2013年9月アーカイブ

【研究所公式】ドロップシッピングでのSEOは記事を書く習慣から始めよう

こんばんは、どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。

writing
writing / erichhh

 

9月から、どろっぷしっぴんぐ研究所の研究生制度も
2期目を迎えました。

もしもオフィスで実施した初回の対面講座では、
隣の部屋から机をお借りしてテーブルを延長し、
久しぶりに、十数名での対面講座になりました。

熱心に話に耳を傾けられるだけでなく、
質問も多く、熱気あふれる対面講座でした。

また、今回は研究生制度でもご活躍いただいている
もしも大学公認講師の仙道美也子先生が遠く島根県から
駆けつけてくださり、充実した講座になりました。

 

さて、今日はドロップシッピングでの集客で
SEOを開始するにあたり、記事を書くことの重要性についてです。

 

ドロップシッピングにおけるショップ運営の流れをチェック

本題に入る前に、研究生の対面講座でお伝えしている
ショップ運営の流れをチェックしておきましょう。

毎期、最初の対面講座では、ショップ運営の進め方、
講座の課題への取り組み方、今後に向けての心構えについて
確認していただいています。

・日々のショップ運営を繰り返し行うこと
・課題を通じて学んだことをショップ運営に反映すること
・直近の成果だけでなく長期的な視点で取り組むこと

そして、商品選び、ページ作り、集客という
ショップ運営の中でも最も重要なポイントに絞って
どのような点に注力するかをお伝えしています。

商品選びでは、先日開催しました
『あやこのトライ実践ドリル特集セミナー』でも詳しくお話した、
「競合が少なく、検索されている商品の見つけ方」

ページ作りでは、商品販売ページを開いた時に
パソコンの画面に表示される「ファーストビューの考え方」、
集客では「キーワード広告文6つのチェックポイント」

というように、ショップ運営の流れの確認と
各作業での注意点をチェックします。

 

記事を書くことに慣れるのがSEO最初のステップ

研究生制度の「ノウハウ初級コース」の課題を通じては、
商品を1つ選び、商品ページを作成し、キーワード広告出稿後、
ブログを活用してSEOの取り組みのスタートを切ります。

ブログの活用方法については、質問も多いのですが、
まずは使い方に慣れること、記事を書くことに慣れることが
最初の段階では重要です。

前置きが長くなりましたが、
記事を書くというのは、お仕事や暮らしの中でも
意外と慣れない作業でもあるからです。

 

あやこの実践ドリルを3回繰り返して必要な作業を知る

SEOは、もしもドロップシッピングに取り組む方にとって
関心の高い項目ですが、これから取り組もうという方は、
あやこの実践ドリルを3回くらい繰り返して欲しいと思います。

・ショップの中にオリジナルの文章を書く
・キーワードについて役立つ情報を含めて書く
・販売ページで自分の言葉で商品の魅力を書く
・ブログを通じて、自分の言葉で記事を書く

まずは、どのような作業が必要なのかを知り、
記事を書くことに慣れることが何よりも大切です。

記事が上手く書けないという方も、
もしもドロップシッピングには「イージー★ライター」という
記事作成の補助ツールがありますので、ぜひ活用しましょう。

 

ショップオーナー・Webサイト運営者の役割とは?

記事が思うように書けるようになると、
今後インターネットで何かを行う上では大きな武器になります。

インターネット上のWebサイト運営者の役割とは、
「役立つ情報を提供して問題を解決すること」です。

ドロップシッピングのショップ運営でも例に漏れず、
販売している商品を通してお客様の問題を解決します。

記事を書いて、多くの問題を解決していきましょう。

 

次回の10月19日(土)開催「ドロップシッピング3.0セミナー」では、

もしも大学特待生の卒業生で月商100万円を突破し、
アフィリエーターとしても活躍されている清水克信さんを
ゲストにお迎えします。

清水さんはサイト運営者として、膨大な独自の文章を自ら書き、
インターネットを通じて多くの問題を解決してきました。

現在は、筆耕士としても活動の範囲を広げて、
表彰状や結婚式の招待状を書くなど、さらに多くの問題を
解決しています。

ぜひ、スケジュールを開けて募集を楽しみにしていてください。


それでは、次号もお楽しみに。

 

※この記事は2013年9月19日に配信した『どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)』
のバックナンバーです。

メルマガのご登録はこちら

タグ

, , ,

2013年9月26日

どろっぷしっぴんぐ研究所 (09:19)

カテゴリ:公式メルマガバックナンバー

【研究所公式】ドロップシッピングを通じて成功を収めている人の特徴

こんばんは、どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。

Tokyo Gate Bridge(2020 Tokyo Olympic/Paralympic Special Lighting)
Tokyo Gate Bridge(2020 Tokyo Olympic/Paralympic Special Lighting) / dice-kt

 

2020年、東京オリンピックの開催が決定しました!

メディアでも話題ですが、私自身も真っ先に考えたのは、

「7年後の自分はどんな自分だろう?」
「どんな状況でオリンピックを観るのだろう?」

ということでした。

このことから分かるように、
残念ながら私は観るだけで出場はできないでしょう。笑

しかし、アスリートの夢「自国でのオリンピック出場」に
期待に胸をふくらませている選手もたくさんいると思います。

目指している人にしか、チャンスはありません。

私達も、オリンピック出場を目指さないまでも、
7年後の自分のありたい姿を描いて、実現に向けてチャレンジしたいですね。

 

ドロップシッピングを通じての成功とは?

さて、今週はドロップシッピングを通じての「成功」について考えたいと思います。

ドロップシッピングに必要な知識や技術は多岐に渡ります。

もしもドロップシッピングでは、
主に「商品選び、ページ作り、集客」の3要素で考えますが、
この3つの要素も、さらに細分化することができるものです。

ドロップシッピングの競合ショップには、
規模が大きい会社の通販事業部も含まれ、
それなりの事業規模で通販を行っている会社であれば、

・商品を選ぶバイヤーさん
・ページを作る、専門のWeb制作チーム
・集客を担当するプロモーション担当者

など、複数のメンバーで運用するのが一般的ですが、
ドロップシッピングでは、個人が担当します。

そのため、幅広い知識と、それを実行するスキルが必要です。

もちろん、最初からすべて上手くできる人はいませんが
ショップ運営をマスターするということは、
一通りのスキルをマスターすることができるということです。

 

強みを活かしてショップ運営を成功に導く

得意不得意もあるものですが、一通りのスキルをマスターしたら
より得意なことを武器に競合と勝負するのがポイントです。

「デザインが得意な人はWebデザインで購入率を引き上げる」
「キーワード広告が得意な人は、皆が避ける広告で利益を獲得する」
「SEOが得意な人は、ビッグキーワードでアクセスアップを図る」

このように最終的には得意な作業や自分の強みを活かして
ショップ運営を成功に導いて欲しいと考えています。

その一方で、ドロップシッピングを始められる方の多くは、
ドロップシッピングよりも得意な「何か」を持っているものです。

ドロップシッピングを通じて得たスキル、
例えば、Webデザインやキーワード広告、SEOなどのスキルを獲得した人が、
ドロップシッピングよりも得意なことを活かしたビジネスや活動にそのスキルを活かすことができます。

自分のブログやSNSなどのメディアを駆使し、集客のノウハウを使い、
アフィリエイトの成約数を伸ばすということも可能です。

 

自分が持つ技術を活用したサービスを提供するという考え方

ドロップシッピングを通じて得たスキルであるWebマーケティング以外で
優れたスキルをお持ちの方は多いです。

具体的には、次のようなスキルです。

「書道が得意で仕事にしたかった」
「ヘルパーの資格を持っている」
「車の運転が得意」
「デザインの技術に覚えがある」
「楽天やAmazonに出店した経験がある」

上記の例は、実際に特待生の私のクラスを卒業された方の例です。

「書道が得意で仕事にしたかった」という筆耕士の方は、
筆耕サービスをWebで展開し、集客に成功しています。

「ヘルパーの資格を持ち」、車のラリーという競技で
腕を鳴らし「車の運転が得意」な方は、運転技術を活かして
介護タクシー事業を展開されています。

TVCMの元プロデューサーでデザイン会社を立ち上げた方は
「デザインの技術」を活かし、バカラグラスにデザインを施す
事業を展開されていらっしゃいます。

仕事を通じて「楽天やAmazonに出店した経験がある」方は、
今度はネットショップにドロップシッピングも活用しながら
成果を収めています。

このように、ドロップシッピングで商品を販売する経験は、
自分が持つ技術を活用したサービスを提供するという
事業経営にも通じるものがあります。

ドロップシッピングとは直接関係なくても、
ドロップシッピングで培ったさまざまなノウハウと
個人のスキルを活用して成果を収めているのです。

 

暮らしの中での優先順位を上げる重要性

ここで紹介した事業やサービスは、
いずれも個人で展開されているものですが、
成果につながったのには共通の特徴があります。

それは、他のことよりも自分の暮らしの中で
優先順位を上げることに成功されたことです。

いろいろな可能性を模索してきた中で、
組織や会社から自立されている方が「これで行く」と
自ら決断されたことが大きく影響していると考察しています。

言い訳や、出来ない理由を探すのではなく、
覚悟を決めて「どうしたら実現できるか」ということを
追求してきたからに他なりません。

ドロップシッピングを目的にするだけでなく、
ドロップシッピングを利用して自分が実現したい未来を築く
ということも合わせて意識することをおすすめしています。

そのためにも、ドロップシッピングを始められたのであれば、
まずは、ショップ運営で成果を収めてスキルアップしましょう。

尚、誤解がないように補足すると、
ドロップシッピングが自分に向いていると感じている方は、
そのままどんどん売上を伸ばし、利益を獲得し続けてください。

 

次回の10月19日(土)に開催するセミナーでは、

「ライフワークを生かし、ショップオーナーからサイト運営者へ」
をテーマに、今後のショップ運営の指針となる
「ドロップシッピング3.0」という考え方を提案します。

特別講座では、もしも大学特待生の卒業生でショップオーナーであり、
アフィリエーターでもあり、先ほど紹介の筆耕士としても
筆耕.comで大活躍中の清水委員長こと清水克信さんが登壇してくれます!

筆耕.com

サイト運営者として幅広く活躍されている清水さんに
ドロップシッピング月商100万円突破の経験談や
ご自身のサイト運営までじっくり一コマを割いてお話いただきます。

(参考)清水克信さんの成功事例インタビュー

10/19(土)のドロップシッピング3.0セミナーの
募集準備が整いましたら、このメルマガでご案内します。

ぜひ、スケジュールを開けておいてください。


それでは、次号もお楽しみに。

 

※この記事は2013年9月12日に配信した『どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)』
のバックナンバーです。

メルマガのご登録はこちら

タグ

, , ,

2013年9月19日

どろっぷしっぴんぐ研究所 (08:56)

カテゴリ:公式メルマガバックナンバー

【研究所公式】心が変われば行動が変わるドロップシッピングで目標達成する販売計画

こんばんは、どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。

Team Action - Rage Buggy
Team Action - Rage Buggy / William Hook

 

今週末の9月7日(土)はスタートダッシュセミナー
あやこのトライ実践ドリル特集』です。※このセミナーは終了しました

今回は会場も広くゆったりと受講できるセミナーになりそうです。
懇親会でも、ご質問いただいたり、ゆっくりお話しできると思います。
ぜひ、コーヒーを飲みながら気軽にご受講ください。

 

先週はドロップシッピングでの目標設定についてお伝えしました。

目標を立てることで、
「利益について」「売上について」「いつ達成したいか」
ということを初めて真剣に考えるようになります。

「心が変われば行動が変わる 行動が変われば習慣が変わる 習慣が変われば人格が変わる 人格が変われば運命が変わる」

という言葉がありますが、目標設定によっても、
ショップ運営に取り組む意識が変わります。

そこで、意識の次は、やはり行動を変えていきましょう。

 

販売計画を立てて設定した目標の達成を目指す

行動を変えるという場合、ドロップシッピングにおいては
次の3つのことが大切になってきます。

目標を達成する販売計画
行うべき作業
作業時間の確保

設定した目標を達成するには販売計画を立てることが大切です。

では、どのようにしたら、達成したい期限までに
売上目標を達成し、利益を獲得することができるでしょうか?

計画を立てるということは、
「どのようにしたら達成できるか?」という質問から
「こうしたら達成できる!」という回答を示すことです。

ここでは、短期的な目標設定を例に考えてみましょう。

例えば、「9月中に月商10万円を達成する」という目標を設定しました。

皆さんならどのように達成しますか?

もちろん、答えが示せなくても達成できることもありますが、
「こうしたら達成できる!」という計画を具体的に示し、
行動に移すことができれば、実現の可能性はより高まります。

 

売上目標の全体像を把握する

まずは、全体像を把握することから始めてみてください。

月商10万円を達成するということは、
「商品単価10,000円の商品を10個販売する」ことで達成できます。

他にも、「商品単価×販売個数」の組み合わせとして、

商品単価5,000円の商品を20個販売する
商品単価20,000円の商品を5個販売する
商品単価100,000円の商品を1個販売する

というように、自由に考えることができます。

一般的に、商品単価が低いほど販売しやすく
商品単価が高い場合は、難易度が上がり、
購入される確率は少し下がる傾向になります。

おすすめは、商品単価が5,000程度の商品から、
20,000円程度以下の商品が比較的販売しやすい価格帯です。

 

商品選定は「競合が少なく、検索されている商品」

次にどのような商品を選定していくかを検討します。

仮に「商品単価10,000円の商品を10個販売する」という計画であれば

1つの商品を10個以上販売するという計画もあれば、
10種類の商品をそれぞれ1個以上販売するという計画も立てられます。

前者のように1つの商品に固執した場合、
その商品が売れる商品でなければ、売上につながりにくいので、
おすすめは複数の商品を取り扱うことです。

ここで大切なのは、少なくとも1商品以上を扱っていなければ、
売れる可能性もないということです。
可能性、チャンスを広げると考えて複数の商品を取り扱いましょう。

ドロップシッピングを開始して最初のうちは
「どの商品が何個」という計画は立てにくいものですが、
売上が増えるに従って精度が上がり計画は立てやすくなります。

どのような商品を選べば良いかということについては
今週末のセミナーでも紹介しますが、重要なポイントは

「競合が少なく、検索されている商品」

を選ぶことです。

 

販売計画の次は行動計画を作成する

さて、「10種類の商品をそれぞれ1個以上販売する」という
計画を立て、商品も10種類を選びました。

ドロップシッピングで売上を達成するためには、
商品選び、ページ作り、集客の3つの要素を
繰り返すことが作業として必要です。

そこで、次は行動計画を作成します。

・10商品のページを作成する(いつまでに)
・10商品の販売ページに集客をする(広告出稿 or 検索エンジンで上位表示)

という具合です。これらの行動の結果、
タイムリーに売上につながるように行動計画を作成します。

実際の「商品選び、ページ作り、集客」では
それぞれの要素が関係し合っているので単純ではないですが、
実践するにつれて理解できるようになります。

 

ここまでで、販売計画までは
誰でも簡単に立てられることが理解できたと思います。

しかし、ドロップシッピングの場合は作業が多岐にわたり、
具体的に何から始めたらよいか分からないこともあると思います。

もし「何から取り組んだらいいんだろう?」と
迷っている方には、もしもドロップシッピングでは、
『あやこのトライ実践ドリル』から始めてみてください。

実際に実践している方が、成果を大きく伸ばされています。

 

今週末の『あやこのトライ実践ドリル』を特集したセミナーでは、
ドロップシッピングのスタートで、どのような作業に取り組めば
成果に繋がりやすいか、あやこさんと私とでじっくりお話しします。

9月7日(土)スタートダッシュセミナー『あやこのトライ実践ドリル特集』
※このセミナーは終了しました

「あやこ'ズ ブートキャンプ2013」でVIPコンサルを逃して
悔しい思いをしている方も、ぜひご参加ください。

 

それでは、次号もお楽しみに。

 

※この記事は2013年9月5日に配信した『どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)』
のバックナンバーです。

メルマガのご登録はこちら

タグ

, ,

2013年9月12日

どろっぷしっぴんぐ研究所 (10:16)

カテゴリ:公式メルマガバックナンバー

【研究所公式】目標設定からスタートするドロップシッピングの成長戦略

こんばんは、どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。

Pride and Joy
Pride and Joy / country_boy_shane

 

9月7日(土)東京・池袋で開催する
スタートダッシュセミナー『あやこのトライ実践ドリル特集』
ただいま、募集を行っています。

9/7(土)ドロップシッピング・スタートダッシュセミナー(東京・池袋開催)

今回は株式会社もしもより、あやこさんをゲストに迎えての開催です。

『あやこのトライ実践ドリル』に取り組む上で
注意したい最新の情報や、ドリルを通じて成果を出されている
ショップオーナー様の取り組みもご紹介してくださいます。

終了後には、懇親会も実施しますので、ぜひご参加ください。

 

さて、今週はドロップシッピングを取り組む際に、
ぜひとも行って欲しい、目標設定についてです。

 

ドロップシッピングのショップ運営での成果目標

一言で「目標」といっても、いろいろな目標があると思います。

主に、ドロップシッピングのショップ運営で必要になるのは
売上や利益などの『成果目標』と、作業などの『行動目標』の
2つの種類の目標です。

今週は、ドロップシッピングのショップ運営での成果目標について、
どのように目標を設定するとよいか、その一例をお伝えします。

・利益目標
・売上目標
・それぞれの達成時期

 

利益目標を設定する

ドロップシッピングでは、主に「売上○○万円」「月商○○万円」と
売上でショップの成果を評価することが一般的ですが、
売上がそのまま利益になるわけではありません。

そこで、
「どのくらいの利益を自分が得たいのか?」ということが、
目標設定の出発点になります。

「いつ」「いくら」の利益を得たいかを決めます。
例えば、

「3年後には100万円の収入をドロップシッピングから得る」
「1年後2014年8月に30万円の利益を獲得する」

というような具合です。

これは、単純に自分がどれだけの収入を
ドロップシッピングから得たいかで決まりますから
「えいっ!」と自分が欲しい利益目標を決定しましょう。

目安としては、次の時期に対して利益目標を設定しましょう。

<利益目標>
3年後:
1年後:
半年後:
3ヶ月後:
来月:

ここでは、とにかく今の時点で欲しい利益を書けば良いので
あまり悩まずに決めていきましょう。

コツとしては、未来のより大きな目標から決めて、
それを逆算してイメージしていくとよいでしょう。

これで利益目標が決まりました。

 

売上目標を設定する

次に、利益目標を達成できる売上目標を設定します。

もしもドロップシッピングでは、
商品の利益率が商品ごとに設定されています。

1%のものから、20%以上の高利益率の商品まであり、
変更することも可能なのですが、ここでは計算しやすいように
平均利益率が10%と仮定して考えてみましょう。

仮に、先ほどの例で挙げた、

「3年後には100万円の収入をドロップシッピングから得る」

という利益目標だとすると、

平均利益率10%で達成する場合、
経費がかからなければ、1000万円の売上で
目標である100万円の利益を獲得できる計算です。

<売上目標>
3年後:
1年後:
半年後:
3ヶ月後:
来月:

 

実際には、サーバーやドメインなどのコストや、
キーワード広告を利用すれば広告コストなどの経費が
必要になります。

サーバーやドメインは、年間に数万円程度で済みますが、
キーワード広告を活用する場合は、売上の10%前後のコストが
掛かります。

広告コストを考慮すると、平均利益率が10%以上の商品を
選ぶことが必要になり、さらに多くの売上を達成しないと
同等の利益額は得られなくなります。

このように、目標設定すると、理想のショップ運営像も
ハッキリしてくるというメリットもあります。

 

目標設定するときの注意点

目標設定に当たって躊躇してはいけないことは、

まだ売上もないので・・・
実力もないから私はまだ目標なんて・・・
私のはまぐれだから・・・

と、現時点での自分の状況を考えてしまうことです。

なぜなら、目標を達成する未来の自分は、
今の自分ではなく、目標を達成している自分だからです。

もしかすると、簡単過ぎる目標を立ててしまっていたり、
無謀な目標設定をしてしまっているかもしれません。

しかし、ここで大切なのは、人から与えられたのではない、
目安となる基準を自分で作るということと、
その目安を意識して取り組みを開始するということです。

目標に向けてスタートを切るということが大事なのです。

 

目標を設定すると何が起きるか?

目標を設定したら、来月1ヶ月間は、
できることから始めて、目標を目指してみてください。

そして1ヶ月後、それぞれの目標に対して、
それぞれの実績がどういう結果だったかを比べます。

中には簡単に達成できてしまった方もいるでしょう。
そのような方は、目標設定が低過ぎると考えられますので、
上方修正しましょう。

一方で、目標を達成できない方のほうが多いかもしれません。
その差こそが、自分の理想と現実との差なのです。

また、少し高い目標を設定することで、

・どうしたら達成できるか?
・何をすればよいのか?

ということを初めて真剣に考えるようになります。

それまで、売上を積み上げで考えてきた時には、
思いつかなかったような発想や工夫、アイディアが湧いてきます。

そして、目標は修正してもOKです。

その差を埋めるために、次の月に何をすればよいか考えて、
目標や取り組みを修正していきましょう。

 

ドロップシッピングでの目標設定の最初のスタートは
「どのくらいの利益を自分が得たいのか?」を決めることです。

「いつ」「いくら」の利益を得たいかを決めて
具体的な目標設定を行って、目標達成を目指して
取り組んで行きましょう。

 

それでは、次号もお楽しみに。

 

※この記事は2013年8月29日に配信した『どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)』
のバックナンバーです。

メルマガのご登録はこちら

タグ

, , ,

2013年9月 5日

どろっぷしっぴんぐ研究所 (09:14)

カテゴリ:公式メルマガバックナンバー

このページの先頭へ