2012年2月アーカイブ

【研究所公式】いますぐブログを開始できる5つの解決策

こんばんは、

どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。
http://twitter.com/#!/daisukee


ブログを活用して成果を出している方が増えています。


もしもドロップシッピング - 殿堂入り!ショップオーナーの館~成功者の声~
『ショップ制作よりも集客に力を使う!』
http://msm.to/wg1lFj

これから検索エンジン対策(SEO)のために
ブログを始めようとしている方も多いのではないでしょうか?

「ブログを始めようと思っているけれど、なかなか始められない」

という方は、ぜひ今日を機会にブログを始めてみたください。
ブログを始める一番のコツは、とにかく始めてみることです。


ブログを始められない理由は、いくつかあると思います。

今回はブログを始められない理由について
5つの解決策を提案します。

これから始めようと考えている方は、
早速、今夜からブログを書き始めましょう。

 

1.どのブログサービスを使ったらいいか分からない


いろいろなブログサービスがあります。

「アメブロがいい」
「fc2ブログがいい」
「○○ブログだとブログが消される」

など、いろいろな無料ブログサービスがあって、
どれにしようか迷ってしましますよね。

どのブログサービスにも一長一短があります。


ここでは、もし迷っているのであれば、
seesaaブログ(シーサーブログ)で作りましょう。

シーサーブログ(無料)

シーサーブログをおすすめする理由は主に次の3つです。

(1) 商用利用がOK
(2) 最大100個までブログが作成できる
(3) 気軽にブログを増やせる


特に、最大100個までブログを増やせるので、
気兼ねなくブログを増やすことができるのは大きな魅力です。

また、シーサーブログに慣れると、ほぼ同じような操作で使える
他のブログサービスもすぐに使いこなせるようになります。

 

2.何をテーマに書いたらいいか分からない

何をテーマに書いたらいいのか分からないという方は、
ブログで日記を書きましょう。

「日記は苦手だよ。」

という方もいらっしゃると思います。

私自身、子供の頃から日記を書くのは苦手でした。

最近でこそやたらとブログを増やすことはおすすめしませんが、
ブログの数だけなら、100個以上のブログを作ってきました。

ですので、苦手でも問題ありません。

まずは、3記事を目標に日記を書きましょう。
3記事の日記が書けたら、次は30記事です。

30記事書くと、さまざまな発見があります。

自分が興味のあるテーマ
書くのが得意なテーマ
書いていて楽しいテーマ

とにかく、30記事は書いてみましょう。

 

3.文章を書くのが苦手

文章を書くのが苦手でも気にすることは全くありません。
文章を書こうとするから書けないだけです。

書けないなら、誰かに語り掛けましょう。

例えば、日記を友達に向けて話すつもりで書いてみましょう。

「誰に」「何を」話すか決めれば、意外と書くのは簡単です。
「友達に」「今日起きた出来事を」話すように書くだけです。

文字数は、目安として500~1000文字を目安に書いてみましょう。

書いた内容が、ドロップシッピングにまつわる出来事を書けば、
「ショップオーナーブログ」になります。

商品について自分の感想を書けば「レビューブログ」になります。

このように考えると、気軽に書けるような気がしませんか?

 

4.毎日書けるか不安

ブログを毎日書くに越したことはありません。
しかし、毎日書く必要はありません。

ただし、毎日ブログを書けない場合でも、書く日を決めましょう。

例えば、早く家に帰ることができる水曜日と
週末の土曜日に30分~1時間程度の時間を取って、
ブログの記事を書くというのでも構いません。

人それぞれいろいろなお仕事や活動をされていると思います。

ドロップシッピングを続ける心構えとしても同様なのですが、
ブログを書くのが負担にならないように、ハードルを下げた状態で
まずはブログのスタートを切りましょう。

 

5.書き続けることができないかもしれない

どんなことでもあきらめずに継続出来る人は多くありません。
ですので、ブログを書き続けられないということもあるでしょう。

最初にスタートするブログとして、日記ブログをおすすめするのは、
テーマを特に決めずに30記事を書く中で、「興味のあること」、
「得意なこと」、「好きなこと」を見つけることができるからです。

30記事書くときに、1週間、1ヶ月単位で、
どんな記事を書いてきたのか読み返してみましょう。

意外な発見があるかもしれません。

そこでもしテーマが見つかったら、
新しいテーマでブログを始めてみましょう。

・ドロップシッピングの取り組みについて
・自分の趣味について
・毎日の美容や健康について
・日々の仕事について
・SEOの取り組みで学んだことについて
・ホームページやサイト作成について

など、いろいろなテーマが出てくると思います。

いつかはネタが切れて書けないテーマもあるかもしれません。
書き続けるだけの情熱があれば続きます。

また、書き続けることが困難なときは、テーマを変えて
新しいブログで書き始めればいいと思います。

 

とにかくブログを始めてみる

ドロップシッピングやアフィリエイト、サイト運営で
成果を出している人は、ものすごい作業量をこなすなど、
常にいろいろなことを試しています。

遊び感覚でいろいろなことを試しながら、
どれが成果が出るのかを試しています。

「たくさんの種をまいて、美味しく育った実を収穫する」

ということを日ごろから実践しているのです。

作物を育てる中で間引きが重要なのと同じように、
試みの中には、多くの失敗、中途半端なことなどが
成功したこと以上に多いはずです。


ブログ運営でも同様です。

いろいろなテーマで書いてみてください。

書いた中から、自分が価値を感じるテーマ、
読む人にとって価値を感じてもらえるテーマに
絞り込んでいけばいいのです。

見つけたテーマを中心にした新しいブログを作成したり、
そのテーマに向けてブログを育てて行きましょう。

書くテーマを最初から決める必要はありません。


ブログを始める一番のコツは、とにかく始めてみることです。


最初、URLだけは決める必要がありますが、

ハンドルネームもブログタイトルも決める必要はありません。
後から変更できるからです。

万が一、迷ってしまったら、
最初のブログタイトルは「日記ブログ」にしましょう。

ハンドルネームに悩んだら、最初は自分の名前の文字を使います。
私「奥成大輔」の場合なら「オク」とか「ダイ」とかです。

恥ずかしくても、後で変更できますから大丈夫です(笑)

それよりも大切なのは、ブログを始めて記事を書くことです。


迷ったらシーサーブログを使って記事を書き始めてください。


シーサーブログ(無料)


とても便利なので、私も迷ったときは
すぐにブログを増やせるシーサーブログを使ってきました。

 

では、最後までお読みいただきましてありがとうございます。

次号もお楽しみに。

タグ

, , ,

2012年2月23日

どろっぷしっぴんぐ研究所 (12:55)

カテゴリ:公式メルマガバックナンバー

【研究所公式】SEOで短期的に上位表示し成果を得るキーワード選び

こんにちは、

どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。
http://twitter.com/#!/daisukee

もしも大学特待生19期生の募集も残り1週間を切りました。

※現在は募集終了しています。

おかげさまで、特待生のノウハウ初級コースは
前回の応募を大幅に上回り大好評です!

来週の2月15日まで募集しています。ぜひチャレンジしてください。
http://msm.to/rsUCDr


その一方で、今回はステップアップコースの応募が少ない傾向です。

ちょっとさびしい傾向ですが、応募される方にとっては
合格の可能性が高いタイミングです。

私の対面講座の場合では、一人あたりの相談時間を
より長く取れるというメリットもあります。

審査があるので、誰でも合格できるわけではありませんが、
ブロンズ会員以上でショップオーナー仲間と情報交換しながら
交流し、売上を伸ばしたいという方はぜひ応募してください。

受講された特待生の皆さんの声はこちらで紹介されています。
http://msm.to/vbo1Nf

 

さて、今週はSEOでのキーワード選びについてです。

キーワード選びで最も大切なことは、

       「お客様が検索しているキーワードを選ぶ」

ということです。

あなたが、キーワードを選ぶとき、自分の頭の中で考えた
キーワードを選んでしまってはいないでしょうか?

ときには、良いキーワードや競合が少ないキーワードが
選べていることがあるかもしれませんが、
キーワードは自分の頭で考えないようにするのがコツです。


自分の頭の中だけで考えたキーワードを

「このキーワードなら売れそうだな」

という気持ちで、お客様に押しつけようとしても、
検索エンジンで検索するお客様は振り向いてもくれません。

しかし、逆に多くのお客様が検索する
お客様の頭の中で考えられたキーワードを
事前に知ることができたらどうでしょうか?

お客様が検索しているキーワードを調べられるのが、
UNIT SEARCHなどで代表されるキーワードツールです。

キーワードツールについては以前にも解説しました。
http://bit.ly/wrgV7Z

SEOのキーワード選びでも、キーワードツールで
見つかるキーワードを選ぶということが大前提です。


次に、SEOでのキーワード選びには2種類あります。

・短期的に上位表示し、成果に繋げるキーワードを選ぶ
・安定したアクセスが見込めるキーワードを選ぶ


今回は、短期的に上位表示を狙うキーワードの選び方について
考えていきましょう。


キーワードの検索数が多いほど、商品や情報を探している人が多い、
つまり、需要が大きいキーワードになります。
できれば、そのような需要の大きいキーワードで
自分のページを上位表示したいですね。

ところが、検索エンジンで検索しているお客様の検索結果には
通常、上位10位のページしか表示してくれません。

そのため、需要の大きいキーワードでは競争が激しくなり、
上位に進出するのは簡単ではありません。


SEOを初めて間もない方が、上記のような競争の激しいキーワードで
上位表示を狙うには、それらのページが上位表示を達成するまでに
要した時間や労力に負けないだけの工夫が必要となります。

しかも、簡単に上位表示できる方法はなく、
仮に簡単な方法で上位表示できたとしても、最近の検索エンジンは
順位操作を見破って効果はすぐに減ってしまうでしょう。


では、短期的に上位表示を達成するためには、
どのようなキーワードを狙えばいいのでしょうか?

それは、次のようなキーワードです。

・競合が少ないキーワード
・SEOに力を入れていないページが上位表示されているキーワード


いくつか、具体的な方法を紹介します。


1.キーワード広告の競合数をチェックする

キーワード広告の競合が少ないキーワードでは、
SEOでも上位表示を狙っているページも少ないケースが多いです。

広告数が10以下であれば、競合が少ないと判断できます

ただし、キーワード広告では出稿できないキーワードや商品があります。
そのような場合は、参考になりませんので注意が必要です。


2.検索結果のタイトルにキーワードが含まれているかチェックする

検索エンジンの検索結果(キーワード広告ではない自然検索結果)の
ページタイトルに検索キーワードが含まれているかどうかを
チェックします。

キーワードが含まれていないようなページが上位に複数ある場合は、
競合があまりSEOに力を入れていない可能性が高いです。

ただし、最近のGoogleでは、
タイトルを最適化する試みも行われているようですので
参考程度に活用してください。

□ 検索結果によりよいタイトルを:Google ウェブマスター向け公式ブログ
http://bit.ly/xm5IQH


3.急上昇ワードをチェックする

急上昇ワードで「おや?何だ?」というような
自分が聞いたことがないキーワードは競合が少ないことが多いです。
ときどき商品名そのものが登場することがあります。

ここでは代表的な3つのサービスを紹介しておきます。

□ Yahoo!検索ランキング
http://bit.ly/zPuRdh

□ Google トレンド
http://bit.ly/yqlNJn

□ gooウェブ検索 急上昇ランキング
http://bit.ly/yZbbHu

急上昇ワードは、見つけたら即狙う機動力がモノを言います。
もちろん、キーワード広告に出稿するのも有りです。

 

キーワードの傾向として、自分が知っているキーワードは、
既に誰でも知っているキーワードだと考えましょう。

多くの人が視聴したTV番組で、少し前に紹介されたような情報や
商品では、既に競合がひしめき合っています。

雑誌や新聞などを活用してキーワードを探す場合でも
自分の知らないキーワードにこそチャンスが眠っています。
そのキーワードを知らない場合でも検索して調べてみましょう。


短期的に上位表示を狙うキーワードの選び方では、
検索数は少なくても気にする必要はありません。

それよりも、いかに早く上位表示できるかを考えた方が得策です。

たとえそこで成果につながらなくても、
上位表示を目指して行ったページ作りや取り組みが
後になって生きてきます。


安定したアクセスが見込めるキーワードで上位表示を狙う場合は、
キーワードのトレンド、検索数、競合をじっくり調査して
長期的な視野で取り組むことが大切です。

そのためにも、SEOを開始して間もない段階では
短期的に上位表示できるキーワードで確実に成果につなげ、
「安定したアクセスが見込めるキーワード」でも上位に表示できる
実力を少しずつ身につけていきましょう。

 

特待生のステップアップコースでは、
受講される方の状況に応じてアドバイスしています。
SEOについても気軽にご相談いただけます。
http://msm.to/vbo1Nf


では、最後までお読みいただきましてありがとうございます。

次号もお楽しみに。

タグ

, , ,

2012年2月16日

どろっぷしっぴんぐ研究所 (13:42)

カテゴリ:公式メルマガバックナンバー

【研究所公式】注文メールを受け取るための3つの条件

こんばんは。

どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。
http://twitter.com/#!/daisukee


最初にお詫びです。
先週送付したメルマガで、紹介したリンク先に誤りがありました。

大変申し訳ありませんでした。

ショップできすぎくんに挿入するキャッチコピーを例に挙げたのですが、
紹介したいページではなく、トップページへのリンクになっていました。

リンク先を修正して、バックナンバーを公開しましたので、
よろしければ、以下のリンク先からご確認ください。

【研究所公式】SEOに比べて圧倒的に簡単に売上につなげるキーワード広告
http://bit.ly/wq9v0O

さて、もしも大学では、特待生19期の募集が開始されました。

ステップアップコースのページでは今回より、
受講者の皆さまの声を掲載していただきました。

特待生制度に興味のある方はぜひ参考にしてお申し込みください。
http://msm.to/vbo1Nf

現在、特待生は18期。
12月に始まった特待生の期間の残り1ヶ月を切り、
真剣にショップ運営の向上に皆さん取り組まれています。

3ヶ月受講後は、大幅な割引料金で継続できるので
積極的に取り組む継続生の方もたくさんいらっしゃいます。

 

今朝、特待生の方から売上があった旨をご報告いただきました。
売上があるということはそれはとても素晴らしいことです。
(本当におめでとうございます。)

ところが、狙って販売してきた商品ではなく、
放置したショップからの偶然の売上だったとのこと。

     「売れるということがよく分からない」

と言う内容のメールでした。


でも、このような売上のときに疑問を感じることが実は大切なのです。

なぜなら、作業量が足りない人だと偶然に売れることすらないからです。

この方がいままでどれだけ真剣にショップ運営に取り組み、
この数カ月間継続して取り組んできているのかを特待生の対面講座や
メールでのご相談を通じて私はよく知っています。

ショップのページもしっかり売れるページの基本ができています。
だからこそ、今回の売上も実は偶然ではないのです。


ここで、発想が転換できると、在庫を持つ必要がないという
最大の利点を持つドロップシッピングの場合では、
とても楽な気持ちでショップ運営できるようになります。


では、具体的にどのように考えればいいのでしょうか。

まず、「売れる」ということを確率で考えてみましょう。
すると「売れる確率」より「売れない確率」の方が圧倒的に高いのです。


売れない確率が高いのは実は当たり前です。
例を挙げてみましょう。

あるお客様があなたのお店でウクレレを買ってくれました。

ところが、世界中でウクレレを買いたいと考えているほとんどの人は
あなたのお店からは買いませんでした。

なぜ、あなたのお店から買わなかったのでしょうか?
その理由こそがあなたのお店で売れない理由です。

ここから分かることは「売れない理由」は無数に存在するということです。


逆に、「売れる=買っていただける」ということは、
どういうステップで起こるのでしょうか。

注文メールを受け取るための3つの条件は次のようになります。

1.お店で商品を販売している
2.購入意欲の高い人がお店に訪問する
3.お店を信頼して訪問者が購入する

この3つの条件がすべて揃って初めて売れるのです。

お客様に買っていただくためには、
上記の1~3の項目それぞれで買っていただける確率を増やすだけです。

・お店を増やせば、買っていただける確率が増えます。
・購入意欲の高い人の訪問が増えれば買っていただける確率が増えます。
・お店、商品の良さがお客様に伝わると買っていただける確率が上がります。


それぞれの項目の確率が低い段階では、偶然でしか売れません。
しかし、コツコツとショップ運営を行ってチャンスを増やし続けると
一定の割合で商品が売れることが分かってきます。

確率を上げることで、偶然から必然に変えるということが、
売上ゼロからコンスタントに売上を上げるコツです。


特待生ステップアップコースの奥成クラスでは、
受講した方に売上をコンスタントに伸ばし続けていただけるように
売れる確率を上げる具体的な方法をお伝えしています。

対面講座は、少人数で和やかな雰囲気で行っています。

こんな感じです。
http://bit.ly/wOblFH

ぜひ、特待生に応募してください。
対面講座でお会いするのを楽しみにしています。

特待生について詳しくはこちら
http://msm.to/vbo1Nf


では、最後までお読みいただきましてありがとうございます。

次号もお楽しみに。

タグ

【研究所公式】SEOに比べて圧倒的に簡単に売上につなげるキーワード広告

こんばんは。

どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。
http://twitter.com/#!/daisukee


前回、前々回と、2回連続してSEOを取り上げてきました。
予想以上の反響があり、SEOへの関心の高さを実感しました。

今後もSEOの話題を増やしながらメルマガを発行していきたいと思います。


さて、今日は一転して、
キーワード広告を活用したショップ運営のコツについてです。
なぜ、SEOから一転してキーワード広告を取り上げたのかというと、


      「SEOに比べて圧倒的に簡単に売上につながる」


と、考えるからです。


特に、売上がまだ「0(ゼロ)」で初売上げをあげられていない方で

・専門店作りに励んでいるのに売上につながらない
・ページ作りに時間が掛かって作業が進まない
・独自文章で商品説明文を書くだけで手一杯
・一生懸命ブログを書いて集客しているのに売上がない

など、ドロップシッピングの作業はしている。
それなのに売上につながらないという方にこそ
チャレンジして欲しいのがキーワード広告です。


キーワード広告をおすすめする理由は3つです。

1. ページ作りに手間を掛ける必要が少ない
2. 広告を出稿したら即検索エンジンの1ページ目に表示できる
3. 商品が売れる理由、売れるポイントが分かる


1. ページ作りに手間を掛ける必要がない

SEOでの集客では、検索エンジンで上位表示すのが目的です。
検索エンジンから評価されるためには、
独自のコンテンツでページを作成する必要があります。

キーワード広告では、その必要がありません。
もしもドロップシッピングが提供しているコンテンツだけでも
広告を出稿することができるのです。

自分の言葉で文章を書かなくても、ショップできすぎくんであれば、
短時間でページを完成させることができます。

ちょっとしたコツとしては、ショップできすぎくんでは、
ヘッダーのすぐ下に、大きな目立つ色の文字でキャッチコピーを
ターゲットに向けて自分の言葉で呼び掛けると効果的です。

例えば、こんな感じです。
http://bit.ly/xqNife 

 

2. 広告を出稿したら即検索エンジンの1ページ目に表示できる

SEOで集客する場合、検索エンジンで上位表示するのに、
独自のコンテンツを書いたり、被リンクを増やしたりする必要があります。
上位に表示されるまでに時間も掛かります。

それに比べて、キーワード広告では、
「アッという間」に検索エンジンの1ページ目に表示できます。

キーワード広告に出稿した場合、広告審査に通過すれば
比較的早く、遅くとも数日以内に検索エンジンに広告が掲載されます。

私がドロップシッピングを始め、初めてキーワード広告を使い出したとき、
何よりも唖然としたのは、一瞬で上位表示できるスピード感でした。

このスピード感は、SEOしか経験していない人が味わうと止められません(笑)

 

3. 商品が売れる理由、売れるポイントが分かる

SEOでもキーワード広告でも、検索エンジンから集客する点は共通します。

お客様はキーワードで検索し、検索エンジンの検索結果から
販売ページに訪問して商品を買うというお客様の流れは
SEOでもキーワード広告でも同じなのです。

つまり、キーワード広告で売れるということは

・売れるキーワードが分かる
・売れる商品が分かる
・売れるページが分かる

という、商品を販売するのに必要な要素を把握することができるのです。

SEOに展開する場合でも、この売れるポイントさえ知っておけば、
狙ったキーワードで上位表示し、商品を販売することが
できるようになるのです。


逆に、次のような状況ではどうでしょうか。

・キーワードが的外れ
・売れない商品を扱っていた
・売れるページが分からない

このような状況でSEOに注力し、
仮に検索エンジンで狙ったキーワードで上位表示を実現したとしても、
商品を販売することは難しいでしょう。

 

もちろん、キーワード広告にもデメリットがあります。
主なデメリットとしては、次の3つです。

・コストが掛かる
・広告出稿に審査がある
・出稿できない商品がある


まず、コストが掛かるという点。

Yahoo!リスティング広告のスポンサードサーチという
サービスを利用しますが、3,000円の予算からスタートできます。

□ Yahoo!リスティング広告 スポンサードサーチ
http://bit.ly/yaBHCm

3,000円であれば、ちょっとしたことを我慢すればすぐに
検索エンジンの1ページ目で集客を開始することができます。


次に、広告出稿に審査があるという点については、
確かに審査を受けるのですが、自動的に審査を通過することが多く、
ガイドラインを守っていれば審査で停止になることはまれです。

万が一、出稿できなかったり、広告が停止になった場合でも
Yahoo!リスティング広告の場合では、Q&Aが充実していることや
電話でのお問い合わせに応じてくれるので安心です。


出稿できない商品についてはガイドラインで事前に確認できます。

もしもドロップシッピングが取り扱っている商品でも広告に
出稿できない商品はありますが、どのような商品が掲載できないのか
事前に確認してから商品を選べば容易に回避できます。


このようにデメリットはありますが、
どれもそれほど大きなデメリットではありません。
圧倒的にメリットの方が大きいと考えられます。


1つだけ、注意したいのはキーワード広告の運用方法です。

やみくもにたくさんのお客様を集客しようとすると、
簡単に赤字になります。

このメルマガでもお伝えしてきていますが、

「検索されていて競合の少ない商品」を選び、
「購入意欲の高いお客様が検索しているキーワード」だけに絞る

ということが重要です。


もしもドロップシッピングの成功事例でも
最近注目されるのはSEOで成果を上げていらっしゃる方です。

しかし、最初からSEOだけで成果を出している方は多くありません。
ドロップシッピングにおいて集客はとても重要なのですが、
集客と同様に商品選びやページ作りの影響が大きいからです。

現在はSEOだけで集客しているという方でも、
最初はキーワード広告で商品を販売するコツを掴み、
徐々に集客をSEOに切り替えた方が成果を出しています。


最終的には、SEOでより大きな利益を獲得して欲しいです。

しかし、ドロップシッピングで思うように売上があがっていない方は、
キーワード広告を使ってスタートダッシュを図ることをおすすめします。


では、最後までお読みいただきましてありがとうございます。

次号もお楽しみに。

 

タグ

, , , ,

2012年2月 2日

どろっぷしっぴんぐ研究所 (10:02)

カテゴリ:公式メルマガバックナンバー

このページの先頭へ