすにもゴールデンウィークは絶好の機会です。
そこで、今週は最近読んだおすすめの書籍を3冊紹介します。


何を捨て何を残すかで人生は決まる

『何を捨て何を残すかで人生は決まる (青春新書インテリジェンス)』 著者:本田 直之

持たない価値観。

私自身、勤めていた会社を辞めた当時、収入は大きく減りました。
一時は収入が全くなくなってしまうという経験もしました。
そんな時にドロップシッピングを知り取り組み始めた経緯があります。

しかし、収入以上に自分自身の人生を取り戻した充実感は、私にとっては重要なことでした。

「何を捨て、何を残すのか?」
常識、物、人間関係、仕事、お金についての価値観を見直す機会を持つことができます。

また、「好き」と「仕事」について、最初から好きを仕事にするのではなく、
「個人としてきちんと稼げるビジネスのスキル」を身につけることを優先し、
好きなことを趣味として楽しめるライフスタイルを目指すことが先だと説いています。

ドロップシッピング3.0の思想でも、ドロップシッピングをビジネスの基盤の一つとして活用することをおすすめしています。
自分が得意な分野を活用して、働き方の常識を変え、ライフスタイルを革新していただければ何よりです。


ガーバー流 社長が会社にいなくても回る「仕組み」経営

『ガーバー流 社長が会社にいなくても回る「仕組み」経営』 著者:堀越 吉太郎

この本のテーマは「職人から経営者へ」です。

現在私は、もしも大学公認講師の仕事、どろっぷしっぴんぐ研究所の運営に加え、福祉事業を営む法人の理事や障害福祉サービス事業所の経営と実務の仕事を複数こなしています。
できれば、さらに新たな事業展開も進めたいところです。

そんな中で、私自身の最も関心が高く克服したい課題はいかに自分の時間を得るかです。

時間的に拘束される時間を減らし、いかに仕組みを活用して効率化できるか?
ビジネスパートナーやスタッフがより働きやすくなるようにするにはどうすれば良いか?

ドロップシッピングもビジネスとして拡大しようとした場合、経営者視点で仕組み作りを進めることも可能です。
ショップオーナーとして売上を伸ばしている段階から、商品選び、キーワード選び、ページ作り、広告出稿やコンテンツ作りを自分以外の方に委託している方もいます。

ただし、ドロップシッピングで利益が十分に出ていない状況では、利益確保の見通しを立てることができません。
その時点では、外注や業務委託に踏み切ることは難しいでしょう。

個人レベルからスタートする場合、最初の段階ではドロップシッピングの売上の仕組みを理解するために、まずは職人になるところがスタートです。
その後、「職人から経営者へ」さらなる飛躍に向けての仕組みを考えて収入の柱の一つにしていただければ何よりです。


世界でもっとも貧しい大統領 ホセ・ムヒカの言葉

『世界でもっとも貧しい大統領 ホセ・ムヒカの言葉』 著者:佐藤 美由紀

先日来日したウルグアイの元大統領ホセ・ムヒカさんの国連でのスピーチが再び話題になっています。
テレビでも連日紹介されていたのでご存知の方もいらっしゃると思います。

リオ会議でもっとも衝撃的なスピーチ:ムヒカ大統領のスピーチ (日本語版)

テレビ番組を観て、ムヒカさんの言葉の中で強く印象に残ったのが、
「モノはお金で買っているのではなく、そのお金を稼ぐために使った人生の時間で買っている」
という趣旨の言葉でした。

最近、薄々と感じていたことが言葉として明確に示されハッとしました。

会社に勤めていると当たり前のようにお給料がもらえます。
お給料は実にありがたいものです。
しかし、そのお金は人生の時間で買っています。

その仕事が自分の価値観に見合うのであればそれはすばらしい時間です。
でも、もしそうでないのだとしたら自分の価値観を再確認した方がよいかもしれません。

本田直之さんの著書『ノマドライフ』でも新しいライフスタイルの提案や、投資・消費・浪費を意識してお金を使うことが提唱されています。
これからの時代、高度経済成長の中で成長してきた私たちが教わってきた価値観とは違う生き方を選択する必要が出てきていると感じています。

どこで、誰と、何に、どのように自分の人生の時間を使うのか?

このゴールデンウィークに今後の自分の価値観を再確認して、自分の理想のライフスタイルの実現に向けて準備を始める
のも有効な時間の使い方だと思います。

私自身も、このゴールデンウィークの機会に新たなチャレンジをスタートします。
さっそく、雑誌や本を買い集めて勉強を始めました。

次回のドロップシッピング3.0セミナーでも私の新たなチャレンジをご紹介できると思います。
お時間がありましたら、ぜひご参加ください。

5/14(土)ドロップシッピング3.0 SEOセミナー(東京・新宿開催)


-----------------------------------------------------------
【今週の執筆者】奥成大輔(オクナリダイスケ)

(プロフィール)
1968年神奈川県生まれ、栃木県那須烏山市在住
1992年、大学卒業後(株)本田技術研究所に入社。2002年に豊かな自然と環境の良さにひかれ那須烏山市に移住する。
2008年、ライフスタイルを見直すことがきっかけで退社し独立。
2009年もしもドロップシッピングに登録。
もしも大学特待生7~9期を経て、2010年1月より「個人の働き方の常識を変え、ライフスタイルを革新する」をテーマにもしも大学公認講師としてドロップシッピングの普及活動、講師活動を行っている。
どろっぷしっぴんぐ研究所代表。

どろっぷしっぴんぐ研究所
-----------------------------------------------------------

それでは次号もお楽しみに。


※この記事は2016年4月30日に配信した『どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)』
の一部を修正、改訂して掲載しています。

メルマガのご登録はこちら

 

ドロップシッピング十戒(pdf版)好評発売中!

どろっぷしっぴんぐ研究所、初のデジタルコンテンツ
pdf版『ドロップシッピング十戒』好評発売中です。

上記のリンク先ではドロップシッピング十戒の一覧や目次も掲載しています。
ご覧いただいてぜひご注文ください。

タグ

, ,

2016年5月 4日

どろっぷしっぴんぐ研究所 (23:14)

カテゴリ:公式メルマガバックナンバー

« 【研究所公式】Amazonマーケットプレイス出品で感じるもしもドロップシッピングの魅力 | ホーム | 【研究所公式】もしもドロップシッピングの管理画面がリニューアル »

このページの先頭へ