2012年3月アーカイブ

【研究所公式】ドロップシッピングで売上を伸ばすために意識したい2つのこと

こんばんは、

どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。
http://twitter.com/#!/daisukee

 

このメルマガでも何度もお伝えしていまが
ドロップシッピングでは、

1.商品を選び、
2.ページを作って
3.集客する

という、この3つの作業が基本です。

ドロップシッピングを始めたばかりの方は、
出来る限り早くこの一連の操作をマスターしましょう。

必ずこれらの作業方法を知っておく必要があります。
どれか1つでも欠けると、売上は発生しないからです。

まずは、作業方法をマスターしましょう。

 

次の段階では、キーワード検索されている商品で需要があり、
競合が少ない商品を選んでいきます。

ライバルが少ない商品の取扱いを増やしながら
基本作業もより早く正確にできるようにしましょう。

商品を選定するコツは、こちらを参考にしてください。
http://www.ds-lab.jp/blog/backnumber/selection-of-product.php

上手くいけば、この段階で売上が発生します。

 

しかし、ただ単に機械的に行っているだけでは売上は伸びていきません。
今回は売上を伸ばすために意識したいポイントを2つお伝えします。

 

繰り返しになりますが、ドロップシッピングでは次の要素が大切です。

1.商品を選び、
2.ページを作って
3.集客する

この3つの要素すべてがゼロで無くなったら
売上が発生するようになっていきますが
どれもが停滞したままだと売上を伸ばすことは困難です。

 

そこで、売上を伸ばすために意識したいポイントの1つ目は
自分のショップ運営の中で得意なこと、好きなことから
レベルアップをはかることです。

ショップ運営の作業を繰り返し行っていると
さまざまな作業の中から自分の得意な作業が出てきます。
場合によっては、過去の経験を活かすこともできます。

ドロップシッピングのショップ運営においては、
次のようなことが大きな強みになります。

・競合の少ない商品を選ぶのが得意
・ページを作るのが好き
・WEBデザインが得意
・画像を作成できる
・キャッチコピーを作るのが得意
・キーワード広告で安定して利益を出すことができる
・SEOでページを上位表示するのが楽しい
・昔からブログを書くのが好き
・文章を書くのが得意
・営業の仕事をしてきたので販売が得意
など

他にもたくさんあると思います。

このような強みを活かしたショップ運営ができると
競合に対して差別化をはかることができ、販売においても
優位に展開することができるようになります。

 

売上を伸ばすために意識したいポイントのもう1つは、
競合を見極めることです。

商品を選んで、キーワードを選定したら、
しっかり競合を調査しましょう。

キーワード広告であれば、広告タイトル、説明文に注目します。

商品の特徴や魅力だけでなく、価格や送料などの
購入条件も書き出しておくのです。

 

次に、競合広告をクリックしてはいけませんが、
URLをコピーして競合のサイトで該当する商品ページを
見つけます。

いくつかの競合ページを見て、自分のページと比較します。

・キャッチコピーで謳っていること
・商品の魅力や特徴で強調していること
・購入条件をどのように訴求しているか

などについて、確認します。

ショップの雰囲気や想定されるターゲット像も
可能な範囲で把握してみましょう。

条件に関しては、競合のショップでも同じ条件なのに、
自分のショップでは訴求できていなかった点があれば
参考にして自分のショップにも反映します。

文章や画像のコピーは厳禁ですが、
このように競合の取り組みをヒントにしましょう。

 

「彼を知り己を知れば百戦あやうからず(孫子の兵法)」
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1178723221

 

自分の得意なことを磨き、競合を見極めることを意識して
売上を伸ばして利益獲得につなげてください。

 

では、最後までお読みいただきましてありがとうございます。

次号もお楽しみに。

タグ

, ,

2012年3月29日

どろっぷしっぴんぐ研究所 (09:59)

カテゴリ:公式メルマガバックナンバー

【研究所公式】ドロップシッピングにもある「石の上にも三年」と「百害あって一利なし」

こんばんは、

どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。
http://twitter.com/#!/daisukee

 

最近、グーグルで商品名キーワードでよく検索します。

検索すると、私がもしも大学の特待生だった頃に同級生だった
皆さんの写真や似顔絵が表示されることが多いです。

写真や似顔絵が表示されるのは、私とGoogle+でつながっていて、
自分のページをグーグルプラスで共有しているからです。

しかし、ここで重要なのはグーグルプラスではありません。

 

私が特待生だったのは、2009年。今から3年前のことです。

つまり、その頃作ったショップやページが生きているということです。
それだけではありません、以前よりも上位に表示されるケースが
目立ってきています。

     「石の上にも三年」

とはよく言ったものです。

3年間にわたって運営され続けられているということが
検索エンジンから評価されていると考えることができます。

 

また、3年までは経過していなくても、ドメインを取得して
コツコツとサイト運営を続け、1年程度経過した頃に、
ふとアクセスが増えたという方もいるのではないでしょうか?

バリバリ作業しているときにはなかなか上位表示できなくて、
下位に甘んじていることにストレスを感じてきたのに、
気が付いたら上位表示されているということはよくあることです。

 

もちろん、検索エンジン対策(SEO)では
いち早く上位表示できるに越したことはありません。

最初のうちはなかなか上位表示できないかもしれません。

しかし、コツコツと1年、2年、3年と、
さまざまなサイトを継続して運営していると
より早く、より上位に表示しやすくなっていきます。

 

検索エンジン対策においても、大切なのは、
グーグルのポリシーに違反しないように運営することです。
http://www.google.co.jp/webmasters/docs/search-engine-optimization-starter-guide-ja.pdf

 

短期的に、何らかの恩恵を受けられたとしても
長期に渡ってサイト運営を行っていくうえでは、
グーグルのポリシーに違反することは

「百害あって一利なし」

です。

 

ドロップシッピングは、即収入にはつながらないかもしれません。

雇用されていれば時給として拘束時間に対して収入は保障されますが、
経営者であるドロップシッピングのショップオーナーには
作業時間が多いというだけでは収入が得られることないからです。

また、間違った方法でショップ運営に取り組んでしまうと、
その作業時間に見合った収入さえも回収できないかもしれません。

しかし、世の中の多くのビジネスや店舗経営と同様に、
最初の段階でお金もしくは時間を投資して、正しい方法を学び、
継続して取り組むことができれば、成果を得ることも可能です。

 

以前、ドロップシッピングには、3つのステップがあることを、
このメルマガの創刊号の記事でも書きました。

□【研究所公式】メルマガ創刊号:ドロップシッピングの3ステップ
http://www.ds-lab.jp/blog/backnumber/3steps.php

 

まずは、1年、次に3年後の成果を目指してじっくり取り組んでください。

 

では、最後までお読みいただきましてありがとうございます。

次号もお楽しみに。

タグ

, ,

2012年3月22日

どろっぷしっぴんぐ研究所 (09:53)

カテゴリ:公式メルマガバックナンバー

【研究所公式】震災から1年、新聞の折込チラシで把握する3つのこと

こんばんは、

どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。
http://twitter.com/#!/daisukee


どろっぷしっぴんぐ研究所がある那須烏山のオフィスも、
少しずつ暖かくなってきました。


そんな中、今日は新聞の折り込みチラシに注目してみましょう。
新聞の折り込みチラシは、まさに「いま」売れる商品が並んでいます。

例えば、ホームセンターのチラシを見てみましょう。

昨年の、東日本大震災から1年、広告の片面は
一面を割いて、災害に備えるための商品を掲載しています。

 

◎地震対策

家具の転倒防止グッズ、食器やガラスの破損防止グッズ


◎停電対策

懐中電灯や照明器具、各種電池、発電機


◎燃料確保

ガソリン携行缶、卓上コンロ、木炭、七輪


他にも、食料備蓄、断水対策、暖房、情報収集、
車中環境、火災対策など住まいや暮らしの安心・安全対策に
必要な商品が掲載されているのです。


次に、これからの春の時期といえば新生活です。
新生活応援特集がチラシでも組まれています。

◎引っ越し

家具を移動するグッズ、コンテナ、お掃除グッズ


◎家具

ベッド、座椅子、タンス、棚、テーブル、ソファー


◎家電

炊飯器、電子レンジ、一人用鍋、オーブントースター


他には、自転車、洗濯、お風呂用品などが掲載されています。


例年だと、花粉症対策が紙面を大きく占めるところが、
花粉対策のコーナーは今年はどこも控えめです。

こと花粉対策は、早めの訴求というのが鉄則なので、
もしかすると今年は、昨年よりも飛散量が少ないことを
見越してのことかもしれません。

私も花粉に関してはかなり敏感なのですが、
今年に限って、まだほとんど花粉が気になりません。

しかし、まさか花粉症が治っているということもないでしょうから、
まだまだこれからなのだと思います。


このように、チラシからは次の3つのことが分かります。

・今の季節に売れる商品
・商品を販売するさまざまな切り口
・プロの視点による今年の売れ筋

ホームセンター、スーパーマーケット、デパートでは
今までの過去のノウハウを活かして、新聞の折り込み広告を作っています。

ユニクロでは、社長の柳井さんが自らチラシをチェックするのを
テレビでも見たことがあります。

消費者の立場だと、自分の興味のある商品以外は
なんとなくしかチラシを見ることはありませんが、
それだけ、企業は真剣にチラシを作っているということです。


また、切り口としては、物産フェアなども特徴的です。
特に、今週の物産フェアは、圧倒的に東北地方のフェアが多いです。

「みちのくフェア」
「東北を応援しよう」

などの文字が広告の中でも目立ちます。


先日、私も石巻市の牡鹿半島に
災害ボランティアの取材で行ってきました。

牡鹿半島は、震源から最も近かい地域ですが、
自然の恵が豊かで、豊富な魚介類が取れることから漁業が盛んです。


養殖していたカキのほとんどを流された
カキ養殖を営んでいる方たちにもお会いしてきました。

カキは種付けして育てるそうなのですが、
充分に出荷できるまでには、2~3年掛かるのだそうです。

◇カキ養殖場の今
http://on.fb.me/yuDfAj
※ワカメは直近の収入を確保するために初めて試みたそうです

津波にのまれたカキの加工場は、建物は残っているのの、
修復しての再開は、保健所の許可が降りないそうで、
建て替えが必要になっているとのことでした。

「復興以前に、復旧しないことには何も始まらないよ」

とにかく苦難がいまでも続いていることは確かです。


しかし、その一方で牡鹿の皆さんの活気には圧倒されました。

カキ養殖を営んでいる67歳の方は、
震災の後はもう引退しようかとも思ったそうです。

ところが、隣の浜の大先輩が真っ先に

「立て直すんだ!」

と迷うことなくせっせと復旧作業をしていたのだそうです。
その方はなんと、77歳。

それを知って、とにかく励まされ、、
自分もがんばろうと決意されたのだそうです。


漁師さん、お寿司屋さん、民宿を営んでいた方にもお会いしました。


漁師さんは遠く離れた港から、自分たちの漁場での操業を開始。
http://on.fb.me/xg84r2

お寿司屋さんは仮設店舗で営業を開始しました。
http://on.fb.me/AjJydu

民宿を営んでいた方はもう新たに土地を購入されていました。
http://on.fb.me/wyPSbK


去年の10月に訪れたときとは雰囲気がまったく違っていました。

どなたも本当にエネルギッシュに復旧、復興を目指して
輝いていらっしゃいました。

この復興の活気は上手く言葉で表せませんが、本当にすごいです。


那須烏山でも、宇都宮でも、渋谷に出掛けても、
この雰囲気を感じることはあまりありません。

しかし、東北地方にはものすごい活気があります。
東北の経済成長を発端に日本も変わるに違いありません。


まだ、手作業によるボランティア活動も求められていますが、
今後は、経済復興支援が私たちにできる主な支援になっていきます。

牡鹿半島のカキ、ワカメ、アワビ、タコはじめ海の幸は本当に美味しいです。

ぜひ、足を延ばして東北地方に出かけて美味しいものをいただき、
復興の活気を肌で感じてみてください。

刺激を受けて、ショップ運営への取り組み方も変わるかもしれません。


では、最後までお読みいただきましてありがとうございます。

次号もお楽しみに。

 

タグ

, , , ,

2012年3月15日

どろっぷしっぴんぐ研究所 (08:56)

カテゴリ:公式メルマガバックナンバー

【研究所公式】薬事法に抵触しないポレノンのレビュー記事を書くときの注意点

こんばんは、

どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。
http://twitter.com/#!/daisukee


先週、2月23日に配信しましたメールにおきまして
掲載したサンプル記事で薬事法に抵触する可能性のある記述がありました。

誠に申し訳ございません。
ご迷惑をおかけしたこと、心よりお詫び申し上げます。 

ドロップシッピング、アフィリエイトなど商品の販売、
広告宣伝を目的とした記事となる場合、レビュー記事であっても
薬事法の対象となります。


今回は、その反省を踏まえ、
前回のサンプル記事を題材に薬事法に抵触する可能性の
高い個所について解説いたします。

原文については、先週のバックナンバーに原文のまま
掲載しておきましたので参考にしてください。

【研究所公式】ポレノンを題材に伝わる通販レビュー記事を書くコツ
http://www.ds-lab.jp/blog/backnumber/pollenonreview.php


前回のサンプル記事で薬事法に抵触する恐れがあるのは
「効能効果」について記載していることです。

使用感のコメントなら問題ありませんが、
使用した感想であっても「効果効能」については
薬事法の対象となりますので充分な注意が必要です。


では、文頭から順番に確認していきましょう。

●「花粉症対策」という症状についての表現

花粉症対策に「ポレノン」を使うコツは、徹底的に使うことです。

花粉症対策という症状を「治療・予防、改善」する表現になります。
ポレノンは医薬品ではありませんので、症状を改善するという表現は
薬事法に抵触する可能性が高いです。

ここでは「花粉対策」と記載することで回避できると考えられます。

●「効果がありました」「効果的です」という効果効能

次の箇所です。

「効かなくなってきたな」と思ったら、即「シュッ」です。
すると、マスクをしている以上に効果がありました。
マスクに吹き付けたり、マスクと併用すると長持ちしてさらに効果的です。

上記のでは、効果があることを謳っています。
ここでは具体的に症状については言及していないので、

「効果」=「ポレノンが花粉を吸着する効果」

と弁解することもできますが、非常に紛らわしい表現であり、
読んだ人が誤解する可能性があります。
そこで、下記のような訂正案に変更することで対応します。

(訂正案)

「花粉が気になるな」と思ったら、即「シュッ」です。
マスクをしているときよりもさわやかな雰囲気で、
マスクに吹き付けたり、マスクと併用すると
さわやかさが持続するように感じました。

 

●「花粉の侵入を防ぐ」という機能を誤解させる表現

次の箇所も、訂正した方が良い箇所です。

他にも、食事の時には大活躍です。
マスクをつけたまま料理を食べることはできませんが、
ポレノンなら、食事中でも鼻への花粉の侵入を防いでくれるようです。

3行目の「花粉の侵入を防いでくれる」という表現です。

ポレノンは、直接花粉の侵入を防ぐ商品ではありません。
ポレノンを吹き付けた箇所に花粉を吸着させるしくみです。

そのため、「花粉の侵入を防いでくれる」ではなく、
「花粉を吸着してくれるようです」とした方が正しい表現です。

 

●「効果が実感」、「効果が減ったら」という条件の表現

次の箇所も気をつけたい記述です。

確かに、つい使うのをためらいがちなのですが、
思い切って使わないと効果が実感できないかもしれません。

効果が減ったら「シュッ」と使うと10日で1本を消費する程度でした。

「効果が実感」、「効果が減ったら」のような記述では、
効果があることを前提にしてしまっています。

この箇所についても、それぞれ次のように訂正することができます。

「効果が実感」→「さわやかさを実感」
「効果が減ったら」→「花粉が気になりだしたら」

効果効能ではなく、感想を記述するようにします。


ここまで、薬事法に抵触する恐れが特に高い個所について
取り上げて解説してきました。

商品を直接販売しているページだけでなく、
ブログの記事でレビューを書く場合でも薬事法に注意する必要があります。
正しい知識を身につけて、うっかり違反してしまうことがないようにしましょう。

薬事法に関する情報として、下記のリンク先も参考にしてください。

□ 薬事法、景品表示法の注意事項(PDFファイル)
http://www.moshimo.com/pdf/reference_yakuji_keihyou.pdf

□ 薬事法について
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kenkou/iyaku/sonota/koukoku/

 

では、先週のサンプル記事を元に、
薬事法に抵触しないように訂正して紹介します。

訂正サンプル記事

飛散量は昨年ほどではないそうですが、今年2012年も花粉の季節到来です。

もしもドロップシッピングでも「ポレノン」という商品があります。
この「ポレノン」昨年の通販でも大ヒットした商品です。

今年もどんな花粉対策の商品が通販でヒットするのか注目しています。

 

私自身も花粉症歴は30年を超えました。

中学校の入学式ではすでに鼻をすすっていましたから間違いありません。
当時は花粉症という言葉も浸透していませんでした。

今まで、薬を飲んだり、点鼻薬を試したり、鼻孔洗浄をしたり、
鼻うがいをしたり、さまざまな対策を試してきました。

木酢液がいいとテレビで話題になれば、
売り切れ続出の中、木酢液をお取り寄せしてまで試したり
ヨーグルトがいいと聞けば食べ続けたこともありました。

しかし、私の花粉症にはどれも今一つでした。

 

そんな中、昨年ヒットしたのが「ポレノン」です。

使った方の中には、今一だったという方も
いらっしゃいましたが、私にとってはかなり画期的でした。

花粉対策に「ポレノン」を使うコツは、徹底的に使うことです。

「花粉が気になるな」と思ったら、即「シュッ」です。
マスクをしているときよりもさわやかな雰囲気で、マスクに吹き付けたり、
マスクと併用するとさわやかさが持続するように感じました。

私は、もしもドロップシッピングの運営する
もしも大学の公認講師として講師活動をしています。
講座や人前で話すときにはマスクをしたままというわけにもいきません。

そんな時、ポレノンはとても重宝します。

他にも、食事の時には大活躍です。
マスクをつけたまま料理を食べることはできませんが、
ポレノンなら、食事中でも花粉をしっかり吸着してくれるようです。

こういう花粉対策グッズは他に知りません。

 

私は室内での仕事なので、比較的外出が少ないですが、
昨シーズだけで3本を使いました。

ポレノン自体、1本僅か30mlで3,000円しますので、
少し高いように感じるかもしれません。

確かに、つい使うのをためらいがちなのですが、
思い切って使わないと、さわやかさを実感できないかもしれません。

花粉が気になったときに「シュッ」と使うと10日で1本を消費する程度。

缶コーヒーを1日3本を10日間飲むと「120円×3=3,600円」ですから
毎日、食後のコーヒーと同程度の出費です。

3本セットだと、送料無料になるので、
1本を試しに買って、よさそうだったらまとめ買いがお得です。

 

最初は、「本当かな?」とためらいましたが、
3,000円で1本試して、よさそうだったお買得だなと思い、
だまされたつもりで思い切って試しました。

もちろん、個人差があると思うので
誰でもさわやかさが得られるかどうかは分かりませんが、

もし、花粉に悩んでいるなら一度試してみてはいかがでしょうか?

今なら、1~3営業日程度で発送とのことで比較的すぐに届くようです。
もちろん、おすすめは私がいつもお世話になっている「もしも」です。

『【2012年最新版】 シュッとひと吹き!"エアーマスク"で花粉をブロック!』

□ 花粉対策グッズ「ポレノン(pollenon)」
(商品ページへのリンク)


上記の記述では、商品の「効果効能」を謳わないように書き換えました。

薬事法違反となるかならないかは常に難しい判断ですが、
念のため「効果」という言葉を使うこと自体をこの訂正文では避けました。


前回、今回と薬事法に抵触する可能性のある例として参考にしてください。


今回掲載している訂正したサンプル記事でも、
場合によっては、違反となってしまうケースもあるかもしれません。
違反防止を保証するものではありませんのでご了承ください。

尚、本記事を参考に記事を作成したにも関わらず、
万が一違反となってしまった場合でも当方では一切責任を負いかねます。

他にも、もしお気づきの点がありましたら、お知らせください。


では、最後までお読みいただきましてありがとうございます。

次号もお楽しみに。

 

タグ

, , , , , , ,

2012年3月 8日

どろっぷしっぴんぐ研究所 (10:03)

カテゴリ:公式メルマガバックナンバー

【研究所公式】ポレノンを題材に伝わる通販レビュー記事を書くコツ

こんばんは、

どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。
http://twitter.com/#!/daisukee


【お詫びと注意】

2月23日に発行しました「どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)」におきまして、
以下のサンプル記事において薬事法に抵触する可能性のある記述がありました。

誠に申し訳ございません。
読者の皆様にご迷惑をおかけしたこと、心よりお詫び申し上げます。 

ドロップシッピング、アフィリエイトなど商品の販売、広告宣伝を
目的とした記事となる場合、レビュー記事であっても薬事法の対象となります。

次の配信(3月1日配信)で、薬事法に抵触する可能性のある個所について解説いたしますので、
ここでは配信した原文のまま掲載させていただきます。


以下、サンプル記事
------------------

飛散量は昨年ほどではないそうですが、今年2012年も花粉の季節到来です。

もしもドロップシッピングでも「ポレノン」という商品があります。
この「ポレノン」昨年の通販でも大ヒットした商品です。

今年もどんな花粉症対策の商品が通販でヒットするのか注目しています。

 

私自身も花粉症歴は30年を超えました。

中学校の入学式ではすでに鼻をすすっていましたから間違いありません。
当時は花粉症という言葉も浸透していませんでした。

今まで、薬を飲んだり、点鼻薬を試したり、鼻孔洗浄をしたり、
鼻うがいをしたり、さまざまな対策を試してきました。

木酢液がいいとテレビで話題になれば、
売り切れ続出の中、木酢液をお取り寄せしてまで試したり
ヨーグルトがいいと聞けば食べ続けたこともありました。

しかし、私の花粉症にはどれも今一つでした。

 

そんな中、昨年ヒットしたのが「ポレノン」です。

使った方の中には、あまり効果がなかったという方も
いらっしゃいましたが、私にとってはかなり画期的でした。

花粉症対策に「ポレノン」を使うコツは、徹底的に使うことです。

「効かなくなってきたな」と思ったら、即「シュッ」です。
すると、マスクをしている以上に効果がありました。
マスクに吹き付けたり、マスクと併用すると長持ちしてさらに効果的です。

私は、もしもドロップシッピングの運営する
もしも大学の公認講師として講師活動をしています。
講座や人前で話すときにはマスクをしたままというわけにもいきません。

そんな時、ポレノンはとても重宝します。

他にも、食事の時には大活躍です。
マスクをつけたまま料理を食べることはできませんが、
ポレノンなら、食事中でも鼻への花粉の侵入を防いでくれるようです。

こういう花粉対策グッズは他に知りません。

 

私は室内での仕事なので、比較的外出が少ないですが、
昨シーズだけで3本を使いました。

ポレノン自体、1本僅か30mlで3,000円しますので、
少し高いように感じるかもしれません。

確かに、つい使うのをためらいがちなのですが、
思い切って使わないと効果が実感できないかもしれません。

効果が減ったら「シュッ」と使うと10日で1本を消費する程度でした。

缶コーヒーを1日3本を10日間飲むと「120円×3=3,600円」ですから
毎日、食後のコーヒーと同程度の出費です。

3本セットだと、送料無料になるので、
1本を試しに買って、効果がありそうだったらまとめ買いがお得です。

 

最初は、「本当に効くのかな?」とためらいましたが、
3,000円で1本試して、効果が出たらお買得だなと思い、
だまされたつもりで思い切って試しました。

もちろん、個人差があると思うので
誰でも効果があるわけではないかもしれませんが、

もし、花粉症に悩んでいるなら一度試してみてはいかがでしょうか?

今なら、1~3営業日程度で発送とのことで比較的すぐに届くようです。
もちろん、おすすめは私がいつもお世話になっている「もしも」です。

『【2012年最新版】 シュッとひと吹き!"エアーマスク"で花粉をブロック!』

□ 花粉対策グッズ「ポレノン(pollenon)」
(商品ページへのリンク)

------------------

ここまでお付き合いいただいてありがとうございます。
もしよかったら「ポレノン」を試してみてください。


私の実体験を元にレビュー記事を書いてみました。

ここまでで、約1000文字です。

自分の体験していることは、書きやすいです。


それほど高額でない商品であったり、
自分で使ってみたい商品であれば買ってしまうのも良いと思います。

私自身、ドロップシッピングを始めたばかりの頃、
「サイクルツイスタースリム」を購入しました。

激戦の中、よくお買い上げいただきました。
また、同時に、競合との駆け引きの中、
たくさんのショップ運営ノウハウを学ぶことができました。

自分が欲しい商品というのは、自分が欲しくなった理由や、
どのように使うのかが明確なので、購入を検討しようとしている人に
非常に訴求しやすいのです。

さらに、自分を納得させてから購入していますから、
価格の妥当性についても説明しやすい特徴があります。


レビュー記事でも、しっかりキーワードは絞って書いてください。
もちろん、キーワードはキーワードツールでチェックして
競合が少なく、上位表示できそうなキーワードを事前に選んでください。

完全なオリジナルの文章はSEOでも上位表示しやすいはずです。

ぜひ、皆さんもレビュー記事にチャレンジしてください。


では、最後までお読みいただきましてありがとうございます。

次号もお楽しみに。

タグ

, , , , , ,

2012年3月 1日

どろっぷしっぴんぐ研究所 (13:52)

カテゴリ:公式メルマガバックナンバー

このページの先頭へ