2015年8月アーカイブ

【研究所公式】千里の道も一歩から! 3の法則でショップ運営を習慣化

こんにちは、どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。

BMW M3 dtm 102
BMW M3 dtm 102 / Jaeger-Meister

 

どろっぷしっぴんぐ研究所では、9月1日に開講する
ドロップシッピング3ヶ月集中講座『研究生制度』の
募集を行っております。

ショップ運営ノウハウを通信講座で学ぶ『研究生制度』は
全国どこからでも受講でき、ショップ運営の基礎が身につきます。

スキルに応じて3つのコースからお選びいただけます。

ステップアップコース(売上経験があり月商10万円以上が目標の方向け)

ノウハウ初級コース(ショップが作成でき、初売上達成を目指す方向け)

ショップ作成入門コース(パソコン操作に不安がある初心者の方向け)

先着順で定員に達しましたら締切りとなります。
お申込み完了後、順次資料発送いたしますので、お早めにお申込みください。

 

さて、今週の執筆者は、もしも大学公認講師の仙道美也子先生です。

ドロップシッピングを始めて数ヶ月経過してもなかなか結果が出ず、
モチベーションが下がってしまうという話をよく伺います。

しかし、結論からお伝えすると、数ヶ月から1年程度では、
作業に見合った売上や利益を得ているという方は
ほとんどいらっしゃらないと考えています。

ドロップシッピングのショップ運営は次の2点がモノを言うからです。

・チャンスをいかに増やし続けるか
・ショップの価値をいかに高めるか

今回、仙道先生が紹介されている「3」の法則を参考に、
直近での売上を経験しながらも、中長期的な視点を持って
ショップ運営を継続していただけたら何よりです。

それでは、今週もお楽しみください。

 

千里の道も一歩から! 3の法則でショップ運営作業を習慣化

こんにちは。もしも大学公認講師の仙道です。

毎回、新しい情報が掲載され、私も記事の更新を楽しみにしています。

さて、前回の「ドロップシッピングでも学んだことは、すぐに行動!」から約一カ月。
学んだことを、すぐに行動に移せていますか?

移せている方は、おめでとうございます!

本当に素晴らしいことなので、ぜひとも続けていってくださいね。

 

■「やる」と決めたら「今」に集中しましょう。

もしかしたら、お盆やお正月などのまとまったお休みを取れたとしても、
行事や家庭サービスなどが優先され、思うように行動ができていない、、、
というかたも少なからずいらっしゃるのでは。

「行動する」ということについては、誰しもが述べることであり、
大切なことだと見な分かっていることなんですが、
なかなかできないことでもあります。

こういった時期は、

(1)作業するなら作業する、休むなら休むとメリハリをつける
(2)段取りをつけて作業する

ということが有効です。

その時その時に「やる」と決めたことに集中することが重要なのです。

裏を返せば「やる」と決めたこと以外は「やらない」ということです。

「継続して運営し続けること」ことが一番大切なのですが、
この「続けること」が一番難しいことではないでしょうか。

しかし、諦めてしまったら成果はもっと期待が難しくなってしまうので、
当たり前ということを疎かにせず、行動することが大切ですね。

 

■あなたが手に入れたいものは壁の向こうにあります。

もしもドロップシッピングに関しては、誰しも「やるぞ!」と思い
気合を入れて始めるわけですが、進めるごとに様々な壁が出現してきます。

壁の高さに違いはあるかもしれませんが、新しいことを始めたら、
「壁が出現するもの」と理解しておきましょう。

そうすると、

  (1)やる気が損ないにくくなる
  (2)壁を乗り越えでやろうという意欲が出てくる

というメリットが出てきます。

意欲が出れば、しめたものです!攻略を考えるとワクワクしてきませんか?

 

■3日、3週間、3ヶ月、3年の法則

継続のために行動を習慣化するわけですが、
「3」の法則を味方につけていきましょう。

あなたが初心者ならまず3日、もしもさんの管理画面にログインし、

新しいお知らせがないか確認してみる とか、
今売れている商品は何か調べる など

管理画面に慣れることや取り扱い商品を確認してみましょう。

これは、初めての方に限ったやり方ではありません。

もしもドロップシッピングの攻略に、
管理画面を使いこなせていることは必須といっても良いでしょう。

このメルマガを読んで、再スタートしようと思う方にも有効ですし、
上のショップランクを目指す方も、一度基本に戻ってみることで、
次のステップに進むヒントが掴めることも少なくないからです。

そこで、管理画面には毎日ログインすることをお勧めします。

特に、「売れる商品を見つける3つのコツ」のページにはネットショップの商品選びのコツが、
「ショップできすぎくんを使おう」にはショップ作成のコツが満載です。
(ログインをしてくださいね)

売れる商品を見つける3つのコツ

ショップできすぎくんを使おう

 

3日3日に休みで1週間、慣れたら次の1週間。
3週間続いたら、次は3ヶ月と続けられるようになっていくことでしょう。

時々は見直したり中断したり休んだりと、続けにくい状況が訪れるかもしれませんが、
「これが出現する壁なんだな」と思って、対処をなさってみてくださいね。

千里の道も一歩から。まずは、今日からの3日間を昨日までと変えてみませんか?

 

-----------------------------------------------------------
【今週の執筆者】仙道美也子

(プロフィール)
もしも大学公認講師の仙道美也子です。
PCインストラクターとしての経験を活かし、パソコンの用語や基本操作につまづいた、あなたの「なぜ?」「どうして?」を「わかった!」にするのを信条に、優しく教えています。
苦手だって不慣れだって克服すれば大丈夫。もしもドロップシッピングで叶えたいあなたの夢は何ですか?その夢を遠ざけているものは?目標を明確にし、課題を洗い出してみましょう。いつでも真剣なあなたの夢の達成を応援してます。

「もしも」ではじめる!ドロップシッピングの虎の巻
※仙道先生の『ショップ作成入門コース15日間無料体験講座』の登録もこちらです。
-----------------------------------------------------------

 

それでは次号もお楽しみに。

 

※この記事は2015年8月20日に配信した『どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)』
のバックナンバーです。

メルマガのご登録はこちら

 

ドロップシッピング十戒(pdf版)好評発売中!

どろっぷしっぴんぐ研究所、初のデジタルコンテンツ
pdf版『ドロップシッピング十戒』好評発売中です。

 

上記のリンク先ではドロップシッピング十戒の一覧や目次も掲載しています。
ご覧いただいてぜひご注文ください。

タグ

,

2015年8月26日

どろっぷしっぴんぐ研究所 (16:32)

カテゴリ:公式メルマガバックナンバー

【研究所公式】ちょっとした工夫で簡単に!オリジナルの商品画像に挑戦

こんにちは、どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。

living room at morning
living room at morning / jinkazamah

 

どろっぷしっぴんぐ研究所では、9月1日に開講するドロップシッピング3ヶ月集中講座『研究生制度』の募集を開始しました。

ショップ運営ノウハウを通信講座で学ぶ『研究生制度』は全国どこからでも気軽にドロップシッピングが学べます。

ご自身のスキルに応じて3つのコースからお選びいただけます。

ステップアップコース(売上経験があり月商10万円以上が目標の方向け)

ノウハウ初級コース(ショップが作成でき、初売上達成を目指す方向け)

ショップ作成入門コース(パソコン操作に不安がある初心者の方向け)

先着順で定員に達しましたら締切りとなります。お申込み完了後、順次資料発送いたしますので、お早めにお申込みください。

 

さて、今週の執筆者は岡田祐子さんです。

今回は、オリジナルの商品画像を作るメリットについてです。
実際の制作例も紹介しながら、分かりやすく解説してくれました。

それでは、今週もお楽しみください。

 

ちょっとした工夫で簡単に!オリジナルの商品画像に挑戦

皆さま、こんばんは!岡田です。

今回はオリジナルの商品画像を作るメリットについてお話します。
現在もしもさんでは、家具・インテリア関連商品の販売を推奨しており、
商品もどんどん増えています。

7月に行われた「どろっぷしっぴんぐ研究所 研究生対面講座」での
もしも大学佐藤俊幸副学長のお話によると、今後も成長市場として期待できるので、
新しいショップを作るなら「家具・インテリア関連商品」がおススメだということです。

ただ、同じ商品の色違い、サイズ違いでも同じ商品画像・素材画像を使っているので、
分かりずらい、購入時に間違いやすい、などユーザー目線での配慮が足りないのが
難点だとおっしゃっています。

 

確かに、例えばソファだと、2人掛けでも3人掛けでも黒でも茶でも
すべて同じ商品画像を使っているものがほとんどです。

今見ているページが、どのサイズで何色なのかとお客様が迷ってしまい、
買い物し難いサイトと判断され、離脱されてしまうでしょう。

だからこそ、そこをクリアすれば「ライバルに差を付ける」事ができると言えます。

そこで、商品の「色」「サイズ」などを一目で確認できるような画像を作り
一目でどのタイプの商品なのかを把握できる様にしてみる方法を紹介します。

とはいえ、
「一からオリジナルの画像を作るなんて、技術もセンスも時間もないよ」
という方がほとんどだと思います。

でも大丈夫です。

今ある商品画像を使い、切り抜いたり組み合わせたりするだけ。
ちょっとした工夫で簡単に作れます。

 

例としてこちらのサンプルページをご覧ください。

ヴィンテージスタンダードソファ【Crack】クラック 3P (カラー:ダークブラウン)

素材画像にあった、サイズ表示画像から3人掛けの画像と、
色見本画像からダークブラウンの画像をそれぞれ切り取り、
説明文とともにひとつの画像にしました。

これにより、他の商品タイプとの違いが明示化され、
利用しやすい通販ショップだとの印象を持ってもらえるのではないでしょうか。

このオリジナル画像をつかって、商品一覧ページや
色違いサイズ違いの商品の紹介をしても面白いかもしれません。

 

また、商品によってはサイズ表記が商品スペック欄での
テキスト表記しかないものもあります。

そのような場合は、商品画像に矢印線を使い、
高さや幅などの数字とともに書き加えた画像を作ってみましょう。

家具を購入する場合、一番気になるのがサイズですよね。

お客様がその商品を購入する際、欲しい情報は何かを考え、
それがすぐに目に入るようにするには、画像が大変有効なアイテムだと思います。

 

難しい技術やデザインセンスがなくても、提供されている素材画像を利用すれば
それなりの画像は誰でも簡単に作れます。
無理にデザインに凝った画像を作ろうとしなくても十分です。
情報を正しく、判りやすく伝えることができればOKです。

大切なのはマーケティングの本質「ユーザーの求めている情報を乗せる」
ことにあると、佐藤副学長もお話されていました。

是非オリジナル画像作製に挑戦してみてください。

 

-----------------------------------------------------------
【今週の執筆者】岡田祐子

(プロフィール)
有限会社エヌツーエヌコミュニケーション取締役。
Webプログラマとして、美術館、科学館、大学、一般企業等のWebサイト制作に従事。
生きたSEOを学ぶべく、もしもドロップシッピングに登録。もしも大学ステップアップコース18期生受講。
ショップできすぎくんをもっと自由に使いこなしたいと工夫を重ねつつ、Webサイト制作の経験と技術を生かした、「ショップできすぎくんのカスタマイズ方法」「画像作成のコツ」「html、cssの記述の仕方」などを、ブログや講座を通じ発信しています。

ホームページ制作|エヌツーエヌコミュニケーション

ぐるめ通販トライアルのブログ
-----------------------------------------------------------

 

それでは次号もお楽しみに。

 

※この記事は2015年7月16日に配信した『どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)』
のバックナンバーです。

メルマガのご登録はこちら

 

ドロップシッピング十戒(pdf版)好評発売中!

どろっぷしっぴんぐ研究所、初のデジタルコンテンツ
pdf版『ドロップシッピング十戒』好評発売中です。

 

上記のリンク先ではドロップシッピング十戒の一覧や目次も掲載しています。
ご覧いただいてぜひご注文ください。

タグ

, ,

2015年8月19日

どろっぷしっぴんぐ研究所 (09:35)

カテゴリ:公式メルマガバックナンバー

【研究所公式】さらなる高みを目指す!検索世代ショップオーナー売上アップの秘訣

こんにちは、どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。

もしもドロップシッピングトップページ

 

7月の初旬、もしもドロップシッピングのトップページがリニューアルしました。

もしもドロップシッピング

トップページのスライドショーでは、フリーランスの田保悠香さん
主婦の山田智美さん、整体院院長の石川佐千男さんの3名と
私も一緒に自営業としてご紹介いただいています。

少し前の4月のことになりますが、撮影の裏話をすると・・・

 

毎日、自分らしく過ごしています。

もしもドロップシッピングの成功事例に掲載されている
田保さんの撮影があるという情報を聞きつけた私は、
株式会社もしもの広報担当としても活躍中のあやこさんに
「ぜひ田保さんにお会いしたい」と我がままをお願いしました。

その結果、ご無理を聞いていただいて、
田保さんのご好意でお会いすることができました。

「毎日、自分らしく過ごしています。」

という、自筆の文字のように自然体の田保さんにお会いして、
最高のモダンインテリアが並ぶリグナテラス東京さんにて
お話を伺ってきましたので、今日はその話題です。

 

ドロップシッピングの売上は過去の努力によるもの

すべて独学でのドロップシッピングのスタートだったそうです。

最初の頃は好きなインテリアのショップを作成して、
楽しみながらショップ作りができていたとのこと。
インテリアが好きで、好きだから自然と詳しいカテゴリです。

それでも、最初の頃は楽しかったショップ作りも
全く売上がないことからしばらく放置していたそうです。

そんな放置しているショップから、あるときに
一気に売れるようになりモチベーションが上がったといいます。

ドロップシッピングでの売上は、過去の努力によるものです。
少し売れたのではなく、一気に売れた田保さんの取り組みは、
それだけの売上を支えるだけの作業が過去に行われていた証拠です。

 

分からないことは何でも「検索」

現在は自分の趣味という趣味もなく、
ドロップシッピング以外の道が思いつかないといいます。

そんな田保さんの成果の裏には、
相当な努力の賜物だと考えていたのですが、
本人はぜんぜん勉強していないという認識です。

「何でも検索で調べる」

最近では、ショップできすぎくんのページを見やすくしようと
独学でテーブルレイアウトについて、必要な情報を検索して調べて
かなりのショップに反映したのだそうです。

ところが、ショップできすぎくんのモバイル対応を行ったら
全て表示がおかしくなってしまい、あまりのショックに呆然とし、
復旧作業も滞ったそうです。

こんな失敗談も披露してくださいましたが、
成功しているショップオーナーの方ほど失敗事例を数多く持っています。
たくさんの失敗こそチャレンジしている証です。

 

ドロップシッピングでの売上が伸びたポイントは?

ところで、田保さんの成果が伸びたポイントは何だったのでしょうか?

田保さんご本人に伺っても、これというものは認識していないそうなのです。
ドロップシッピングでは商品選び、ページ作り、集客の一連の流れが大切ですが、
田保さんも当然ながら集客までしっかり行われているということに尽きます。

しかし、以前に田保さんを取材された経験もあるあやこさんに聞くと

「人が気付かず、手が付けられていなかった切り口を開拓した」

ということが、大きな成果を達成された要因の1つとして挙げられていました。

特に、検索エンジンで「何でも検索で調べる」という田保さんは、
「自分が検索するキーワード」もキーワードとして選定され、
成果につなげているのです。

 

自分が検索するワードをキーワードに選定

どろっぷしっぴんぐ研究所の研究生制度の皆さまには、
キーワード選びの基本は、商品名、商品名の語幹やカテゴリをヒントに
検索されているキーワードを選ぶことをお伝えしています。

検索数が少なく検索需要がないキーワードを選んでしまうと、
そのキーワードに注力して検索エンジンで上位表示できたとしても、
検索されなければ誰もページに訪問してくれないからです。

ところが、分からないことはキーワード検索が当たり前の
環境で育ってきた田保さんはどうでしょうか?

「自分が検索するワードをキーワードに選定」することで
ライバルが気づきにくい隠れた検索需要を自然に見つけ
競合が少ないジャンル、カテゴリで集客に成功しているのです。

これは、キーワードの連想ができる世代ならではの強みだと考察しています。

 

さらなる高みを目指し、謙虚に学ぶ姿勢と覚悟

田保さんにお会いした時には、Webデザインを学びに
スクールに通われているとおっしゃられていました。

ぜんぜん勉強していないと謙遜されながらも
ドロップシッピングでのよりよいショップ運営に向けて
さらに努力を積み重ねていらっしゃいます。

Webデザインに限らず「まだまだ」という言葉からは
ドロップシッピングに掛ける想いと覚悟を感じました。

「毎日、自分らしく過ごしています。」

という田保さんの言葉を見るたび、
私自身も自分らしさを取り戻したことを思い出します。

その結果、今では自分の人生の選択肢を増やすことができました。

しかし、私もドロップシッピングを始めた時は選択肢などなく、
懸命に取り組んだことが今の活動につながっています。

 

田保悠香さんの成功事例はこちら

「未経験から10ヶ月でダイヤモンドランクを達成」田保悠香さん~成功者の声~

お会いした時に田保さんが書いてくださった記事はこちら

貴重な体験をした話し。|きらきらドロップシッピング☆

 

-----
【今週の執筆者】奥成大輔(オクナリダイスケ)

(プロフィール)
1968年神奈川県生まれ、栃木県那須烏山市在住
1992年、大学卒業後(株)本田技術研究所に入社。2002年に豊かな自然と環境の良さにひかれ那須烏山市に移住する。
2008年、ライフスタイルを見直すことがきっかけで退社し独立。
2009年もしもドロップシッピングに登録。
もしも大学特待生7~9期を経て、2010年1月より「個人の働き方の常識を変え、ライフスタイルを革新する」をテーマにもしも大学公認講師としてドロップシッピングの普及活動、講師活動を行っている。
どろっぷしっぴんぐ研究所代表。

どろっぷしっぴんぐ研究所
-----

 

それでは次号もお楽しみに。

 

※この記事は2015年8月6日に配信した『どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)』
のバックナンバーです。

メルマガのご登録はこちら

 

ドロップシッピング十戒(pdf版)好評発売中!

どろっぷしっぴんぐ研究所、初のデジタルコンテンツ
pdf版『ドロップシッピング十戒』好評発売中です。

 

上記のリンク先ではドロップシッピング十戒の一覧や目次も掲載しています。
ご覧いただいてぜひご注文ください。

タグ

,

2015年8月12日

どろっぷしっぴんぐ研究所 (08:15)

カテゴリ:公式メルマガバックナンバー

【研究所公式】速攻でドロップシッピングで売上を上げる方法

こんにちは、どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。

Honey
Honey / alsjhc

 

今週は、本来であれば私の順番です。

しかし、一日も早く皆さまにお伝えしたい記事が手元にあり、
来週配信予定だった記事を繰り上げて配信することにしました。

私の方で準備していたもしもドロップシッピングの
有力ショップオーナーの方とお会いした時の話題についての記事は
来週配信いたします。

そちらも楽しみにしていただければと思います。

それでは今週は、売上がまだないという方にすぐにでも試していただきたい、
神谷あつしさんの実践的なノウハウをお楽しみください。

 

速攻でドロップシッピングで売上を上げる方法

こんばんは、神谷あつしです。

 

■ドロップシッピングで売上を上げられるのは。

先日もしもドロップシッピングの佐藤副学長と話をしました。

佐藤副学長の話によるとドロップシッピングで売上を上げられるのはもしもドロップシッピングに登録している人の内の5%位とのことです。

これは、「売った実績のある人」ということで、継続的に売上がある人の数でありません。

なかなか愕然としてしまう数字ですね。

もしもドロップシッピングというビジネスをやっている方なら、

『注文が入りました!もしもドロップシッピング┏┏┏┏┏┏┏┏┏』

というタイトルの入ったメールをもらったときの喜びを味わってほしいものです。

このメールをもらうと、
●沈んでいた気分が吹っ跳んで、気分がアゲアゲになる
●疲労回復する
●肩コリが消える
●夫婦円満になる


等々、スゴイ薬効のある妙薬なんです。

ということで、ある程度、運も絡むのですが、速攻で売り上げが上がる方法を一つ紹介します。

 

■テレビで紹介された商品を売れ!!

その商品に出会うという運もあるのですが、ハマればかなり鉄板の方法なんです。

分かり易いように実例で紹介します。

2015年7月12日7:00 TBSで『健康カプセル! 元気の時間』で「偉人が愛した健康法~後編~」ということで豊臣秀吉の健康法が紹介されていたんです。

その番組によると、豊臣秀吉はハチミツを常食にしていて、それがとても健康に良かったという話なんです。

そこで、ハチミツがある病院で、手術後のキズの治療に使われているという話がありました。

その病院で使われていたハチミツは『マヌカハニー』というちょっと特殊なハチミツなんです。

この番組を見ていて、ちょっとピンときました。

「もしかして、マヌカハニーって、もしもドロップシッピングで扱ていないか?」

ちょこちょこっと調べたら、ありましたよ。

ニュージーランド産はちみつ マヌカハニー MGO250+ 

 

■テレビで紹介された商品をすぐにショップに登録

すぐにマヌカハニーをショップに登録して、カンタンにテレビで紹介していたことを商品紹介ページに書きます。

そして、Googleにインデックス登録。

※このような商品のために、百貨店タイプのショップを一つ用意しておくととても便利。
ショップに商品ページを作るのに大体30分位。

 

■ブログでテレビの内容を紹介する

自分のショップオーナー用のブログに、「マヌカハニー」について、テレビで紹介されていたことを記事にします。

だいたい、1000文字くらいを目標に書きましょう。

そして、記事にしたらブログ記事をTwitterにアップしましょう。

とにかく、1000文字位のブログ記事をどれだけ早くアップできるかが勝負です。

テレビの放送が、7:00~7:30で、ブログ記事が書き終ったのが、9:00頃だったと思います。

その時のブログ記事はこちらです。

傷の治療にも使われているマヌカハニー_『健康カプセル! 元気の時間』より

 

■ブログ記事が検索エンジンの上位に。そして注文が入る。

「健康カプセル」、「マヌカハニー」の単体キーワードでは、書いた記事が検索エンジン上位に表示されませんが、「健康カプセル マヌカハニー」で検索すると、Googleで第1位で表示されました(2015年7月12日 23:00)。

ブログには、

「ハニー処置」
「ハニー処置 マヌカハニー」
「宮城県仙台市・国立病院機構仙台医療センター 蜂蜜」
「健康カプセル蜂蜜が傷に良い」
「国立病院機構仙台医療センターで治療に使われている蜂蜜」
等のキーワードでアクセスがきています。(2015年7月12日 23:00)

そして、その結果、
ニュージーランド産はちみつ マヌカハニー MGO250+ 」に2個注文が入りました。

しっかり、利益9%を取るように金額調整をしましたので、

売上:25,640円
利益:2,364円
です。

 

■まずは行動

いかがでしょうか?

マイナーな番組でも、それなりにその番組を見ている人は多いのです。

ちまたには情報番組はあふれているのですよ。

ドロップシッピングをやっているのなら、テレビを見ているときこれくらいのアンテナを張るべきだと思います。

最初はちょっとしんどいですけれども、習慣になれば、特に意識していなくてもこのような商品が紹介されて時点で、

「もしかしたら・・・」

ということは浮かんできます。

ブログの1000文字というのも大変そうに思えますが、日頃書いていれば、ネタ自体はテレビの内容でいいので、そんなに苦労しないで書けます。

この方法はちょっと運も絡みますが、その運をつかんだなら、売上までかなり楽に運べる方法なんです。

まずは、いつも自分が見ている番組で商品紹介なんかがあったら、トライしてみてはいかがでしょうか?

 

■こぼれ話

私の観た『健康サプリ元気の時間』の次に『がっちりマンデー!!』という番組があります。

そこで、クロスフォーニューヨーク Dancing Stoneシリーズが紹介されていたそうです。

私は、いつもは『がっちりマンデー!!』を見ているのですが、7/12は、「マヌカハニー」の記事を書いていたので、見逃してしまいました。

「今、これが売れました」を見ていると、クロスフォーニューヨーク Dancing Stoneシリーズが良く売れていますよね・・・。

これで売上をゲットした方もいるのでしょう。

こういうチャンスをしっかり拾っていくことも、ドロップシッピングで売上を上げるコツなんです。

 

-----------------------------------------------------------
【今週の執筆者】神谷あつし

(プロフィール)
2013年6月、アフィリエイトのサイト運営で悩んでいたとき、もしも大学の竹内謙礼学長のセミナーでドロップシッピングを知り「これならノウハウが確立されていて分かり易そうだ」と感じドロップシッピングを開始。

ところが独学では全く売れません。そんなとき、どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成先生のセミナーに参加し『研究生制度』を知り受講しました。奥成先生の優しい(笑)指導のもと、売上の上がるショップ運営を習得していきました。

2014年6月、研究生になって半年でゴールドランク(売上10万円)。
2014年9月、受講開始9か月でプラチナランク(売上30万円)達成へ。
現在はダイヤモンドクラス目指してまい進中です。

ビジネス勉強堂

BLOG(書評):【成幸本】書店
-----------------------------------------------------------

 

それでは次号もお楽しみに。

 

※この記事は2015年7月30日に配信した『どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)』
のバックナンバーです。

メルマガのご登録はこちら

 

ドロップシッピング十戒(pdf版)好評発売中!

どろっぷしっぴんぐ研究所、初のデジタルコンテンツ
pdf版『ドロップシッピング十戒』好評発売中です。

 

上記のリンク先ではドロップシッピング十戒の一覧や目次も掲載しています。
ご覧いただいてぜひご注文ください。

タグ

,

2015年8月 5日

どろっぷしっぴんぐ研究所 (09:10)

カテゴリ:公式メルマガバックナンバー

このページの先頭へ