【研究所公式】5ステップで差がつくグレイプヴァインデキャンタのキャッチコピー作成!ドロップシッピングで商品が売れたとき

こんばんは、どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。

Wine
Wine / Udo Schröter

 

これまで2週ほど「ドロップシッピングで商品が売れたとき」を
テーマにお伝えしています。

前回、前々回をお見逃しの方はこちらでお読みいただけます。

【研究所公式】売上キーワードを確認しよう!ドロップシッピングで商品が売れたとき

【研究所公式】販売ページを見直しチェック!ドロップシッピングで商品が売れたとき

今週は売れたページの見直しチェックに続いて、
キャッチコピーの見直しについてです。

 

映像がイメージできるキャッチコピー

既に売れたページの購入率をさらに引き上げる上で、
ページを開いたときに表示される最初の画面「ファーストビュー」が
重要であることを先週お伝えしました。

検索エンジンでキーワード検索した人が検索結果をクリックし、
その開いたページに自分が求めていた情報がないと判断すると
一瞬でページを閉じられてしまうからです。

ファーストビューの中でも重要なのが、
訪問者の心を掴むキャッチコピーです。

まさに「掴む」=「キャッチ」です。

 

最初は下手でOK!構えずにキャッチコピーを書く

キャッチコピーは非常に奥が深いものですが、
まずは、構えずにキャッチコピーを書いていきましょう。

よいキャッチコピーというものは、
最初からポンと浮かんでくるものではなく、
育てていくものだからです。

ですので、最初は下手でOK。
とにかく、キャッチコピーを書くことを実践しましょう。

商品によっては、もしもドロップシッピングの
商品詳細のページにキャッチコピーが用意されているものもあります。

例えば、こちらの商品。

グレイプヴァイン・デキャンタ
※ページを見るにはもしもドロップシッピングへのログインが必要です

「ワインを愉しむ時間が、優雅な一時へ・・・」

最初の段階としては、コレをそのまま使ってもよいと思います。
その後、商品が1つ売れた後や、アクセスが多い時に
改めて考えればよいからです。

ただし、このキャッチコピーをファーストビューで見ても、
自分自身が使うイメージが湧かないかもしれません。

 

5ステップで作成する映像がイメージできるキャッチコピー

そこで、キャッチコピーが印象的になる方法として
「映像がイメージできるキャッチコピー」を5ステップで作成してみましょう。

方法は簡単です。

1. 商品の特徴を把握する
2. 商品を使う一人の人を思い浮かべる
3. その人の購入の決め手となる最大の特徴を1つ決める
4. その人に向けて口語で伝える
5. 印象に残るキャッチコピーにする

 

1. 商品の特徴を把握する

今回の「グレイプヴァイン・デキャンタ」であれば、
次のような特徴が考えられます。

・優美なフォルム
・ワインを空気に触れさせることができる
・酒石と澱を取り除く
・こだわりの素材(材質)
・店舗ではなかなか見つからない
・一風変わったデキャンタである
・みんなで楽しめて話題になりそう
・即日発送~1営業日程度

 

2. 商品を使う一人の人を思い浮かべる

「映像がイメージできるキャッチコピー」を作る上で
重要なのがこの過程です。

商品を使いそうな一人の人を決めます。
友人、知人、家族、親戚などなるべく身近な人だと
よりイメージが具体的になります。

そして、その人の生活習慣の中で、
この商品を使うのはどんな時なのかを考えます。

 

3. その人の購入の決め手となる最大の特徴を1つ決める

思い浮かべた一人の人が、最終的に「コレを買おう!」と
決めた最大の理由を最初に挙げた特徴から1つ選びます。

ここで多くを選んでしまうと、
結果的に何がこの商品の特徴なのかが分かりにくくなります。

 

4. その人に向けて口語で伝える

思い浮かべた一人の人に端的に商品をおすすめしてみましょう。

身近な人であれば、売り文句になりにくいので、
より読み手に受け入れられやすいキャッチコピーになります。

ここでは上手くキャッチコピーを作ろうとするのではなく、
心の底からおすすめする言葉で語りかけましょう。

 

5. 印象に残るキャッチコピーにする

最後は文字を置き換えたり、より印象的になるように整えます。

目立たせたい部分に記号や括弧を用いたり、
数字を活用してより印象に残るような言葉に差し替えていきます。

 

「グレイプヴァイン・デキャンタ」の例

では、この5ステップの手順を実際に
「グレイプヴァイン・デキャンタ」を例に試してみましょう。

◎商品を使う一人の人:奥成 H輔(私の父をイメージしました)

◎その人の生活習慣
・お正月に親族が集う
・年に1回は職場のスタッフとホームパーティ
・週末のワインとチーズが楽しみ

◎最大の特徴を1つ
・みんなで楽しめて話題になりそう

◎口語で伝える
普通のデキャンタと違って、これならホームパーティも盛り上がるよ。
今日頼めば、週末にも間に合うね。

◎印象に残るキャッチコピー

「ワインを愉しむこだわりのデキャンタが
週末のホームパーティを華やかに!」

決して素晴らしいキャッチコピーではないかもしれませんが、
このように、ページを訪れた人自身が商品を使っている
イメージが湧くキャッチコピーを作成してみてください。

 

キャッチコピーの良し悪しは自分では判断できない

一人の人に限定してキャッチコピーを書くと
万人受けしないのではないかと考えがちですが、
決してそんなことはありません。

同じ商品を購入する人は、近いイメージを持っているものです。
一人の人に絞ることで際立つキャッチコピーにもなります。

尚、作成したキャッチコピーがいいか悪いかは
自分自身では判断できません。
その代わりページを訪れた訪問者が判断してくれます。

Google Analytics(グーグルアナリティクス)などの
アクセス解析を併用することで、キャッチコピーを変更した前後の
平均滞在時間を参考に傾向を確認できます。

Google Analyticsは中上級者向けのアクセス解析ですが、
ぜひ活用して次の売上アップにデータを役立ててください。

 

来週は「4)クリック率がアップするキーワード広告」
について解説します。

それでは、次号もお楽しみに。

 

※この記事は2014年4月3日に配信した『どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)』
のバックナンバーです。メルマガのご登録はこちら

タグ

,

2014年4月10日

どろっぷしっぴんぐ研究所 (08:31)

カテゴリ:公式メルマガバックナンバー

« 4/19(土)もしもショップオーナー研修会(東京・渋谷開催) | ホーム | 【研究所公式】クリック率がアップするキーワード広告(前編)ドロップシッピングで商品が売れたとき »

このページの先頭へ