2015年4月アーカイブ

【研究所公式】今すぐ実践できる!オリジナルの文章がサクサクと書ける5つの方法

こんにちは、どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。

Writing in the grass
Writing in the grass / pedrosimoes7

 

先日、もしもショップオーナー成功事例で紹介されている
田保さんにお会いする機会をいただきました。

「未経験から10ヶ月でダイヤモンドランクを達成」田保悠香さん~成功者の声~

田保さんは全くの未経験ながら10ヶ月でダイヤモンドクラス(月商100万円超)、
その後、クリスタルクラス(月商300万円超)まで売上を伸ばされ、
すごいペースで売上UPを実現されたスーパーショップオーナーです。

当日、わずかな時間でしたが、いろいろお話を伺うことができました。
多くのショップオーナーの皆さまの参考になる内容がたくさんありましたので
近日、このメルマガでも紹介いたします。

ぜひ、楽しみにしていてください。

 

オリジナルの文章がサクサクと書けるコツ

さて、先週まで専門ショップの検索エンジン対策(SEO)を成功に導く
5つのページについて解説してきました。

その中で、各ページに独自の情報を掲載することの重要性をお伝えしました。

ところが「独自の情報」「オリジナルのコンテンツ」といっても
これまでに文章を書く機会が少ない方にとっては、
どう書いていいか分からないものです。

そこで、今週は「独自の情報」「オリジナルのコンテンツ」を
サクサクと書けるようになるコツをいくつか紹介します。

 

1. イージーライターを使う

イージーライター

もしもドロップシッピングの魅力の1つは、
ショップ運営のツールが充実していることです。

検索エンジン対策(SEO)では独自コンテンツが重要ですが、
どんな文章を書いたらよいか分からない方でも文章が書ける
コンテンツ作成ツールが『イージー★ライター』です。

ブルーのページのイージーライターでは、
主に、商品の魅力を解説する文章を書くときに使います。

ショップの商品販売ページや商品群を集めたグループページに
掲載する文章作成に使いましょう。

売れる公式に沿って書くだけで文章が書けます。

10分で1000文字書くことを目標に
何度でも繰り返し使って、文章作成に慣れましょう。

 

2. イージーライターブログ執筆機能を使う

ショップの中のお役立ち情報ページに文章を書くときには、
イージーライターの『ブログ執筆機能』を使います。

ブログ執筆機能は、ブログの記事を書くために開発されていますが、
最近では、コンテンツをショップの外部に分散するよりも
ショップ内にコンテンツを充実させることを優先するのが主流です。

ブログ執筆機能には、次の5種類のブログに対応して
それぞれいくつものシナリオが用意されています。

商品紹介ブログ(10シナリオ)
クチコミブログ(1シナリオ)
比較ブログ(3シナリオ)
テーマ掘り下げブログ(3シナリオ)
あわせて買いたいブログ(1シナリオ)

このブログ執筆機能を使ってお役立ち情報ページにも
コンテンツを充実させましょう。

特に、専門ショップのメインキーワードの関連ワードが
見つからない時のコンテンツ作りに重宝します。

 

3. 箇条書きから文章に起こす

この方法はツールではないのですが、
とても簡単に文章を作ることができます。

キーワード(あるいはテーマ)を決めたら、
そのキーワードについて、思いつくことを箇条書きにします。

例えば、もしもドロップシッピング提供の商品詳細情報を読んで、
ポイントを箇条書きにしていきます。

次は、そのことについて自分の言葉で解説します。
内容が理解できない時は、検索して調べてそのことも
自分の言葉で補足していきます。

たったこれだけで、独自の文章が作成できます。

実は、この記事も箇条書きから文章に起こしている一例です。

 

4. マインドマップを描く

キーワードやテーマが幅広い場合、箇条書きだけだと
項目毎の関連性が分かりにくくなる場合があります。

その時はマインドマップを書くとよいでしょう。

マインドマップを書くことで伝える内容が整理されれば
文章もより伝わりやすい文章になります。

マインドマップは非常に奥が深いのですが、
構えず試して見るところから活用してみてください。

1冊くらい本を読むとメリットや使い方が分かります。

私が参考にした本は既に廃盤となっていましたが、
新版が登場していましたので紹介しておきます。

Amazon.co.jp: 新版 ザ・マインドマップ(R): トニー・ブザン, バリー・ブザン, 近田 美季子: 本

 

5. 6分間文章術

毎週発行しているこのメルマガや、
記事や原稿を書いたりすることが今は仕事の一部ですが、
私も文章を書くのは決して得意ではありませんでした。

以前の職場では「文章を書くなビジュアルに表現しろ」
とまで言われていたので、文章を書いたと言えるのは
大学の卒業論文にまでさかのぼります。

では、なぜいま文書が書けるのかといえば、
インターネット上で成果を得るには文章を書くこと以上に
効果的な手段がなく試行錯誤してきているからです。

そんな中で、私が最も感銘を受けたのが、
中野 巧さんが書かれた『6分間文章術』という本です。

Amazon.co.jp: 6分間文章術――想いを伝える教科書: 中野 巧: 本

「エンパシーチャート」と言われるチャートを作るだけで
共感を生む文章ができるという画期的な文章術です。

とても簡単にできるので、文章が書けないという方は試してみてください。

 

ドロップシッピングでお金を掛けず、広告も使わずに
売上を上げたいのであれば、文章を書くことからは逃げられません。

最初は誰でも上手くできませんが、
書くたびにレベルアップを意識して取り組むことで
徐々に上達していきます。

今回紹介した5つの方法を参考に「独自の情報」
「オリジナルのコンテンツ」をサクサク書いて訪問者に役立つ
有益なコンテンツをショップに充実させていきましょう。

 

どろっぷしっぴんぐ研究所の『研究生制度』でも、
メールでのご相談や月に一度開催している対面講座などを通じて
ドロップシッピングに必要なショップ運営のノウハウをお伝えしています。

3つのコースから、ご自身の状況に合わせてお選びいただけます。

□ ステップアップコース(売上経験があり月商10万円以上が目標の方向け)
□ ノウハウ初級コース(ショップが作成でき、初売上達成を目指す方向け)
□ ショップ作成入門コース(パソコン操作に不安がある初心者の方向け)

 

それでは、次号もお楽しみに。

 

※この記事は2015年4月23日に配信した『どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)』
のバックナンバーです。

メルマガのご登録はこちら

タグ

, ,

2015年4月29日

どろっぷしっぴんぐ研究所 (07:56)

カテゴリ:公式メルマガバックナンバー

【研究所公式】成功者も実践!専門ショップのSEOを成功に導く5つのページ(後編)

こんにちは、どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。

Private Times
Private Times / Canon in 2D

 

今週も最初に告知です。
 5月1日開講ドロップシッピング3ヶ月集中講座『研究生制度』の研究生を募集中です。

『研究生制度』は全国どこからでもドロップシッピングのノウハウが学べる通信講座です。
3つのコースから、ご自身の状況に合わせてお選びください。

ステップアップコース(売上経験があり月商10万円以上が目標の方向け)

ノウハウ初級コース(ショップが作成でき、初売上達成を目指す方向け)

ショップ作成入門コース(パソコン操作に不安がある初心者の方向け)

 

さて、先週よりドロップシッピングの成功者の方も実践している
専門ショップの検索エンジン対策(SEO)を成功に導く5つのページについて解説しています。
今回はその後編です。

前編では専門ショップでは、次の5つのページを基本構成として考えることをお伝えし、
トップページとグループページ(カテゴリページ)についてお伝えしてきました。

成功者も実践!専門ショップのSEOを成功に導く5つのページ(前編)

1. トップページ
2. グループページ(カテゴリページ)
3. 商品販売ページ
4. お役立ち情報ページ
5. ショップ紹介ページ

今回は、残りの3つのページについてです。

 

3. 商品販売ページ

商品販売ページは、専門ショップで取り扱う商品の
商品名キーワードで上位表示を狙うページです。

専門ショップの中でも売上に直結するページです。

「チアガール衣装」の専門店を例にすると、
次のような商品を取り扱うことになります。

Patymo Happy チアガール

この「Patymo Happy チアガール」のように、
他にサイズやカラーなどの選択肢がない商品であれば、
商品販売ページに商品情報に加えて独自のコンテンツも掲載します。

ただし、今回の「チアガール衣装」の専門店のように
色違い、サイズ違い、スリーブの有無などのバリエーションが有る場合、
商品情報も独自のコンテンツも似たようなことしか書けない場合があります。

しかし、前回のグループページで解説したとおり、
検索エンジンは重複したページを嫌う傾向にあるため、
ページが重複してしまうケースでは対策が必要になります。

例えば、次のような商品群です。

ときめきチアガール → サイズ違い、カラー違いがある
ときめきチアガール 3l → カラー違いがある
シャイニーチアガール → サイズ違いがある

このようにバリエーションがある商品では、
商品販売ページは編集せずグループ分けを行ってグループページを作成し、
グループページでこれらのキーワードでの上位表示を狙います。

その際、本来であれば商品販売ページに掲載する
商品情報や独自のコンテンツをグループページに掲載します。

尚、ショップできすぎくんでは、
商品販売ページを編集せずに保存しただけの場合、
重複ページと認識されないように対策されているので安心です。

 

4. お役立ち情報ページ

トップページ、グループページ、商品販売ページは
商品を購入する意欲の高い人の訪問が多くなるので、
購入意欲の高い人向けにページを作成していきます。

キーワードも購入意欲の高い人が検索するキーワードを選びます。

その一方で、購入は決断していないものの、
商品の購入を検討している方向けに、さらに詳しい商品情報や、
商品群に関連したお役立ち情報を掲載するページがお役立ち情報ページです。

「チアガール衣装」の専門店の場合であれば、
次のようなキーワードについて解説するページを作成します。

チアガール 衣装 作り方
チアガール ポンポン 作り方
チアガール ポンポン 振付
チアガール ポンポン 正式名称
チアガール 掛け声
チアガール 髪型
チアガール 募集

これらのキーワードは購入意欲は高くありませんが、
購入について比較検討している人や、調べ物をしている人が検索しています。

購入に直結するものではありませんが、
テーマ(ここではチアガール)に関して充実した情報を掲載している
専門ショップが検索している人の役に立つことが可能になります。

この取り組みは、訪問者だけでなく検索エンジンからも
ショップの評価が上がる可能性があり、最近のSEOでは
このお役立ち情報ページが重要な役割を果たすようになってきています。

 

5. ショップ紹介ページ

ショップ紹介ページは、専門ショップの信頼性を高めるためのページです。

・ショップ運営者についての情報
・専門ショップの概要
・専門ショップを運営する上での想い
・サポートのご案内
・特定商取引法に関する表記の記載箇所のご案内

主に上記の内容を網羅しておくとよいでしょう。

訪問したお客様に安心してお買い物できるように、
専門ショップの信頼性を高めることも大変重要です。

特にもしもドロップシッピングでは、
表記に関してガイドラインが定められていますので
抵触しない範囲内で工夫する必要があります。

もし、まだショップの表記に関するガイドラインを確認していない方は、
この機会に下記のリンク先のショップ運営ルールのページで確認しておきましょう。

ショップ運営ルール

 

ここまでドロップシッピングの成功者の方も実践している
専門ショップの検索エンジン対策(SEO)を成功に導く
5つのページについて解説してきました。

SEOでの集客を想定する専門ショップでは、
検索エンジンに各ページが認識され、評価されることで
キーワードで検索結果の上位に表示されるようになります。

そのためにも、今回紹介した5つのページを基本構成として
各ページに独自の文章や画像などのオリジナルなコンテンツを掲載して
専門ショップを作成していきましょう。


それでは、次号もお楽しみに。

 

※この記事は2015年4月16日に配信した『どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)』
のバックナンバーです。

メルマガのご登録はこちら

 

ドロップシッピング十戒(pdf版)好評発売中!

どろっぷしっぴんぐ研究所、初のデジタルコンテンツ
pdf版『ドロップシッピング十戒』好評発売中です。

 

上記のリンク先ではドロップシッピング十戒の一覧や目次も掲載しています。
ご覧いただいてぜひご注文ください。

 

タグ

, ,

2015年4月22日

どろっぷしっぴんぐ研究所 (08:33)

カテゴリ:公式メルマガバックナンバー

【研究所公式】成功者も実践!専門ショップのSEOを成功に導く5つのページ(前編)

こんにちは、どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。

Shonan Sunset
Shonan Sunset / kurotango Clip

 

最初に告知です。

5月1日開講ドロップシッピング3ヶ月集中講座『研究生制度』の募集を開始しました。

『研究生制度』は全国どこからでもドロップシッピングの
ノウハウが学べる通信講座で、3つのコースがございます。

ステップアップコース(売上経験があり月商10万円以上が目標の方向け)

ノウハウ初級コース(ショップが作成でき、初売上達成を目指す方向け)

ショップ作成入門コース(パソコン操作に不安がある初心者の方向け)

3つのコースから、ご自身の状況に合わせてお選びください。

 

専門ショップのSEOを成功に導く5つのページ

さて、数週間に渡って専門ショップについてお伝えしてきました。

専門ショップの切り口と企画に関する記事が多かったと思いますが
それだけ、専門ショップでは切り口と企画が重要です。

切り口や企画を考え専門ショップをリストアップできたら、
次は実際に専門ショップにページを作成していきます。

今週は、実際にドロップシッピングの成功者の方も実践している
専門ショップの検索エンジン対策(SEO)を成功に導く
5つのページについて解説します。

 

専門ショップの基本構成

では、専門ショップではどのようなページを作成すればよいのでしょうか?

商品を販売することだけを考えると「カートに入れる」ボタンがある
商品販売ページさえあれば、充分に商品を販売することができます。

集客方法がキーワード広告であれば、直接広告のリンク先を
商品販売ページにすることで購入意欲の高い人は購入してくれます。

しかし、SEOで集客するとなるとそう簡単にはいきません。

SEOでの集客を想定する専門ショップでは、
検索エンジンに各ページが認識され、評価され、
意中のキーワードで検索結果の上位に表示する必要があります。

そのためにも、専門ショップでは、
次の5つのページを基本構成として考えます。

1. トップページ
2. グループページ(カテゴリページ)
3. 商品販売ページ
4. お役立ち情報ページ
5. ショップ紹介ページ

SEOでは、ページに独自の文章や画像などの情報を掲載することが大切です。

各ページに独自の情報を掲載し、徐々にページが増えることで
検索エンジンが各ページだけでなくショップ全体の評価も高めてくれる
可能性が生まれます。

では、各ページについて解説します。

 

1. トップページ

トップページは、専門ショップのメインテーマとなる
メインキーワードで上位表示を狙うページです。

例えば「チアガール衣装」の専門店を作成するとします。
トップページのキーワードは「チアガール 衣装」というように
設定します。

トップページではどのような商品群を扱っているのか、
おすすめ商品、新着商品、売上ランキングなどで商品も見せましょう。
また、メディア紹介情報などの商品に関連する情報も掲載します。

トップページでは、パーツを並べるだけでなく
メインキーワードに関する独自の情報をしっかり含め、
他のページにアクセスできるようにリンクを配置しましょう。

トップページを見て信頼できるショップを判断する人もいます。
信頼感をアップするパーツを配置したり、店長のあいさつを掲載し、
誠実に運営しているショップであることを訪問者に伝えましょう。

 

2. グループページ(カテゴリページ)

グループページは、専門ショップのメインキーワードの
関連キーワードで上位表示を狙うページです。

「チアガール衣装」の専門店を例にすると
次のようなキーワードでグループページを作成します。

チアガール 衣装 キッズ
チアガール 衣装 子供
チアガール 衣装 安い
チアガール 衣装 長袖

キーワードに関しては、ショップで取り扱っている商品を中心に
グルーピングしてページを作成します。

キーワードはメインキーワードの関連キーワードで
商品の特徴・特性を示す属性キーワードを選びます。

あるいは、ショップによってはブランド名キーワードを選んで
グループページを作成します。

重要なポイントは、ただ商品が並んだページを作成するだけでなく、
これらの関連キーワードについての情報をページ内に含めておくことです。

それにより、各ページがそれぞれのキーワードでも評価され
関連キーワードで上位表示される可能性があります。

 

ドロップシッピングのSEOで重要なグループページ

ドロップシッピングのSEOにおいて、グループページは
大変重要なページで、ますます重要になってきています。

ドロップシッピングでは、商品の入れ替わりが早いことが弱点の1つです。

商品販売ページは商品が販売終了になるとそれまでですが、
グループページで上位表示できていれば、
1つの商品だけに依存せずにアクセスを集めることが可能です。

また、検索エンジンでは重複したページを嫌う傾向があります。

そのため、サイズ違いや色違いというだけで
商品説明が同じようなページがたくさんできてしまう場合には、
何らかの対策が必要になります。

その際、グループページを1ページ作成し、
その商品群を代表するページとして回避することもできます。

 

では、今週はここまでです。

来週は、残りの3つのページ

3. 商品販売ページ
4. お役立ち情報ページ
5. ショップ紹介ページ

について解説します。

 

それでは、次号もお楽しみに。

 

※この記事は2015年4月9日に配信した『どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)』
のバックナンバーです。

メルマガのご登録はこちら

 

ドロップシッピング十戒(pdf版)好評発売中!

どろっぷしっぴんぐ研究所、初のデジタルコンテンツ
pdf版『ドロップシッピング十戒』好評発売中です。

 

上記のリンク先ではドロップシッピング十戒の一覧や目次も掲載しています。
ご覧いただいてぜひご注文ください。

 

タグ

, ,

2015年4月15日

どろっぷしっぴんぐ研究所 (18:18)

カテゴリ:公式メルマガバックナンバー

【研究所公式】ドロップシッピングの専門ショップ作りが10倍楽しくなる厳選7記事

こんにちは、どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。

Lotus Seven
Lotus Seven / Jean-Louis POTIER

 

2週にわたり『ドロップシッピングで最低限覚えておきたい専門ショップ5つのパターン』として
総合ショップと5種類の専門ショップについてお伝えしてきました。

次のステップとしては実際に専門ショップを作成していくことになります。

そこで、今週はドロップシッピングにおける専門ショップ作りが
サクサクと進んで、専門ショップ作りを楽しんでいただけるように
専門ショップ作成の手順や考え方が分かる7つの記事を厳選しました。

 

【研究所公式】ドロップシッピングで最低限覚えておきたい専門ショップ5つのパターン(前編)

【研究所公式】ドロップシッピングで最低限覚えておきたい専門ショップ5つのパターン(前編)

総合ショップと専門ショップの違いと、
専門ショップの5つのパターン

・大カテゴリショップ
・お悩み解決ショップ
・小カテゴリショップ
・ブランドショップ
・単一商品ショップ

このうち2つを紹介しています。

専門ショップとしてあまりおすすめしない2つのパターン、
「大カテゴリショップ」と「お悩み解決ショップ」についてです。

 

【研究所公式】ドロップシッピングで最低限覚えておきたい専門ショップ5つのパターン(後編)

【研究所公式】ドロップシッピングで最低限覚えておきたい専門ショップ5つのパターン(後編)

専門ショップの5つのパターンのうちのこりの3つを紹介しています。

ドロップシッピングでは、検索エンジン対策(SEO)での集客が
利益確保には欠かせません。

・購入意欲の高いキーワードで検索する人を集客する
・ショップの専門性を高めることで訪問した人の信頼を勝ち取る
・キーワードに対しての専門性を高め検索エンジンの評価を高める

これらを実現するため、ドロップシッピングを始めて間もない方が
専門ショップ作りに着手するのにおすすめの「小カテゴリショップ」
「ブランドショップ」「単一商品ショップ」の3つのパターンから
企画して作成することを提案しています。

 

【研究所公式】本当?ドロップシッピングのSEOで成功するには専門ショップがいい

【研究所公式】本当?ドロップシッピングのSEOで成功するには専門ショップがいい

前の2つの記事でも解説しているように、
専門ショップをただ作ればいいというわけではありません。

・購入意欲が特に高い人が検索するキーワード
・検索エンジンの1ページ目に表示できるキーワード

この2つの条件を満たすキーワードの専門ショップを
複数作成していくことがドロップシッピングのSEOを成功させる上で
重要であることをお伝えしています。

 

【研究所公式】もしもドメイン&もしもサーバーでSEO強化!ショップできすぎくんVer.3リリース

【研究所公式】もしもドメイン&もしもサーバーでSEO強化!ショップできすぎくんVer.3リリース

1枚ページ作成できた『できすぎくん』
さらにショップが作れるようになった『超できすぎくん』
これだけでも当時は便利に感じたものです。

30ショップまでOK、さらにはもしもドメイン、もしもサーバーの開放、
そして現在ではスマホ対応まで実施されています。

◎ デザインよし
◎ 機能よし
◎ 使い勝手よしと

三拍子揃ったショップできすぎくんが専門ショップ作りでは最もおすすめです。

 

【研究所公式】ドロップシッピングでありがちな失敗しやすいショップとは?

【研究所公式】ドロップシッピングでありがちな失敗しやすいショップとは?

・「総合ショップか?」それとも「専門ショップか?」
・ジャンル分けすることが専門ショップではない
・キーワードとページの役割を理解する
・購入に直結するターゲット設定とキーワード選定

など、ドロップシッピング初心者の方向けに、
専門ショップでテーマを絞り込むことの重要性を説いています。

 

【研究所公式】ショップできすぎくんを活用して30の専門ショップを作成する7つのステップ

【研究所公式】ショップできすぎくんを活用して30の専門ショップを作成する7つのステップ

具体的にどのような手順で専門ショップを作成していけばよいのか、
ショップできすぎくんを活用して専門ショップを作成する
7つのステップを解説しています。

一通りの記事を読まれた方は、重複している内容もありますが、
繰り返し登場している考え方はドロップシッピングを進めていく上で
特に大切な部分です。

7つのステップに沿って、次々と専門ショップを企画してみてください。
サクサクと企画できるようになるとドロップシッピングの
専門ショップ作りがますます楽しくなります。

 

【研究所公式】ショップできすぎくんをおすすめする7つの理由

【研究所公式】ショップできすぎくんをおすすめする7つの理由

もしもドロップシッピングに欠かせないツール
『ショップできすぎくん』に『スマートフォン表示』と
『画像アップロード』の機能が追加されさらにパワーアップしました。

また、オンライン上にデータが保管されているので、
万が一パソコンが壊れた場合でも安心です。

 

今週は、専門ショップ作成の手順や考え方が分かる7つの記事を紹介しました。

ドロップシッピングの専門ショップは企画段階が重要です。

売れるか売れないか、大きな売上規模が狙えるか、
ほぼ企画の段階で勝負が決まります。

紹介した記事を参考にしていただいて、
ドロップシッピングにおける専門ショップ作りがサクサクと進み
専門ショップ作りを楽しんでいただければ何よりです。

 

それでは、次号もお楽しみに。

 

※この記事は2015年4月2日に配信した『どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)』
のバックナンバーです。

メルマガのご登録はこちら

 

ドロップシッピング十戒(pdf版)好評発売中!

どろっぷしっぴんぐ研究所、初のデジタルコンテンツ
pdf版『ドロップシッピング十戒』好評発売中です。

 

上記のリンク先ではドロップシッピング十戒の一覧や目次も掲載しています。
ご覧いただいてぜひご注文ください。

 

タグ

, ,

2015年4月 8日

どろっぷしっぴんぐ研究所 (19:51)

カテゴリ:公式メルマガバックナンバー

【研究所公式】ドロップシッピングで最低限覚えておきたい専門ショップ5つのパターン(後編)

こんにちは、どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。

Colourful Monmouth St Shops
Colourful Monmouth St Shops / garryknight

 

先週は総合ショップと専門ショップの違いと、
専門ショップの5つのパターンを紹介しました。

・大カテゴリショップ
・お悩み解決ショップ
・小カテゴリショップ
・ブランドショップ
・単一商品ショップ

先週の記事では、専門ショップとしてあまりおすすめしない2つのパターン、
「大カテゴリショップ」と「お悩み解決ショップ」について紹介しました。

今週は、ドロップシッピングを始めて間もない方が、着手しやすい専門ショップ
「小カテゴリショップ」「ブランドショップ」「単一商品ショップ」の
3つのパターンを紹介していきます。

 

3.小カテゴリショップ

例)エナジードリンク、ブルートパーズピアス、チアガール衣装など

小カテゴリと大カテゴリは明確に線引きできるものではありませんが、
商品の機能、特性などの特徴が対象商品に
絞られているかいないかの違いと考えてください。

ドリンクではなく、エナジードリンク
アクセサリではなく、ブルートパーズのピアス
衣装ではなく、チアガールの衣装

この例のように大カテゴリをさらに細分化したものを小カテゴリと考えます。

1)検索エンジンでのキーワード検索回数
検索回数は大カテゴリのキーワードと比べると少なくなります。

2)キーワード検索する人の購入意欲の高さ
検索回数は少なくなりますが、大カテゴリに比べると
購入意欲が高くなるので購入率が高くなる傾向です。

3)競合の数、競合の強さ
検索回数は少なくなりますが、競合も少なくなります。

例えば実店舗でも「ダイヤモンド」だと専門店は無数に存在しますが、
「ブルートパーズ」の専門店というのはほとんどないでしょう。

実店舗ではブルートパーズだけでは需要が少なく
専門店として成立しないからです。

だからこそ、在庫を持つ必要もなく、実店舗や人件費も掛からない
さらには個人レベルできめ細かいショップ運営が可能な
ドロップシッピングの専門ショップならではのチャンスがあります。

 

4.ブランドショップ

例)やさしいマイクロファイバーシャギーラグ、gentos 自転車、soleusなど

ブランド名を軸としたショップがブランドショップです。
このブランド名でも漠然と「ブランド名」とするか、
あるいは「ブランド名+商品属性」という選択肢もあります。

ブランドの知名度や、ブランドの持つ商品ラインナップによっても
どこまで絞り込むかは検索回数と購入意欲の高さによって
判断するとよいでしょう。

1)検索エンジンでのキーワード検索回数
ブランドの知名度によって検索回数が異なります。

2)キーワード検索する人の購入意欲の高さ
知名度と商品ラインナップによって購入意欲の高さに差があります。
ブランドの商品ラインナップが幅広い場合では
購入意欲が高くないことも考えられます。

その時は「ブランド名+商品属性」に絞り込むことで
購入意欲の高いショップにすることも検討しましょう。

3)競合の数、競合の強さ
知名度が高い、需要が大きいという場合は競合数も多くなり、
強い競合がたくさんいる激戦区という場合もあります。

商品選びと同様に、競合の数、強さを見極めて、
競合が少なく需要があるブランド名を選ぶのがコツです。

 

5.単一商品ショップ

例)ホットシャワー5など

1商品に限定したショップです。

検索エンジンで上位表示されれば、
商品を指名買いで購入する人が多く訪れ、
高い購入率が期待できます。

ドロップシッピングを始めて間もない方におすすめです。

ショップ作りのポイント、検索エンジン対策(SEO)、
購入につながるキーワードなどさまざまなことが、
コンパクトなショップの中で学べます。

1)検索エンジンでのキーワード検索回数
商品の知名度によって検索回数が異なります。
ただし、検索回数が少なくても売上チャンスが増えるので
気にしすぎる必要はありません。

2)キーワード検索する人の購入意欲の高さ
今回紹介する専門ショップの中では最も購入意欲が高くなります。
商品を指名買いしようと商品名キーワードからの訪問が期待できます。

3)競合の数、競合の強さ
商品の知名度や需要により異なりますが、
競合が少なく需要がある商品を選定することが
売上につなげるポイントになります。

 

ドロップシッピングではSEOでの集客が利益確保に欠かせない

先週より、大きなくくりの専門ショップから
単一商品の専門ショップまで5つのパターンを紹介してきました。

ドロップシッピングでは、検索エンジン対策(SEO)での集客が
利益確保には欠かせません。

・購入意欲の高いキーワードで検索する人を集客する
・ショップの専門性を高めることで訪問した人の信頼を勝ち取る
・キーワードに対しての専門性を高め検索エンジンの評価を高める

これらを実現するために、ドロップシッピングを始めて間もない方が
専門ショップ作りに着手する場合は、今回紹介した3つのパターンから
専門ショップを企画して作成してみることを提案します。

また、売上が10万円、30万円と売れるようになってきている方は、
さらにもう一桁上の売上を達成するために、

カテゴリを絞り込みつつも需要が伸びそうなカテゴリを見つけ、
1年後から3年後くらいまでの売上を視野に入れて
今から準備を始めましょう。

 

それでは、次号もお楽しみに。

 

※この記事は2015年3月26日に配信した『どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)』
のバックナンバーです。

メルマガのご登録はこちら

 

ドロップシッピング十戒(pdf版)好評発売中!

どろっぷしっぴんぐ研究所、初のデジタルコンテンツ
pdf版『ドロップシッピング十戒』好評発売中です。

 

上記のリンク先ではドロップシッピング十戒の一覧や目次も掲載しています。
ご覧いただいてぜひご注文ください。

 

タグ

, ,

2015年4月 2日

どろっぷしっぴんぐ研究所 (07:14)

カテゴリ:公式メルマガバックナンバー

このページの先頭へ