2012年10月アーカイブ

11/17(土)福岡開催『ネットで稼ぐ!ドロップシッピング3.0セミナー』募集開始

ネットで稼ぐ!ドロップシッピング3.0福岡セミナー

こんにちは、もしも大学公認講師の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。
2012年6月に大川先生と東京で開催し大盛況だった

ネットで稼ぐ!ドロップシッピング3.0

最新情報にバージョンUPして九州福岡で開催します。もしも大学特待生ともしも成功事例の成功者の取り組み、成果につなげるための具体的なノウハウが学べます。

お申し込みはこちらをクリック

今すぐお申込みの方はこちらをクリック

※満席になり次第、参加のお申込み受付を終了させていただきます。

こんな方にオススメ!このセミナー講座で学べること

「ネットで稼ぐ!」をテーマに東京、大阪でも大好評だった大川先生、今後の指針となる「ドロップシッピング3.0」の考え方を奥成がお伝えし、セミナーを通じて最新のドロップシッピング運営術が学べます。

奥成先生の第1・第2講座

もしも大学特待生制度は御存知ですか?ドロップシッピングを始め、どこを目指すべきか?現役特待生の成功事例から、商品選び、ページ作り、集客までのショップ運営術の基礎と 2012年以降を勝ち抜くサイト運営の方法が学べます。

  • 現役特待生から学ぶ売れるサイト・ページの作り方
  • お店作りに便利なNEWキーワードツールの使い方
  • もしも運営ブログから、奥成流ソーシャルメディアの使い方
  • ライフワークをコンテンツに変え個人の未来を創造する方法

大川先生の第1・第2講座

ショップできすぎくんの次はどうやってサイト作成しますか?独自ドメイン、サーバー、ツール成功者が実際使っているツールやブログなど、ありのままにお話します。セミナーだから話せる秘密の内容も盛りだくさんです。

  • 成功事例から学ぶ売れるサイト作り
  • 長く継続できるショップ作成・ブログ構築の仕方
  • ドロップシッピングとアフィリエイトの融合の仕方
  • 利益をあげるお店の作り方!実践編

講座詳細

第1講座:もしも大学特待生の成功事例に学ぶ、売れるショップ運営術

講師:奥成大輔(もしも大学公認講師)

奥成大輔セミナー

最初は誰もが初心者です。もしも大学の現役特待生、特待生卒業生の成功事例を元に、ドロップシッピングで売れない人が売れる人になるショップ運営術を学びます。商品選び、ページ作り、集客までドロップシッピングでスタートダッシュのコツを掴んでください。 3ヶ月集中講座の特待生に申し込みたい方もぜひご受講ください。

第2講座:2013年を勝ち抜くドロップシッピング3.0(実践編)

講師:奥成大輔(もしも大学公認講師)

ドロップシッピングの集客方法も2012年に入って大きく変わってきました。キーワードは「ドロップシッピング3.0」。 PPC広告とSEOの検索エンジン経由の集客だけではなく、ソーシャルの力をレバレッジにプロモーションを展開する最新のドロップシッピング手法をお伝えします。ライフワークをコンテンツに変え、ショップオーナーからサイト運営者へ。

第3講座:成功事例!ドロップシッピングで利益をあげるサイト作成

講師:大川祐幸(もしも大学公認講師)

大川祐幸セミナー

もしもドロップシッピング成功事例に掲載されている阿比留さん、乗松さんは実際どのようにゼロからサイトを作っていったのか?ドロップシッピングを初めてから、サイト、ブログを作成し、6ヶ月間で利益が出るまでの経緯をお話します。ショップできすぎくんから次のステップに進むポイントや、隠れたエピソードもたくさんしゃべってしまいます。

第4講座:この冬!最短で売り上げをあげるとサイトとブログの作り方

講師:大川祐幸(もしも大学公認講師)

「あやこさんの実践ドリル」は挑戦しましたか?去年のデータを参考に、この冬売れるサイト、ブログの作り方を徹底的に学ぶ実践形式です。実際のブログ、サイトを元に戦略的なサイト作成の仕方、キーワードの探し方からブログの作り方まで、マインドマップを使ってお話します。

特別講座:年末商戦も追い込み!あやこさんのもしも最新事情

講師:あやこさん(株式会社もしも)

あやこの実践ドリル

これからの売れ筋商品やもしもの今後の動きなどについて、『*渋谷で働くゆるふわあやこのもしも実践日記*』でおなじみのあやこさんが解説してくれます。また、レギュラーコンテンツとして採用された『あやこのトライ実践ドリル』について、実践して成果を出している方の特徴もこっそり教えてくれるかも?

※講座内容につきましては、予告なく変更となる場合がございますのであらかじめご了承ください。

セミナー参加者限定の豪華特典

  • 【特典1】もしも売れ筋商品リスト

    株式会社もしもより、セミナー参加者限定の売れ筋商品リストをお配りします。

    ・去年のデータを元にしたこの冬売れる商品リスト
    ・直近売上トップ100(PC、モバイル、スマートフォン)

  • 【特典2】セミナー参加者限定Facebookグループにご招待

    セミナー参加者限定のFacebookグループへご招待します。

    セミナー終了後、奥成宛にフェイスブックで友達リクエストを送付いただき、メッセージで「福岡セミナー参加しました」旨ご連絡いただいた方から招待させていただきます。セミナーの内容に関して質問がある場合などにお役立ていただけます。

  • 【特典3】セミナー参加者だけの懇親会 ※事前お支払の方のみ

    セミナー終了後、参加者の皆さまと講師が参加する懇親会を開催します。
    参加講師は、大川、奥成に加え、あやこさんも参加予定です。

    ・時間(予定):18:00~20:00頃
    ・参加費:お一人様5,000円

    ※懇親会のお申し込みは、セミナーお申込フォームにてお申込いただけます。
    ※会場予約の関係上、事前お支払いの方のみとさせていただきます。参加費は受講料と合わせてお支払ください。
    ※申込以降にキャンセルの場合は11/15(木)までに連絡いただいた方に限り全額返金します。

講師紹介

奥成大輔(オクナリダイスケ)

奥成大輔

1968年神奈川県生まれ、栃木県那須烏山市在住
1992年、大学卒業後(株)本田技術研究所に入社。2002年に豊かな自然と環境の良さにひかれ那須烏山市に移住する。2008年、ライフスタイルを見直すことがきっかけで退社し独立。2009年もしもドロップシッピングに登録。もしも大学特待生7~9期を経て、2010年1月より「個人就労の常識を変え、ライフスタイルを革新する」をテーマにもしも大学公認講師としてドロップシッピングの普及活動、講師活動を行っている。どろっぷしっぴんぐ研究所代表。

大川祐幸(オオカワヨシユキ)

大川祐幸

1977年千葉県まれ、千葉県船橋市在住
もしも大学特待生3期・6期を経て、2010年1月より個人事業主として独立。
2011年6月より「ネットで稼ぐ!ドロップシッピングとアフィリエイトとの融合」をテーマにドロップシッピングブログ活用講座を主催。無料ブログを活用した利益のでる仕組み作りに徹底的にこだわったサイト運営・ブログ運営を行っている。また、Goldscopを立ち上げ、もしも大学公認講師として、奥成先生、武富先生と共にソーシャルメディアを活用したドロップシッピングの普及活動に大きく貢献。

【特別ゲスト】あやこさん

あやこさん

『*渋谷で働くゆるふわあやこのもしも実践日記*』でおなじみのもしものあやこさん。「売上をあげる一番の源はモチベーション」をモットーに、ショップオーナーのみなさまのやる気をサポートしてくれています。最近では『あやこのトライ実践ドリル』もレギュラーコンテンツとして採用され、ますます輝きを増しています。株式会社もしも所属、もしも大学事務局長

セミナー詳細

開催日時
2012年11月17日(土) 13:00受付開始
時間・講座数
13:15~17:00 4講座+特別講座
会場
天神重松ビル3階 オフィスハミングバード会議室 301号室

福岡市中央区天神3丁目4-8
(1、2階は西日本シティ銀行天神北支店)
交通案内
西鉄福岡 天神駅より 徒歩5分
地下鉄(空港線)天神駅より 徒歩3分


大きな地図で見る
受講料
  • 事前お支払割引:8,000円(税込)11月15日(木)まで
  • 当日お支払:10,000円(税込)
※事前お支払にご協力いただける方に割引料金をご用意しています。ぜひご利用ご協力をお願いいたします。
※当日お支払は現金のみの受付となります。

お申し込み

【定員は40名】席に限りがございます。
満席になる前にお早めにお申し込みください。

お申し込みはこちらをクリック

お申し込みはこちらをクリック

※満席になり次第、参加のお申込み受付を終了させていただきます。

お問い合わせ

お問い合わせ
ご不明な点はメールでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ、メッセージはこちらから。
連絡先 info@ds-lab.jp

※事前お支払いをいただいた後のキャンセルにつきまして、開催前日までは全額返金させていただきます。(振込手数料はご負担ください)
主催
どろっぷしっぴんぐ研究所(GOLDSCOP那須烏山オフィス) 奥成大輔(オクナリダイスケ)

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー

タグ

, , , , , ,

2012年10月27日

どろっぷしっぴんぐ研究所 (09:12)

カテゴリ:セミナー

【研究所公式】ドロップシッピング運営者十戒『6. お客様の評価が全て。お客様にとって一番のサイトを目指す』

こんばんは、

どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。

先週、10月13日の土曜日のことです。

もしも成功事例にも掲載されている乗松せりなさんが
もしも大学特待生の私のクラスで実施している対面講座の
『成功事例インタビュー』に出席してくださいました。

乗松さんのブログ

『成功事例インタビュー』では、ショップ運営で
成果を収められた素敵なゲストをお招きして
貴重な体験談をお話しいただいています。

今まで数名の成功者の方のお話しを伺ってきて、
どの方にも共通していることがあります。

それはショップでもブログでも

「訪問した人のお役に立てるように」

という、ショップのお客様やブログの訪問者の方への心遣いです。

 

今週はドロップシッピング十戒より、
『6. お客様の評価が全て。お客様にとって一番のサイトを目指す』
についてお伝えします。

ドロップシッピング運営者十戒 

 

6. お客様の評価が全て。お客様にとって一番のサイトを目指す

お客様にとって一番のサイトを目指す理由は単純です。

お客様にとって一番のサイトでなければ、
買っていただけることは決してないからです。

なぜなら、他の競合のサイトで商品を購入すれば
用は済んでしまうからです。


ですから、必ず訪問したお客様にとって
一番のサイトになるように、常に意識して

・ページを作成したり
・キャッチコピーを書いたり
・利便性や信頼性を高めたり
・分かりやすい文章を書いたり
・検索エンジンで上位表示したり

する必要があります。

ただ、このように書くとまだ漠然としていて、
どのように「お客様にとって一番のサイト」を目指せばよいか
分かりにくいと思います。

 

結果から逆算するドロップシッピングのサイト作り

そこで、今日お伝えしたいのは、
「結果から逆算する」という方法です。

サイト作りでもページ作りでも、ブログ記事でも、
まず、「誰に伝えるか?」というターゲットを明確にします。

もしも大学特待生でも最初の課題は、商品を選び、
その商品を購入する「ペルソナ」を明確にすることです。

そのお客様になるペルソナがどのような気持ちで
商品を注文するのかということを最初に決めるのです。

そして、そのお客様に

「ああ、いいサイトに巡り合えてよかった」
「いい買い物ができた」

と感じてもらえるようにしましょう。

 

「競合のサイトに対して」より優れた存在を目指す

このように感じてもらうためには、お客様が思い立ってから、
最終的に販売しているページや、紹介しているブログ記事に
至るまでの経路全てにおいてその方にとっての一番になる必要があります。

まずは、最後の決め手となるページに記載されていることで
お客様にとって一番のサイトになるためには何が必要か?
ということを考えてみましょう。

・ファーストビューで伝えるべきこと
・どのようなキャッチコピーが心に響くか
・カートの大きさ
・ページの雰囲気
・ページで使う色
・説明文の長さ
・画像と文字のバランス
・文字の大きさ
・説明の内容
・信頼性をアップするために何を表示するか
・利便性を高めるために何をどこに配置するか

など、他にもあるかもしれません。

これらは何を基準に考えればよいかということですが、
「競合のサイトに対して」より優れた存在を目指します。

 

自分が購入するなら「どのお店で買うか?」

そのためにも、自分自身がお客様の立場になって、
自分が購入するなら「どのお店で買うか?」ということを
真剣に考えて調査することが重要です。

競合の1つ1つのサイトを見て、先ほど挙げた項目や、
自分の琴線に触れるコンテンツを確認していきます。

中には、惚れ惚れするようなページもあるでしょう。

あるいは、この部分はとても良いのに、
この点は全くダメだな、という場合もあるかもしれません。

そして、自分ならココで買うというサイトを見つけたら、
なぜそのサイトで買うのか理由を挙げてみましょう。

・雰囲気がよい
・信頼出来て安心して商品が届きそう
・商品の管理がしっかりしてそう
・商品説明が丁寧だった
・アフターフォローも万全そう
など

また、部分的に良かったことも
自分のサイトに取り入れることを検討します。

 

サイト訪問の前の段階で勝負は決まっている

次に、自分のサイトを訪れる前の段階から
お客様にとって一番になることを考えてみましょう。

お客様の多くはキーワードで検索して
検索エンジンからサイトに訪問します。

その時、検索結果において

・何位までに入っていればチャンスがあるか
・どのようなタイトルをクリックしたくなるか
・どのようなサイト説明文に魅力を感じるか

検索結果においてどのように自分のサイトやページを
目立たせればよいかをチェックします。

この部分でも競合を参考に、
どのタイトルをクリックしたくなるかを確認して、
その理由をハッキリさせておきます。

 

クリックしてもらえるタイトルと具体的な説明文

そして、キーワード広告や検索結果でも重要なのは、
クリックしてもらえるタイトルと具体的な説明文です。

タイトルではキーワードを目立たせるだけではなく
周囲にある競合のサイトよりもクリックしたくなるような
魅力的なタイトルをつけておく必要があります。

説明文では、商品の魅力、サイトを訪れるメリット、
商品の詳しい情報、メーカー名、ブランド名、型番、価格など
購入を検討している人の判断材料を提供しておきます。

また、お客様にとって一番のサイトになるためには、
ページやタイトル説明文だけでなく、検索エンジンで
上位表示しておくことも必要です。

そのためにも、キーワード広告を正しく使うことや
検索結果で上位表示の可能性を高めるSEOの取り組みも必要です。

キーワードの選び方、ページ作成などでもポイントを押さえて
検索結果で上位表示を狙いましょう。

 

お客様にとって一番のサイトになるためのチェックリスト

このように「結果から逆算して」
購入経路を想定し、必然的にお客様にとって一番のサイトに
なるように準備していきましょう。

最後に、お客様にとって一番のサイトになるためのチェックリストです。

□ 検索結果ですぐに見つけられる
□ 検索結果でクリックしたくなる存在である
□ ページで欲しい商品を適性な条件で販売している
□ このサイトなら安心して購入できる
□ いいお買い物ができた!と言ってもらえる


商品を購入しようと検索していた購入意欲の高いお客様が、
このような過程を通じて気持ち良くお買い物ができる、
お客様にとって一番のサイトを目指してください。

お客様の評価が全てです。

ちょっとした調査と心掛けによって成果は大きく変わります。
訪問者のお役に立てるサイト運営を実践してください。

読者の皆さまにたくさんの注文メールが届きますように。


では、今週も最後までお読みいただきましてありがとうございます。

次号もお楽しみに。


冒頭で紹介しました『成功事例インタビュー』は
もしも大学特待生ステップアップコース奥成クラスの特待生を
対象とした対面講座において3ヶ月に1度実施しています。

過去のインタビューも下記のブログで紹介していますので
参考にしてください。

もしも大学公認講師リレーブログ(カテゴリ:奥成大輔)

尚、乗松さんの記事も公開しましたので上記のリンクからご覧ください。

 

※この記事は2012年10月18日に配信した『どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)』
のバックナンバーです。

メルマガのご登録はこちら

タグ

【研究所公式】ドロップシッピング運営者十戒『5.仲間との連携、情報発信を怠らない』

こんばんは、

どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。

 

私自身がもしも大学の特待生だった頃、
もしもドロップシッピングに取り組む上で最も影響を受けたのは
講師の先生やショップオーナーの方々と知り合ったことです。

恐らく、私の場合では特待生になっていなければ
ショップ運営を継続できなかったと思います。

 

さて、今週もドロップシッピング十戒より、
『5.仲間との連携、情報発信を怠らない』について
お伝えしていきます。

ドロップシッピング運営者十戒

 

5.仲間との連携、情報発信を怠らない

一人で取り組むことが多いドロップシッピング。

なぜ直接競合するショップオーナー同士が
仲間として連携する必要があるのでしょうか?

あるいは、なぜ情報を発信して
わざわざ敵に塩を送る必要があるのでしょうか?

その理由は、一人で取り組むからこそ
仲間との連携や情報発信することが大切だからです。

ドロップシッピングのショップ運営は非常に孤独です。
会社や組織での仕事と違い、全て自分一人で判断して
ショップ運営を行っていかなければなりません。

そのような時、周囲にネットショップを行っている人や
ドロップシッピングを行っている人がいればよいのですが、
ほとんどの人が周囲を探してもそのような方が見つからないからです。

では、どのようなことを心掛ければよいのでしょうか?

 

正しいノウハウを正しい方法で実践すること

ドロップシッピングのショップ運営を行う上でも
正しいノウハウを正しい方法で実践していくということが
大切です。

もしもドロップシッピングの成功事例を読むと分かりますが、
独学で大きな成果につなげている方はとても少ないです。

はじめてドロップシッピングに取り組むのであれば、
自分の行っている作業が正しいのかどうかを講師や仲間が
フィードバックしてくれる講座や勉強会がおすすめです。

正しい方向に導いてくれるメンターとなるような
講師の先生やショップオーナーの方と出会うことで
さまざまな情報やチャンスが訪れることがあります。

 

仲間同士でタイムリーな情報交換

講座や勉強会などに参加していると、
自分と同じような境遇の方がいらっしゃることがあります。

同じような時期にドロップシッピングを始めていたり、
同じくらいの売上だったり、もしも大学特待生の同期生だったり、
そのような状況だと、同じ悩みを抱えているもの。

お互いに会話を通して、上手く行かなかったことや
試したこと、学んだことについて共感することも多いので
タイムリーな情報交換ができるのです。

 

ライバルと一緒に成果をスピードアップ

また、講座や勉強会などに参加していると、
お互いが切磋琢磨できるよきライバルに出会います。

仲間の中で影響力が最も大きいのはライバルの存在です。

1人が売上を上げたら、

「先を越されたか!」

という悔しい想いを感じる場合もあるかもしれません。
しかし、同時に

「自分も続こう!」

という勇気をもらうことができます。

同じノウハウに取り組んでいるならなおさらです。
つまり、ノウハウは正しいことが証明されているのですから、
あとは自分も成果が出るまで実践すればよいことが分かります。

悔しさがバネになり、ノウハウからは確信が持てるのです。

 

成果がなかなか出ないという場合、
実は自分の都合で、本来行うべき作業ができていない
ということがほとんどです。

ドロップシッピングの場合、決して難しいノウハウや
隠れた裏技があるわけではありません。

商品選び、ページ作り、集客の1つ1つの作業を繰り返し行い、
学んだコツを実践しながらステップアップにつなげるだけです。

よいライバルを見つけて切磋琢磨しながら、
成果のスピードアップを図りましょう。

 

ショップオーナーブログやSNSを活用

もしもドロップシッピングの大きな魅力は、
取り組んでいるショップオーナーの皆さんが書かれている
ショップオーナーブログが挙げられます。

さまざまなノウハウが書かれていることがあれば、
ショップ運営の悩みや心境が語られていることもあります。


学んだノウハウは、自分の言葉で整理することで
さらに理解を深め、吸収することができます。
調査することでさらに学べたり気づきが得られます。

特にノウハウに関する記事は多くの方に読まれます。
同じ悩みを抱える人の役に立つことを通じて、
アクセスが増え、ブログも育っていくものです。

 

最近では、ツイッターやフェイスブックを中心にSNSを中心に
コミュニティが広がっています。

実際に、何カ月も、あるいは何年もお会いしていなくても、
ツイッターやフェイスブックでつながっていることで
お互いがとても身近な存在になります。

仲間同士で、実際に近くで活動している環境が
インターネットを通じて作られるのですから、ぜひ活用して
自分のショップ運営のモチベーションアップに役立てて欲しいです。

 

仲間との連携、情報発信を通じてショップ運営成功へ

私自身がもしも大学の特待生だった頃、
大きな売上を上げている先輩ショップオーナーがたくさんいて、
なんとか追いつきたい一心で作業し続けました。

同期にも、すごくがんばっている強力なライバルがいて、
私も負けずにがんばろうという勇気を分けてもらっていました。

とにかく売上を上げるために作業を続けたことと、
自分がチャレンジしたことを特待生SNSの日記に毎日書き続け、
吸収したことを整理してきたことがいまの活動につながっています。

 

このメルマガを読んでいただいている皆さまにも
仲間との連携、情報発信を続けることで
ショップ運営の成功につなげてもらえれば嬉しいです。

 

では、今週も最後までお読みいただきましてありがとうございます。

次号もお楽しみに。

 

※この記事は2012年10月11日に配信した『どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)』
のバックナンバーです。

メルマガのご登録はこちら

タグ

, , , , , ,

2012年10月18日

どろっぷしっぴんぐ研究所 (10:55)

カテゴリ:公式メルマガバックナンバー

【研究所公式】ドロップシッピング運営者十戒『4.試行と検証を繰り返し、自らの運営スタイルを確立する』

こんばんは、

どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。

 

ドロップシッピングのショップ運営に正解はありません。

唯一あるとすれば「商品が売れ、利益が得られた」
その方法が1つの成功事例だったということです。

最初から正しい答えはありません。

ドロップシッピングのショップ運営は試行そのものです。

 

さて、今週もドロップシッピング十戒よりお伝えしていきます。

ドロップシッピング運営者十戒

 

4.試行と検証を繰り返し、自らの運営スタイルを確立する

ドロップシッピングで、一人一人のショップオーナーの皆さんが
理想的なショップ運営を実現して欲しいと考えています。

あなたにとっても理想的なショップ運営とはどのようなものでしょうか?

この機会にぜひ一度考えて欲しいのですが、最終的には、
自分の得意なこと、好きなこと、人より上手くできることを
生かしたショップ運営につなげていただきたいと考えています。

例えば、

流行に敏感
商品を選ぶのが好き
ページを作るのが好き
WEBサイト制作が得意
画像作成が上手
文章を書くのが好き
昔からブログを書いている
SEOにこだわりがある
集客が得意
ツイッターでたくさんの人のフォローされている
フェイスブックを使いこなしている
キーワード広告で利益を追求するのが楽しい
など

得意なこと、好きなこと、楽しいことは人それぞれ違います。

もちろん、最初から得意なことだけを追求していては
ドロップシッピングのショップ運営で大きな成果に
つなげることは難しいです。

好きなことに打ち込んでいるだけでは売れるものも売れません。

ドロップシッピングでは「商品選び、ページ作り、集客」の
3つの要素を網羅していることが最低限の条件となるからです。

どんなに素敵なページを作成することができても、
集客ができなければ売れることはないのです。

 

好き嫌いにかかわらず一連の作業を行ってみる

ですので、まずは一通りのショップ運営を経験して、
一定以上のレベルに引き上げておかなければなりません。

そのためには、何ごとも試さなくては先に進めません。
下手だから、嫌いだからといって試すことを放棄した時点で
ドロップシッピングのショップ運営はストップします。

まずは、好き嫌いにかかわらず、商品を選び、ページを作成して
キーワード広告にチャレンジしてみる、ブログを書いてみるという
1つ1つの一連の作業を漏らさず行っていくことです。

もし、ショップ運営を始めたけれど実行に移していない作業が
もしあるならすぐにでも着手しましょう。

何から始めたらよいか分からない方は、
もしもチャレンジを受講したり、もしも大学の特待生講座を
活用して、ショップ運営のイロハを学んでください。

そして、始めたばかりの方であれば初売上げを目指します。

 

どうすれば目標達成できるのか?作戦を練る

さて、一通りの作業ができるようになったとします。

そうしたら目標を決めて取り組んでみましょう。
月商いくらを目指すのかを決めてみてください。

次に、どうすればその目標を達成できるのかを
真剣に考えてみてください。

がむしゃらにがんばるだけでは売上目標は
そう簡単には達成できないからです。
しっかり作戦を練りましょう。

 

作戦(目標と計画)を立てたら試行する

例えば、月商5万円を目標に定めたとします。

そうしたら、1ヶ月の間に1万円の商品を5個売ればよいわけです。
5000円の商品なら10個です。

目標:月商5万円
内訳:1万円の商品を5個販売する


あくまで目安ですが、おおよそ30商品程度を選んで
しっかり集客すると、2~3商品程度が売れる可能性が
でてきます。

ですので、ここでは一つの目標として、
60商品を選定してページを作成して、集客の作業を行う。
という作業目標を立てることができます。

取り扱い商品数:60商品


まずは、商品を60商品選んでページを作成します。
そして集客します。

集客目標:60商品の商品名キーワードで検索エンジン1ページ目に表示する


とにかく、キーワード広告でもブログを使ってSEOを行っても、
何でも構いません。まずは考えられるすべての方法を試して
目標達成を目指してください。

これが試行です。

 

試行を行ったら時間をかけて検証する

そうして新しい月に入ったときに、得られた結果と
1ヶ月間行ってきた作業を振り返るのです。

目標を達成したとしても、できなかったとしても、
目標を目指して取り組んできたわけですから、
何が充分で何が不足していたかが分かります。

始めたばかりだと、全てが不足していることもあるわけです。

また、上手く行ったことも整理します。

キーワードをじっくり選んだら売れた
ページを作り込んだら購入率が上がった
ブログの更新頻度を増やしたらアクセスが増えた

など、今後も注力すべき点が明らかになります。

ここは時間をかけて検証してください。

 

理想のショップ運営の実現を目指すために

何が目標達成のために不足していたのか?

行動が足りなかったのか?
作業時間が足りなかったのか?
取り扱い点数が足りなかったのか?

いろいろな要因があります。

目指したことと、実現できたこと、できなかったことを
冷静に判断します。

そして、次の月の展開では前の月と同じことを繰り返すのではなく、
検証結果から、足りなかった部分は補い、上手く行った作業を増やし、
確実に目標を達成する次の試行計画を立てるのです。


これを何度も繰り返しているうちに、
自分の得意なこと、好きなこと、上手なことが
より高い精度で見つかるようになります。

ブログの記事を検索エンジンで上位表示するのが得意という人もいれば、
ページを作成して作り込むほど売れるという人も出てきます。


このように試行と検証を繰り返し、自らの運営スタイルを確立して
自分の得意なこと、好きなこと、人より上手くできることを生かし
理想のショップ運営の実現を目指してください。

 

では、今週も最後までお読みいただきましてありがとうございます。

次号もお楽しみに。

 

※この記事は2012年10月4日に配信した『どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)』
のバックナンバーです。

メルマガのご登録はこちら

タグ

, , , , ,

2012年10月11日

どろっぷしっぴんぐ研究所 (10:53)

カテゴリ:公式メルマガバックナンバー

【研究所公式】ドロップシッピング運営者十戒『3. PPC広告はドライに数字とデータで客観的に判断する』

こんばんは、

どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。
http://twitter.com/daisukee


PPC広告に関して大きな失敗談を知りたければ、
大きな成功を収めているショップオーナーの方の話を聞くと、
笑いが止まらなくなるような話がたくさん出てきます(笑)


さて、今週もドロップシッピング十戒よりお伝えしていきます。

□ ドロップシッピング運営者十戒
http://begin-moshimo.seesaa.net/article/129043439.html

今週はPPC広告に関連した戒めです。

 

3. PPC広告はドライに数字とデータで客観的に判断する

今でこそSEOが注目されていて、SEOで成果を収めていることで
有名なショップオーナーの方々も、実は多くの方がPPC広告でも
大きな成功を収めていらっしゃいます。

PPC広告を通じて、ショップ運営の基礎を学ばれているのです。

 

私もPPC広告では何度も失敗しました。

「あともう少しクリックされると売れるのではないか?」

たくさん広告がクリックされているにも関わらず売れていない。
でも、たくさんの人が訪問してくれているから
もしかしたら、あと数クリックで売れるのではないか?

キーワード広告を初めて、操作もマスターし、
ちょっと慣れた頃、このような錯覚を起こしがちです。

 

「亀山社中」のPPC広告で大失敗

私の中で最も大きな失敗といえば「亀山社中」に入札した時です。

8月はバーベキュー商品が売れるという話を聞きつけて、
当時も大ヒットしていた「亀山社中」に打って出ることにしました。

ドロップシッピングでもキーワード広告が全盛の頃で、
有名ショップオーナーの方々の広告がひしめき合っていて、
1位表示するのに、1クリック100円か200円程度だったと思います。

ところが、ページを作成して広告に出稿したところ、
10クリック程度で2個も買っていただけたのです。

「なるほど、高額で入札しても売れるし、利益も残る。
競争が激しいのは、こういうことだったのか・・・」


そう考えて、1週間広告を出し続けました。

しかし、売れたのは最初の2個だけで、
「亀山社中」単独で約2万円もの赤字になりました。

クリック数はどんどん増えていくのに売れない中、
最初に売れたことから、あと数クリックで売れるのではないかと
期待してしまい、広告を止めるに止められなかったのです。

今だから笑い話になりますが、その時はさすがに落ち込みました。

そのような教訓から、この3つ目の戒めが生まれました。

『PPC広告はドライに数字とデータで客観的に判断する』

 

ルールを決めてルール内で売れなかったらPPC広告を停止する

ドロップシッピングにおけるキーワード広告での
コスト目標の目安は10%以下です。

例を挙げると、10,000円の商品を1つ販売するのに
広告コストは1,000円以下が目標です。

この場合、入札価格が10円だとすると100クリック
入札価格が100円だと10クリックです。

この範囲内で売れるかどうかが1つの目安になります。


ここで、1つのルールを決めることができます。
この決めた範囲で売れなかったら広告を止めるのです。

このルールはあくまで一例ですが、

「利益額の範囲内で売れなければ広告を停止する」

というルールを決めたなら、それをしっかり守るのです。

そうすることで、大きな損失を受けずに済むようになり、
売れている商品や、新たに売れる可能性のある商品に
広告コストをかけられるようになります。

 

利益率10%以上の商品を選ぶべき理由

どんなに上手に運用している人でも、
コストはおおよそ10%程度は必要になります。

上手な方ではまれに7~8%という方がいらっしゃいますが、
そのような方は商品選定も含めてキーワード広告の達人であるか、
もしくは機会損失となってしまっているかのどちらかです。

広告コストが約10%必要になるということは
必然的に商品選びでは利益率が10%以上の商品を
中心に選ぶことになります。

 

PPC広告の入札価格では絶対に無理をしない

次に入札価格についてです。

最初から高額入札することはおすすめしません。
いきなり、50円、100円、1,000円などでは入札しないでください。

ドロップシッピングを始めたばかりだと、
正しいキーワード選定が出来ていないことも多く、
何万円も赤字になってしまうケースがあるからです。


これからPPC広告を始めるという方や、始めたばかりの方は、
入札価格は高くても10円~15円程度からスタートしてください。

最近はYahoo!リスティング広告でも1円から入札でますので、
競合が少ないキーワードであれば、以前よりもコストを抑えた
キーワード広告運用が可能になりました。


確かに、入札価格が10円~15円で1ページ目に広告が表示される
キーワードの場合、次から次へと売れるようなことはありません。

しかし、競合が少なく、そこそこ検索されている商品を
見つけることができれば、目標のコストの範囲内で
売れる可能性は高いのです。

まれに、競合が一人もいなくて、在庫のすべてを独占し
て販売できるようなこともありますので根気よく商品を
選定してください。

 

広告を停止する勇気を持つ

理想を言えば、100クリックで2~3個売れるような商品を
出来る限り多く見つけるのがコツです。

売れるほど利益が増えますので、広告の運用も楽になっていきます。

売れない商品にこだわるよりも、既に売れている商品、
これから売れる可能性のある商品に広告コストを使い、
手間をかけるようにしましょう。

そのためにも、PPC広告ではドライに数字とデータで
客観的に判断して、広告を停止する勇気を持ってください。

 

では、今週も最後までお読みいただきましてありがとうございます。

次号もお楽しみに。

 

※この記事は2012年9月27日に配信した『どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)』
のバックナンバーです。

メルマガのご登録はこちら

タグ

, , ,

2012年10月 4日

どろっぷしっぴんぐ研究所 (10:09)

カテゴリ:公式メルマガバックナンバー

このページの先頭へ