2013年1月アーカイブ

【研究所公式】ドロップシッピング3.0で目指す3年後の理想のショップ運営(3年目)

こんばんは、

どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(Daisuke Okunari)です。


2月2日(土)東京は池袋で、今年最初のセミナーを開催します。

2013年ドロップシッピング3.0実践セミナー』 ※満席につき募集を終了しました。

 

テーマは「2013年どのようにドロップシッピングを実践するか?」

前半の2講座は、ドロップシッピング3.0の概要を解説して
今後の実践プランを考えていただく講座です。

そして、今回はとっても素敵なゲストをお招きしています。

昨年の年末商戦で月商100万円突破し、年末売上賞を獲得した
高橋優子さん(ゆーさん)をお迎えし、【特別企画】として
達成記念『成功事例インタビュー』を行います。

年末商戦という最直近の成功事例について、
直接ショップオーナーの方から生の声が聞ける数少ない機会。
ゆーさんのご厚意で実現した少人数講座ならではの特別企画です。

コーヒーなど飲みながらゆったり受講いただける
いままでにないセミナーですので、ぜひ気軽にご参加ください。

 

さて、先々週より2013年のスタートにあたり、

『ドロップシッピング3.0で目指す3年後の理想のショップ運営』

と題して、ドロップシッピングのショップ運営の
3年間の流れについてお伝えしています。

3週目の今週は、ドロップシッピングを始めて3年目の取り組みについてです。

 

◎ ドロップシッピング3.0の3年目は自分のテーマを軸にブランド力アップを目指す

1年目ではショップ運営の基礎をマスターし、
商品を販売するスキルをしっかり磨く。

そして、2年目では、身につけた商品販売のスキルと活用して
得意分野の作業に注力し、切り口を変えながら
1年を通して売上が発生するような状況を目指します。

3年目では、自分のテーマを軸にブランド力アップを目指します。

 

1.あなたにしか書けないコンテンツを書く

ドロップシッピングやサイト運営には
さまざまなノウハウ、スキル、テクニック、ツールがあります。

もちろん、それらを有効に活用して欲しいと思います。

検索エンジンで上位表示
購入率の高いショップ制作
成約率の高い記事の作成
ソーシャルメディアで情報を拡散
アクセスアップ

など、さまざまな可能性が高まります。

しかし、最も大事なのはコンテンツであり、掲載されている情報です。

ドロップシッピングを3年間続けられているということは、
それだけで大きなアドバンテージがあります。

ドロップシッピングだけでなくサイト運営というものは、
続ければ続けるほどコンテンツが増え、価値が高くなるからです。
また、書き続けていればスキルも上達します。

 

ドロップシッピング3.0の1年目では、
とにかく作業を優先するようにお伝えしました。

作業を行ってみないことには、良し悪しも判断できないからです。
2年間継続してショップ運営を行うと、どのようなことが効果的なのか、
どのような作業が無駄になるのかがよく分かります。

その上で、3年目を迎える頃には、他の人には書けない
あなた自身にしか書けないコンテンツを書くことを意識します。

 

2.フリーのフィールドに進出を目指す

ドロップシッピングを2年間継続し、
軌道に乗せることができたとしたら
WEBのマーケティングに精通していることになります。

逆に言うと・・・

WEBマーケティングがレベルアップできないと
ショップ運営やサイト運営は行き詰まり、
上手く行かないとも言えます。

ですので、キーワード広告や検索エンジン対策(SEO)は
1年目から取り組み、当たり前に作業できるように
なっておきましょう。

 

また、ツイッターやフェイスブックなども
抵抗なく利用できるように情報収集からスタートします。

ブログ記事などからシェアし、情報を発信する習慣を身につけて
どのような記事や投稿が自分をフォローしてくれている人に
受け入れられているのかを知ることも大切です。

検索エンジンに頼らなくても、ソーシャルの力を借りて
プロモーションを展開できるようにスキルを上達させましょう。

 

では、ドロップシッピング3.0で心得た
WEBマーケティングをさらにどう活用するかということですが、

・商品を仕入れてネットショップを運営する
・自分で製作した商品を販売する
・実店舗や実サービスの集客
・アフィリエイトを用いたサイト運営の収益化、
・所属する団体の宣伝
・自分の個人的な活動やライフワークのPR
など

多岐に渡って活用することができる貴重なスキルになります。

特に注目して欲しいのは、商品やサービスを開発できたなら、
すぐにでもサイトを開設して商品を販売したり
サービスを提供できる状況にあるということです。

このように、ドロップシッピング3.0を実践することにより
ドロップシッピングのショップ運営を起点に、複業としても
フリーのフィールドで活躍できる可能性があるのです。

 

3.理想のライフスタイルの実現を目指す

私自身もそうでしたが、ドロップシッピングを始めた理由は
ドロップシッピングで成果を出すことがゴールではないはずです。
収益を得て、別の何かを実現するのが目的ではないでしょうか。

ドロップシッピングは、
理想のライフスタイルの実現を助ける手段の1つです。

 

では、あなたの理想のライフスタイルは
具体的にどのようなライフスタイルでしょうか?

より具体的にイメージできるように3年後を思い描いてみましょう。

3年後、あなたは、

どのような人になっていたいですか?
どのような場所で暮らしていたいですか?
どのように自分の持ち時間を使っていたいですか?
どのような人と一緒に過ごしていたいですか?

まずは、これらを明確にして、目指してみることから
ドロップシッピング3.0の入り口に立ってみてください。

 

もし、今の時点で自分の思い描く理想のライフスタイルが
明確でなくても大丈夫です。今から具体的に描いてみましょう。

 

もしかすると、その通りにはならないかもしれません。
その通りにはなっていないことの方が多いかもしれません。

しかし、可能性をあきらめずにチャレンジする限り、
理想のライフスタイルを思い描いたときと比べて
3年後には、いくつかの思い描いたことが実現できていたり、
理想のライフスタイルに1歩でも近づいているのではないでしょうか。

これこそが、ドロップシッピングを成功に導くモチベーションそのものです。

 

さて、3週にわたって
『ドロップシッピング3.0で目指す3年後の理想のショップ運営』を
テーマにお伝えしてきました。

ソーシャルの力を借りてプロモーションを展開する
新時代のドロップシッピング『ドロップシッピング3.0』では、
3年計画で自分の理想の状況を目指すようにおすすめしています。

理想というのは、自由に思い描いてOKです。
心の底から思うならどんなことでも構いません。

自分自身が本当に実現したいことは何だったのか思い出し
「もしも~だったら」という個人の願いを込めて
3年後の夢を膨らませてください。

 

それでは、次号もお楽しみに。

 

※この記事は2013年1月24日に配信した『どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)』
のバックナンバーです。

メルマガのご登録はこちら

タグ

, , ,

2013年1月31日

どろっぷしっぴんぐ研究所 (09:50)

カテゴリ:公式メルマガバックナンバー

2/2(土)東京・池袋開催『2013年ドロップシッピング3.0実践セミナー』募集開始

2013年ドロップシッピング3.0実践セミナー

こんにちは、もしも大学公認講師の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。
『どろっぷしぴんぐ研究所』2013年セミナー企画の第1弾として、東京・池袋でセミナーを開催します。テーマは「2013年どのようにドロップシッピングを実践するか?」です。

2013年ドロップシッピング3.0実践セミナー

最新のショップ運営術を学ぶ講座に加え、【特別企画】成功事例インタビューでは昨年の年末商戦で月商100万円突破した高橋優子さん(ゆーさん)をゲストにお迎えし、成果につなげるための具体的なノウハウを学んでください。

お申し込みはこちらをクリック

今すぐお申込みの方はこちらをクリック

満席になり次第、参加のお申込み受付を終了させていただきます。
満席の為、募集を締切らせていただきました。

ここがポイント!このセミナーで学べること

2013年どのようにドロップシッピングを実践するか

今後のショップ運営の指針となるドロップシッピング3.0の考え方を学び、2013年どのように取り組んでドロップシッピングを実践すればよいのかが明らかになります。

  • どのようなショップを作成して運営すればよいか
  • どんなブログをどのように運営するべきか
  • ツイッターやフェイスブックはどのように活用するのか
  • ライフワークをコンテンツに変え個人の未来を創造する方法

目玉は何といっても特別企画『成功事例インタビュー』

昨年の年末商戦で月商100万円突破した高橋優子さん(ゆーさん)をゲストにお迎えして、これまでの取り組みについてじっくりお話を伺います。

直近で成果が出た事例について、直接ショップオーナーの生の声が聞ける数少ない機会。高橋さんのご厚意で実現した少人数制のセミナーならではの特別企画です。

  • 検索エンジン対策(SEO)実践のポイント
  • ブログはどのように活用するのか
  • 月商100万円突破に至るまでの取り組み
  • ショップ運営を継続する秘訣

講座詳細

第1講座:最新ドロップシッピング3.0概要説明

講師:奥成大輔(もしも大学公認講師)

奥成大輔セミナー

ドロップシッピングの集客方法も最近大きく変わりました。キーワード広告(PPC)と検索エンジン対策(SEO)の検索エンジン経由の集客だけではなく、ソーシャルの力をレバレッジにプロモーションを展開する最新のドロップシッピング手法「ドロップシッピング3.0」の概要をお伝えします。ライフワークをコンテンツに変え、ショップオーナーからサイト運営者へ。

第2講座:2013年ドロップシッピング3.0を実践しよう

講師:奥成大輔(もしも大学公認講師)

2013年はどのようにショップ、ブログ、ソーシャルメディアを活用するべきなのか、その実践方法を提案します。どのようなショップを作成して運営すればいいのか、ブログといってもどんなブログをどのように運営すればいいのか、ツイッターやフェイスブックはどのように活用すればいいのか、スキルアップを果たしながら実践できる具体的な方法を提案します。2013年、自分で実行できるプランを立てましょう。

第3講座:特別企画【成功事例インタビュー】年末商戦で月商100万円突破!

ゲスト:高橋優子さん(ゆー:yuex)

年末売上賞

昨年の年末商戦で遂に広告費を使わずに検索エンジン対策(SEO)だけで月商100万円を突破した高橋さん。もしもグランプリでは年末売上賞も獲得しました!今回は受賞を記念して成功事例インタビューを引き受けていただきました。ドロップシッピング初心者から昨年末の年末商戦まで売上を大きく伸ばした取り組みまで、少人数のセミナーだからこそお話しいただけるショップ運営の秘訣に迫ります。

※講座内容につきましては、予告なく変更となる場合がございますのであらかじめご了承ください。

セミナー参加者限定の豪華特典

  • 【特典1】もしも売れ筋商品リスト

    ・直近売上トップ100(PC、モバイル、スマートフォン)

    株式会社もしも提供の、セミナー参加者限定の売れ筋商品リストをお配りします。
    今回は特別企画にちなんで、昨年の12月のデータを配布します。

  • 【特典2】セミナー参加者限定Facebookグループにご招待

    セミナー参加者限定のFacebookグループへご招待します。

    セミナー終了後、奥成宛にフェイスブックで友達リクエストを送付いただき、メッセージで「2/2池袋セミナー参加しました」旨ご連絡いただいた方から招待させていただきます。セミナーの内容に関して質問がある場合などにお役立ていただけます。

  • 【特典3】フリードリンク付

    この講座はドリンク付です。
    コーヒーなど飲みながらリラックスして受講できる対面講座です。

 

講師紹介

奥成大輔(オクナリダイスケ)

奥成大輔

1968年神奈川県生まれ、栃木県那須烏山市在住
1992年、大学卒業後(株)本田技術研究所に入社。2002年に豊かな自然と環境の良さにひかれ那須烏山市に移住する。2008年、ライフスタイルを見直すことがきっかけで退社し独立。2009年もしもドロップシッピングに登録。もしも大学特待生7~9期を経て、2010年1月より「個人就労の常識を変え、ライフスタイルを革新する」をテーマにもしも大学公認講師としてドロップシッピングの普及活動、講師活動を行っている。どろっぷしっぴんぐ研究所代表。

【ゲスト】高橋優子さん(HN:ゆー、yuex)

yuexさん

東京都在住。
友人に誘われてドロップシッピングを始めたが2007年頃。趣味系ブログで記事は書いていたものの、サイトを作る知識はゼロ。HTMLもCSSも、ナニソレ??の状態からのスタートでした。もしもドロップシッピングを本格的に始めたのは2008年。もしも大学の特待生制度で3期、4期を受講。現在、サイト作成はMTOS、WordPressがメイン。ショップは、もしもAPIを利用したショップ構築システム、オールマイティプロでショップメンテナンスの時短化、自動化を計ってます。

ドロップシッピングの達人が教える! <売上別>成功体験BEST54 (得する<コレだけ!>技)掲載。

セミナー詳細

開催日時
2013年2月2日(土) 13:30受付開始
時間・講座数
13:45~16:15 3講座(特別企画【成功事例インタビュー】含む)
会場
マイスペース&ビジネスブース 池袋西武横店 4号室

東京都豊島区南池袋1-16-20 ぬかりやビル2階
交通案内
JR池袋駅東口西武百貨店側から徒歩6分


大きな地図で見る
受講料
  • 事前お支払割引:5,000円(税込)2月1日(金)まで
  • 当日お支払:6,000円(税込)
  • 当日お支払:特待生優待割引
1)事前お支払割引は、銀行振込となります。
2)銀行振込先については申し込み確認メールにてご案内します。
銀行振込にてお支払の場合、振込手数料はご負担くださいますようお願いします。
3)特待生優待割引はもしも大学特待生在籍中の方、奥成クラス交流会メンバーの方が対象です。

お申し込み

【定員は13名】席に限りがございます。
満席になる前にお早めにお申し込みください。

お申し込みはこちらをクリック

お申し込みはこちらをクリック

※満席になり次第、参加のお申込み受付を終了させていただきます。
満席の為、募集を締切らせていただきました。

お問い合わせ

お問い合わせ
ご不明な点はメールでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ、メッセージはこちらから。
連絡先 info@ds-lab.jp

主催
どろっぷしっぴんぐ研究所 奥成大輔(オクナリダイスケ)

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー

タグ

, , , ,

2013年1月24日

どろっぷしっぴんぐ研究所 (15:37)

カテゴリ:セミナー

【研究所公式】ドロップシッピング3.0で目指す3年後の理想のショップ運営(2年目)

こんばんは、

どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(Daisuke Okunari)です。

 

どろっぷしっぴんぐ研究所がある那須烏山市も、
先日は大雪の影響で約10cm程度積もりました。

一時期は積雪30cmという予報もあり、どうなることかと思いましたが、
低気圧が早く抜けてくれて助かりました。

もしかすると多くの方が、

「那須烏山は雪深い地だ」

と、思われていそうですが・・・

実は、栃木県内でも海のある茨城県に近く太平洋寄りの気候です。

そのため、北関東でも雪が降りにくいことからゴルフ場も多く、
みかんの北限でもあり、那須高原や軽井沢、八ヶ岳などと比べると
皆さんの想像よりはきっと温暖です。

ぜひ、機会があれば那須烏山市にお越しください。

 

さて、先週より2013年のスタートにあたり、

『ドロップシッピング3.0で目指す3年後の理想のショップ運営』

と題して、ドロップシッピングのショップ運営の
3年間の流れについてお伝えしています。

2週目の今週は、ドロップシッピングを始めて2年目の取り組みについてです。

 

◎ ドロップシッピング3.0の2年目は自分を棚卸してレベルアップをはかる

1.自分の得意分野を認識する

1年間継続できると、恐らく一定の売上が上げられるようになり、
売上アップに向けて何をすればよいのかが明らかになります。

この時期、特に意識して欲しいのは自分の得意分野です。
これは、作業の面と取り扱いジャンルの両方で意識して欲しいです。
作業ということでは、ドロップシッピングでは、

・商品選び
・ページ作り
・集客

それぞれの作業を行います。
この3つの要素の中でどのような作業が得意かによっても
注力すべきポイントが変わってきます。

特にドロップシッピングは作業内容が多岐に渡りますが、
限られた時間の中では、全ての弱点を克服するよりも
自分の得意な作業を中心に成果を伸ばすのがポイントです。

・競合の少ない商品を見つけるのが得意な人
・ページ作成が得意な人
・文章を書くのが得意な人
・SEOが得意な人
など

得意なところを伸ばすことで競合とも差別化できます。

 

2.ショップの切り口を考える

2年目頃からはじっくり腰を据えて、
年末まで1年間の流れに沿って各季節に売れる商品を扱える
ショップやブログを作成しましょう。

じっくりとコンテンツを充実させたショップやブログは、
すぐに成果が出るとは限りませんが、検索エンジンでは経年による
実績も加味され長期にわたって売上が期待できます。

この2年目の時期に大切なことは、
どのような切り口でショップを作成するかです。

さまざなな切り口が考えられます。

例えば、商品を基準に考えると次のようなケースです。

・商品名
・ブランド
・カテゴリ

商品名なら短期的に利益を獲得しやすいと考えられます。
また、ブランドやカテゴリではより大きなアクセスを集めることが
できるようになると考えられます。

ただし、商品名やブランド名でショップを作成した場合
取り扱い終了や在庫切れなどによる終売のリスクもあるので
注意が必要です。

そうはいっても、在庫を持っているわけではありませんし、
終売に伴ってアマゾンや楽天にリンクさせることで
アフィリエイトで成果を発生する道も残されています。

 

他にどのような切り口があるかというと、
出来事やイベント、季節に合わせたショップが考えられます。

これからの季節なら、バレンタインデーやホワイトデー、
新生活、防災準備、結婚式、ゴールデンウィーク、アウトドア
などがあります。

これらをさらに分類することで、
さらに購入意欲の高いお客様のニーズを満たせたり、
競合の少な状況でショップ運営できるかもしれません。

 

3.自分のテーマを意識する

1年目ではショップ運営の基礎をマスターし、
商品を販売するスキルをしっかり磨いて欲しいと思います。

2年目では、身につけた商品販売のスキルと活用して
得意分野の作業に注力し、切り口を変えながら
1年を通して売上が発生するような状況を目指します。

しかし、ドロップシッピング3.0の最終的な目的は、
ショップやサイトあるいは個人のブランド力高め、ソーシャルの力を
レバレッジにプロモーションを展開できる実力をつけることです。

そのためにも、ショップ運営やブログ運営では、
自分のテーマを意識して行っていきましょう。

なぜなら、自分の苦手なところでは、ショップにしても
情報サイトにしても、ブログでの情報発信にしても
ブランド力を高めることが難しいからです。

テーマについては、自分が好きなことや得意なこと、
趣味、こだわり、興味や関心を持っていることなどを
思いつくまま片っ端から挙げてみてください。

そうすると、自分の傾向が分かり、
どのような方向に進んでいきたいかを加味すると、
取り扱いたいテーマがいくつかに絞れると思います。

例えば、私の場合だと

ドロップシッピング
レーシングカート
ダイエット
那須烏山ライフ

などのテーマに絞ることができます。

 

このようにして、2年目は通年で安定した売上が発生するように
チャンスの拡大に全力を挙げつつ、次のステップに向けて
自分自身を棚卸してみましょう。

ドロップシッピング3.0のスタートから3年後を見据えて
自分自身の進みたい方向を思い描いてください。

 

では、来週は3年目の流れについて考えていきます。

次号もお楽しみに。

 

※この記事は2013年1月17日に配信した『どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)』
のバックナンバーです。

メルマガのご登録はこちら

タグ

,

どろっぷしっぴんぐ研究所 (11:14)

カテゴリ:公式メルマガバックナンバー

【研究所公式】ドロップシッピング3.0で目指す3年後の理想のショップ運営(1年目)

こんばんは、

どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(Daisuke Okunari)です。

 

ソーシャルの力を借りてプロモーションを展開する
新時代のドロップシッピング、『ドロップシッピング3.0』では、
3年計画で自分の理想の状況を目指すようにお伝えしています。

その理想というのは、どんなことでも構わないのですが・・・

もしもドロップシッピングのショップオーナーの方であれば、
ぜひ「もしも」の名称の由来でもある「もしも~だったら」という
個人の願いを込めて3年後の夢を膨らませて欲しいと思います。

 

さて、今週からは2013年のスタートに当たって、

『ドロップシッピング3.0で目指す3年後の理想のショップ運営』

と題して、ドロップシッピングのショップ運営の
3年間の流れについて考えていきたいと思います。

 

ドロップシッピングを始める状況は
お一人お一人違いますが、インターネットで集客する方法や
ネットショップの経験がない人を想定して考えてみます。

1週目の今週は、ドロップシッピングを始めて1年目の取り組みについてです。

 

ドロップシッピング3.0の1年目はショップ運営の基礎固めに徹する

1.分からないなりにも手を動かして作業してみる

ほとんどの人が最初は右も左も分からない状況で
ドロップシッピングを始めたのではないでしょうか。

それでも、まずは何かをしないと始まりません。

私も、もしもドロップシッピングに登録してすぐ、
「できすぎくん」というツールを使い、ただなんとなく欲しいと思った
ボッテガヴェネタのお財布のページを作りました。


その時の作業で感じたことは2つありました。

「なるほど、こういう手順でページができるんだな」

ということと、

「でも、これだけじゃ売れないな」

ということの2つです。

しかし、最初に手を動かしてみなければ
このような簡単なことにさえ気づかなかったと思います。

このことから分かることは、作業したことによって
初めて次のステップが見えるということです。

 

2.初売上を達成し月商10万円を目指す

ドロップシッピング最初の目標は初売上の達成です。

そのためにも、まずは何度も繰り返しショップを運営し
作業を実践することです。

作業に抵抗がなくなるまで実践を繰り返して
初心者のショップオーナーの方に教えることができるくらいまで
習熟することを目指してください。

ここでのコツは1つだけです。

「商品選び、ページ作り、集客」の3つの要素を、
繰り返し行って、作業するたびにレベルアップできるように
日々学んだことをショップ運営に反映することです。


初売上を達成したら次は月商10万円を目指しましょう。

いつ達成できるかは、作業内容にもよりますが、
早い人で1ヶ月程度、なかなか作業の時間が取れないという方は
1年間かけてでも、達成するまで続けてください。

目安としては「検索されていて競合の少ない商品」を取り扱って、
初売上を目指す段階では10商品から30商品。

月商10万円を目指す段階では
おおよそ100商品に集客できている状態を目標に作業しましょう。

全体の作業の流れについては、こちらの記事を参考にしてください。

【研究所公式】ドロップシッピングで商品を販売することができていますか?


また、「時間が取れない」という方もいらっしゃると思います、
ドロップシッピングは単純作業が多いことからも
作業内容が同じであれば売上は作業時間に比例する傾向です。

ですので、時間が取れない場合でも
「こつこつとチャンスを増やし続ける」という意識で継続し、
商品を販売できるショップオーナーになるのが1年目の使命です。

 

3.恐れずに最初のステップを踏み出してチャレンジする

ドロップシッピングを始めたのだから売上が欲しくなるのは当然です。
しかし、最初から売れたという人の多くは次のいずれかのケースです。

・元々何かしらの経験があった
・偶然、最初に選んだ商品がヒットに恵まれた


※売上に偶然ということはありません。
作業をしたからこそ売上につながっているわけです。
それがたまたま1つ目だったということが幸運に感じられるのです。


また、成功事例を見ると、
実に見事な魅力的なショップを作られている方や
月商1000万円を超える売上を達成した方もいらっしゃいます。

最初は魅力を感じた成功事例も後で振り返ると
気が遠くなってしまうかもしれません。

しかし、成功事例に掲載されている方々も
最初から全て完璧にできていたわけではありません。


1年目はショップ運営の基礎固めに徹しましょう。

売上を追求する以前に、ショップ運営の一連の作業である
商品選び、ページ作り、集客の3つの要素を滞りなく
作業できるようになること。

商品を販売できるショップオーナーになるのが1年目です。


私も最初は売上ゼロでした。
私自身のドロップシッピング1年目のチャレンジの記録が残っていました。

本日より、こちらのブログで掲載を開始します。

もしも大学特待生日記 第1日目「よろしくお願いします!」

スタートのダメさ加減からきっと多くの方に
勇気を持ってもらえると思います(笑)


最初は何ごとも不安なものですが、
恐れずに最初のステップを踏み出して
2013年のチャレンジをスタートしてください。

 

では、来週は2年目の流れについて考えていきます。


尚、『ドロップシッピング3.0』という言葉が今回初めてという方は
以下のリンク先の記事を参考にしてください。

2012年新時代を勝ち抜く「ドロップシッピング3.0」とは

セミナーを受講してドロップシッピング3.0 de 成功する5ステップ

 

では、次号もお楽しみに。

 

※この記事は2013年1月10日に配信した『どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)』
のバックナンバーです。

メルマガのご登録はこちら

タグ

,

2013年1月17日

どろっぷしっぴんぐ研究所 (10:34)

カテゴリ:公式メルマガバックナンバー

【研究所公式】2013年どろっぷしっぴんぐ研究所 奥成大輔より年頭挨拶

新年、あけましておめでとうございます。

どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(Daisuke Okunari)です。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

2010年の1月1日に設立したどろっぷしっぴんぐ研究所ですが、
お陰さまで、設立3周年を迎えることができました。

これもこのメルマガをお読みいただいている読者の皆さま、
セミナーや特待生を受講いただいた皆さま、もしも大学の皆さま、
活動を応援していただいている全ての皆さまのお陰です。

いままでのご支援に心から感謝しております。

 

今まで、どろっぷしっぴんぐ研究所ではコンテンツの提供と
もしも大学の特待生講座を中心に活動してきました。

2013年、どろっぷしっぴんぐ研究所ではスクール運営を軸に
さまざまなセミナー、講座を開催する方向に舵を切ります。

これにより、より多くの方に、正しい情報とノウハウを提供し、
もしもドロップシッピングのショップオーナーの皆さまや
フリーでの活動を目指す個人の方に貢献したいと考えています。

 

今年最初の研究所公式メルマガの配信では、
2013年のどろっぷしっぴんぐ研究所の取り組みについて
紹介していきます。

 

◎ ドロップシッピング3.0のノウハウ提供

ドロップシッピングのノウハウ提供については
昨年より提唱している『ドロップシッピング3.0』の考え方に基づいて
より多くのショップオーナーの皆さまにお届けします。

具体的には、『ネットで稼ぐ!ドロップシッピング3.0セミナー』の
未開催主要都市での開催と、より詳しくコンテンツの体系化を行って
何らかの方法で提供したいと考えています。

 

◎ 大好評の特待生講座の継続

ご好評いただいております、特待生のノウハウ初級コース、
ステップアップコース、およびそれぞれの対面講座については
従来と同様、精力的に取り組みます。

引き続き、成果を着実に伸ばしていただけるように
さらに内容を充実しつつ継続していきます。

 

◎ もしも奥成クラス交流会

特待生奥成クラスの卒業生の方がご参加いただける
コミュニティ『もしも奥成クラス交流会』を運営しています。

こちらについては、ドロップシッピングのショップ運営、
サイト運営、新規事業の検討、事業や活動の推進などについて
さまざまな情報を共有できる勉強会を毎月1回開催してきました。

本年も継続して実施し、フリーで活動している方や
ネットショップ運営者の方、個人事業家の方への
サポート強化をはかります。

尚、今年もどろっぷしっぴんぐ研究所での
夏合宿を開催したいと思います。

 

◎ 定期セミナー・講座の開催

東京および栃木県内で定期セミナー・講座を開催します。

内容はドロップシッピングのノウハウ提供および、
サイト運営に役立つ内容について講座を構成します。

従来のドロップシッピングセミナーと違った切り口で
もしもショップオーナーの方に役立つ講座を検討します。

ドロップシッピングのショップ運営やサイト運営などに
チャレンジしている実践者、成功者に登場してもらえる機会を増やし、
より実践的で最新の情報を提供できるように努めます。

 

◎ どろっぷしっぴんぐ研究所『オープンラボ』の開始

那須烏山市にあるどろっぷしっぴんぐ研究所を解放して、
勉強会や交流会などを開催します。

今のところ月に1度程度を予定しています。

ローカルタウン那須烏山の訪問を楽しんでいただき、
ふくちゃんはじめ、どろっぷしっぴんぐ研究所の
所員とも触れ合っていただければ嬉しいです。

 

◎ 『東日本大震災被災地支援』合宿イベントの開催

2011年3月11日の東日本大震災で被災した牡鹿半島で
営業を再開した民宿にて1泊2日程度で合宿イベントを
検討しています。

復興に取り組む地域に足を運び、メディアを通じてではなく、
自分の目を通して現状を知り、私たち個人ができることを考える
機会にしていただけたらと考えています。

 

◎ もしもカート部のK-TAI参戦

どろっぷしっぴんぐ研究所の取り組みではありませんが、
昨年より活動を開始したMKBこと『もしもカート部』。

今年8月11日(日)に開催されるレーシングカートイベント
『K-TAI(ケータイ)』に参戦します。

活動については、随時こちらのブログで紹介していきますので
ぜひ注目してください。

もしもショップオーナーがK-TAIにチャレンジしたなら

 

www.daisukeokunari.comの運営

こちらもどろっぷしっぴんぐ研究所の取り組みではありませんが、
『40代から「プロレーシングドライバー」という非常識な夢の実現を目指す』を
コンセプトに、今年から新たなチャレンジを開始します。

私の夢はプロのレーシングドライバー

とても非常識な挑戦ですが、ここから得られた経験やノウハウを、
皆さまの活動や取り組みにも役立ててもらえるよう
フィードバックしていけたらと考えています。

     「可能性をあきらめない限り夢は実現する」

という言葉は、このメルマガの創刊号でもお伝えしましたが、
私自身も本当に実現したいことから逃げずにチャレンジしたいと
思い立ちました。

まだまだこれからですが、このメルマガをお読みいただいている
皆さまにも応援していただけると心強いです。

 


では、あなたにとって素晴らしい1年としていただけるよう、
私も一緒に全力でチャレンジします。

本年も、どろっぷしっぴんぐ研究所ならびに研究所公式メルマガを
何卒よろしくお願い申し上げます。


次号もお楽しみに。


※この記事は2013年1月3日に配信した『どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)』
のバックナンバーです。

メルマガのご登録はこちら

タグ

, , ,

2013年1月10日

どろっぷしっぴんぐ研究所 (10:52)

カテゴリ:公式メルマガバックナンバー

【研究所公式】2012年どろっぷしっぴんぐ研究所が選ぶドロップシッピングニュースベスト10

こんばんは、

どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(Daisuke Okunari)です。

 

2012年も残りわずかになりました。

このどろっぷしっぴんぐ研究所公式メルマガも、
この号で今年最後の配信です。

今年最後となる今週は、昨年に引き続き、
どろっぷしっぴんぐ研究所が独断と偏見で選ぶ、
2012年のドロップシッピングニュース ベストテンを発表します。

 

では、早速いってみましょう!

 

▼ 第10位 もしも大学特待生奥成クラス「宇都宮コース」開講1周年

昨年9月よりスタートした
栃木県宇都宮市で対面講座を行う「宇都宮コース」。
お陰さまで1年間継続することができました。

宇都宮コースは毎期ごく少人数の講座ですが、
その反面、私もさまざまな面で勉強させていただきました。

実際に受講された皆さんは、しっかり売上実績を積み上げ
次の展開に向けてスタートを切られています。

現在の特待生22期ではノウハウ初級コースも併設。
栃木県ショップオーナーの皆さまの売上アップに貢献できるよう
今後も積極的に栃木県内で活動の機会を増やします。

 

▼ 第9位 研究所の2013年のスローガン『Think Simple』を制定

2012年のスローガンは『JUST DO IT』でした。

全てのことにおいて即実行というわけにはいきませんでしたが、
自分が貢献できることには全力で取り組めた1年でした。

来年2013年はさらにチャレンジを増やす年にしたいです。
そのためにも心ときめくことだけに集中したいと考えています。

そこで、2013年のスローガンは『Think Simple』。
チャレンジを増やすためにも、シンプルに考えていきます。

常識にとらわれたり、狭い枠の中だけで考えないように
ロゴを囲んでいた四角い枠も取り払いました。

□ 『Think Simple

 

▼ 第8位 もしもショップオーナーが集う数々のイベント

今年も、もしもショップオーナーの皆さまと数々のイベントで
お会いすることができました。

毎年恒例のイベント『集っチャオ!2012』、
株式会社もしも主催の『年末商戦決起集会』、
そして年末は『もしもDS仲間たちとの年忘れ飲み会2012』。

ドロップシッピングは普段は1人での作業がほとんど。

だからこそ、自分の取り組みが正しいのかどうか分からずに
不安になるものです。だからこそ積極的に取り組んでいる
仲間とのつながりが大切だったりするのです。

来年もイベントや懇親会でお会いするのを楽しみにしています。

 

▼ 第7位 もしも大学特待生講座が大盛況

昨年、内田のお兄さんこと内田事務局長と企画を温めて
もしも大学特待生コースに追加したノウハウ初級コースが
今年に入って大盛況となりました。

事務局長も今年からあやこさんにバトンタッチ。
公認講師にも神谷先生、仙道先生の女性講師人が加わり
さらにパワーアップ。

売上ゼロから初売上を目指すノウハウ初級コースでしたが、
フタを空けてみれば、月商10万円を超える受講生が何名も
誕生しました。

 

▼ 第6位 1泊2日どろっぷしっぴんぐ研究所で夏合宿

特待生の方から卒業を記念して、

「どろっぷしっぴんぐ研究所を見学したい!」

ということで、BBQなどで盛り上がりながら
ドロップシッピング談義していただければと夏合宿を
企画しました。

もしもドロップシッピングで食材を注文して
商品の撮影会を行い、実際に調理、試食することで
ショップ運営にも役立てていただきました。

翌日は、那須烏山の名所である龍門の滝を見物し、
午前中は勉強会、その後、那須高原の森林の牧場へ。

ちょっとしたハプニングもありましたが、
とても盛り上がった2日間でした。
2013年もぜひ企画したいイベントです。

当日の様子はこちらで紹介しています。

もしも亀山社中をショップオーナー仲間と一緒に食べたなら

 

▼ 第5位 「成功事例インタビュー」をもしも大学特待生対面講座で開催

2011年の秋に清水克信さんを迎えてスタートした「成功事例インタビュー」。

今年2012年は、阿比留里佳子さん、高橋優子さん、
そして乗松せりなさんをゲストに3ヶ月に1度の
レギュラー講座となりました。

来年2013年も1月に開催する予定で、
阿比留さんに続いて久しぶりに奥成クラスの卒業生の方を
お迎えする予定です。

その様子は、もしも大学公認講師のノウハウ研究リレーブログで
レポートしますのでお楽しみに。

過去の成功事例インタビューの様子はこちら。

ドロップシッピングでクリアしたい3つのステップ(清水克信さん)

ブログ集客で大成功!特待生講座で成功事例インタビュー(阿比留里佳子さん)

専門ショップと3つのブログが成果を生む秘訣(高橋優子さん)

迷ったらチャレンジ!毎日のブログ投稿が成果の秘訣(乗松せりなさん)

 

▼ 第4位 特待生卒業生のフェイスブックグループ「奥成クラス交流会」1周年

もしも大学特待生の在籍期間は長くても1年間という制限があります。

対面講座を通じて知り合ったショップオーナー同士が
卒業してからも交流でき、レベルアップを目指す目的で
奥成クラスの卒業生を対象にフェイスブックグループを作りました。

それが昨年の12月。
今年の12月でちょうど1周年を迎えました。

メンバーを対象とした勉強会を毎月1回開催しており
ランチ懇親会などを通じて、現役特待生と卒業生が交流でき
卒業生の取り組みや活動を知るよい機会となっています。

2013年はさらに充実した企画を展開したいと考えています。

 

▼ 第3位 『ネットで稼ぐ!ドロップシッピング3.0セミナー』開催

6月にGOLDSCOPで一緒に活動している大川先生とのコラボで
今年の春頃から提唱している『ドロップシッピング3.0』を
テーマにしたセミナーを開催しました。

大盛況!「ネットで稼ぐ!ドロップシッピング3.0」セミナーレポート

私にとっては約1年振りのドロップシッピングセミナー。
参加いただいた多くの方に、『ドロップシッピング3.0』の考え方や
今後のショップ運営の展開についてお伝えすることができました。

さらに、11月には大川先生ともしものあやこさんと一緒に
九州の福岡市で同テーマを最新の内容に更新して開催して
九州のショップオーナーの皆さんにお会いすることができました。

セミナーを受講してドロップシッピング3.0 de 成功する5ステップ

 

▼ 第2位 もしもカート部(MKB)発足

2013年8月に開催されるレーシングカートの夏の祭典
K-TAIでの完走を目指し、もしもショップオーナー有志で
もしもカート部(通称:MKB)を発足しました。

発足のエピソードはこちらで紹介しています。

もしもカート部、2013年K-TAIに向けて活動開始!

今年11月には栃木県にあるフェスティカサーキットで
最初の走行会を行って活動をスタートしています。
興味のある方はぜひご連絡ください。

私が大好きなレーシングカート。

もしもショップオーナーのチャレンジングな仲間と一緒に
挑むのですから、これほどワクワクすることはありません。

これをきっかけに、もしもショップオーナー同士の輪が
広がるといいなとも思っています。

他にも、もしもスノボ部発足か?という噂も・・・

 

▼ 第1位 どろっぷしっぴんぐ研究所【公式メルマガ】配信1周年

毎週木曜日に配信しているこのメルマガ、
どろっぷしっぴんぐ研究所【公式メルマガ】もお陰さまで
開始して1年半継続して配信することができました。

東日本大震災の後、自分にできることの1つとして
とにかく毎週配信することから始めてみようということで
スタートしたメールマガジンです。

とても嬉しいことに、最近では配信後に感想をいただいたり、
ショップオーナー仲間から昔のエピソードについて
メールをもらったり、とても励みになっています。

また、お会いした時に「いつも楽しみに読んでます」と声を掛けて
いただいたり、ブログやSNSでご紹介いただいたり、
たくさんの方に応援してもらって本当に感謝しています。

来年もこのメルマガを読んでいただいている「あなた」の
期待に応えらえれるよう、興味を持ってもらえること、役立つこと、
最新動向などさらに充実した質の高い情報を配信していきます。

 

では、今年1年間、お読みいただいてありがとうございました。

このメルマガをはじめ、2012年中に
1周年を迎えたことが多くランクインしましたね。

来年2013年は、継続してきたことをさらに充実させることに加え
今年以上に積極的に『どろっぷしっぴんぐ研究所』の活動を
拡大して展開する予定です。

ドロップシッピングに関する講座やセミナー、勉強会、
イベント、懇親会をはじめ、どろっぷしっぴんぐ研究所のある
那須烏山にお越しいただける機会も増やしたいと考えています。

このメールをいつも読んでいただいている
あなたにお会いするのを楽しみにしています。


最後になりましたが、
年末は最終日まで売上のチャンスがたくさんあります。

2012年の最後の瞬間まであきらめずに売上アップに
チャレンジして、よいお年をお迎えください。


では、来年2013年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


来年もお楽しみに。

 

※この記事は2012年12月27日に配信した『どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)』
のバックナンバーです。

メルマガのご登録はこちら

タグ

, ,

2013年1月 3日

どろっぷしっぴんぐ研究所 (15:26)

カテゴリ:公式メルマガバックナンバー

このページの先頭へ