【研究所公式】毎日の小さな発見が生活に煌めきを与えあなたを成長させる

こんにちは、どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。

bicycle basket
bicycle basket / jenny downing

 

新執筆メンバーの連載も3週めとなります。

3週目に登場するのは仙道美也子先生です。

仙道先生にはどろっぷしっぴんぐ研究所の研究生制度でも講師としてご活躍いただいております。

ショップを作り始めたばかりの方にも分かりやすい丁寧な解説には定評があります。
継続してドロップシッピング取り組むための考え方やコツなども興味深いです。

ぜひ参考にしてショップ運営のレベルアップに役立ててください。

 

毎日の小さな発見が生活に煌めきを与えあなたを成長させる

こんにちは。
もしも大学公認講師の仙道美也子です。

今回より月一回、メルマガを発行する機会を頂戴しましたので、よろしくお願いします。

プロフィールはこちらをご覧いただくとして、

現在は、もしも大学の公認講師として、
もしもショップオーナーさんのお役に立つ情報を発信しております。

当どろっぷしっぴんぐ研究所の研究生制度(ドロップシッピング3カ月集中講座)で
ショップ作成入門コースの専任講師とノウハウ初級コースの課題担当として
研究生さんのショップ作成および運営のサポートをしています。

 

特にショップ作成入門コースでは、もしもドロップシッピングのような
インターネットを活用したビジネスに初挑戦なさる方もいらっしゃいますが、
実践してみたけど、操作がよくわらないとか用語がわからず先に進めないなど、
もう一度基礎の基礎から学びたいという方の受講も少なくありません。

私も、独学でやっていたときは、なかなか進まず
ショップも上手く作れませんでした。

しかし何度か中断したものの、諦めず行っていたときに
奥成先生との出会いがあり今日があります。

「継続して運営し続けること」これが一番大切なことだと思います。

 

さて、あなたは、副業で始められたかもしれませんが、
お客様にはそんなこと関係ありません。

ご自分に置き換えてみるとご理解いただきやすいのではなくでしょうか。

私は、せっかく自分のショップを持つのですから、
是非もしもショップオーナーの自覚を持って取り組んでいただけたらと思っています。

愛着のあるショップだからこそ、

どうしたらお客様に伝わるページになるか?とか
どうしたら集客が上がるか?というように、

常にモアベターを考えることができますよね。

 

そして、様々なことに興味を持ち、
情報をキャッチするためにアンテナをピンと立てるようにしましょう。

そうすると、日常の何気ないこたからも
ショップ運営に関する情報を発見することができます。

毎日の小さな発見が、あなたの生活に煌めきを与え、
きっとあなたを成長させてくれることでしょう。

 

-----------------------------------------------------------
もしも大学公認講師の仙道美也子です。
PCインストラクターとしての経験を活かし、パソコンの用語や基本操作につまづいた、あなたの「なぜ?」「どうして?」を「わかった!」にするのを信条に、優しく教えています。
苦手だって不慣れだって克服すれば大丈夫。もしもドロップシッピングで叶えたいあなたの夢は何ですか?その夢を遠ざけているものは?目標を明確にし、課題を洗い出してみましょう。いつでも真剣なあなたの夢の達成を応援してます。

「もしも」ではじめる!ドロップシッピングの虎の巻
※仙道先生の『【ゼロスタDSプログラム】15日間無料メールセミナー』の登録もこちらです。
-----------------------------------------------------------

 

それでは次号もお楽しみに。

 

※この記事は2015年6月25日に配信した『どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)』
のバックナンバーです。

メルマガのご登録はこちら

 

ドロップシッピング十戒(pdf版)好評発売中!

どろっぷしっぴんぐ研究所、初のデジタルコンテンツ
pdf版『ドロップシッピング十戒』好評発売中です。

 

上記のリンク先ではドロップシッピング十戒の一覧や目次も掲載しています。
ご覧いただいてぜひご注文ください。

タグ

,

2015年7月 2日

どろっぷしっぴんぐ研究所 (07:29)

カテゴリ:公式メルマガバックナンバー

« 【研究所公式】ショップできすぎくんにページトップへ戻るボタンをつける | ホーム | 【研究所公式】賞金10万円を目指せ!もしもドロップシッピング選手権'15攻略法 »

このページの先頭へ