2011年7月アーカイブ

【研究所公式】もしもドロップシッピングブログを作成しよう

こんばんは。

どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。
http://twitter.com/daisukee


先週、栃木県鹿沼市で開催された
『第1回栃木フェイスブック交流会』というイベントに
那須烏山市から参加してきました。


イベントでは『フェイスブックデザインブック』の著者、
清水豊さんがフェイスブックの特徴やフェイスブックページの
デザイン方法について講演してくださいました。

□ フェイスブックデザインブック
http://ja-jp.facebook.com/fbdesignbook


私の本には、清水さんと著者のお一人でもある早乙女さんの
サインが入りましたが、お二人とも初体験とおっしゃってましたので、
恐らく日本で唯一のサイン入り本となりました(笑)


当日の模様は、YouTubeでも配信されていますので、
フェイスブックページに興味のあるかたはぜひご覧ください。

□ 第一回栃木フェイスブック交流会(約1時間52分)
http://www.youtube.com/watch?v=ogFx6V-r2Ao&feature=share

さて、今回は

「もしもドロップシッピングブログを作成しよう」

をテーマにお伝えしていきます。

最近では、ツイッターやフェイスブックなどの
ソーシャルネットワークが話題となり活用されています。

そして、先ほどご紹介したように、ソーシャルネットワークから
『栃木フェイスブック交流会』のようなコミュニティが育つのも
特徴の一つだと思います。

もしもドロップシッピングに関しても、ツイッターを通じて
知り合ったショップオーナー様も多く、今でも皆さんと交流することが
もしも大学公認講師の活動をする上でも励みになっています。

ぜひ、気軽にフォローしてください。
http://twitter.com/daisukee

もしもドロップシッピングが運営するもしも大学特待生にも、
特待生専用のSNSがあります。

私自身も特待生の頃、そのSNSを通じて、たくさんの
ショップオーナーの先輩や仲間と交流させていただき、
いまでも懇意にしていただいています。

GOLDSCOPの武富先生や大川先生との交流も、
最初は特待生SNSでのフレンド申請から始まりました。


特待生SNSで特待生仲間と積極的に交流し、
四六時中ドロップシッピングにのめり込んでいたら、
先輩特待生の方からあるイベントにご招待いただきました。


それが、前回のメルマガでも紹介しました、
ショップオーナーの交流会でした。


□ もしもドロップシッピングオフ会!皆様に感謝
http://begin-moshimo.seesaa.net/article/123356104.html

私のもしもドロップシッピングブログ決して参考になるような
褒められたものではなく、最初から、ショップオーナーの皆さんと
交流することが目的で作成しました。

当時は、ソーシャルネットワークがあまりメジャーでは
ありませんでしたから、ショップオーナー同士の交流には
必須のアイテムでした。

また、このブログの場合は、更新頻度は最低でも2か月に1度と
かなりゆるいルールです。

更新頻度が高くなくても継続しているということと、
独自のコンテンツであることだけを意識しています。

もしもドロップシッピングブログで成功するコツはいろいろありますが、
長い目で見たときに、私が重要だと思うことは次の3つです。


・独自の視点から情報が発信されていること

・読み手にとって価値のある情報であること

・他の人が記事を紹介したくなる情報であること


私自身も上記の3つに該当するような記事をできる限り多く
発信できるように今後も心掛けていきたいと思います。


また、ツイッター、フェイスブックのように流動的な情報発信だけでなく
ブログを通してショップオーナーの皆さまが交流し、できる限り多くの人に
もしもドロップシッピングの魅力を伝えて欲しいと考えています。

この機会にぜひ、もしもドロップシッピングブログを作成してください。


尚、ブログをSEOに活用したいという場合では、
上記の3つだけでは十分ではありません。

ブログのテーマ
キーワードの選定
競合調査
ブログのタイトル
記事のテーマ
記事タイトル
記事の書き方
リンクの貼り方
更新頻度
ドメイン
ブログサービス
など


慣れている方は、複合的な要素について瞬時に判断して
狙いの目的に対して適切なアクションを取ることができますが
最初はなかなかコツがつかめないものです。

SEOを意識し過ぎて過剰に行うと逆効果になることもあるのですが、
最低限の知識を知っておくことは必要です。


特にこれからSEOに着手するという方で、まだこちらの記事を
読んでいない方は必ず目を通しておきましょう。

□ SEO に大きな変化!生き残るのはオリジナルコンテンツだけ
https://www.moshimo.com/shop/guide/originalContents
※記事を読むにはもしもへのログインが必要です

さて、今週末はいよいよ『集っチャオ!2011』です。

□ 集っチャオ!2011
http://www.goldscop.jp/tsudo-ciao2011.html
※定員まで残り僅かとのことですが、まだ申し込めそうです


那須烏山市で最大のイベント『山あげ祭』の真っ只中ですが、
参加される皆さまとお会いするのを楽しみに私も六本木に向かいます。

集っチャオ!に参加される皆さんのブログを拝見するのも楽しみです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 □ 「もしも売上アップ!栃木」キャンペーン無料会員募集中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「もしも売上アップ!栃木」キャンペーンは、
参加いただいた栃木県ショップオーナーの皆さまが売上を伸ばし、
成果につなげていただくことで、栃木県を

「政令指定都市がない県の中のナンバー1」

を達成することを目的としています。


栃木県内でのセミナー、勉強会、ランチミーティング、懇親会など、
無料、有料を含めて講座やイベントを企画していきます。


キャンペーンへの参加はもちろん「無料」です。

栃木県で開催される講座やイベントに参加したい
もしもショップオーナー様ならどなたでもご登録いただけます。

ぜひ、会員登録して売上アップに活用しててください。


「もしも売上アップ!栃木」キャンペーン会員登録はこちら
>> https://ssl.form-mailer.jp/fms/77fb0426158907

では、最後までお読みいただきましてありがとうございます。

次号もお楽しみに。


※メルマガの感想、取り扱って欲しいテーマの要望をお待ちしています
↓ご連絡はこちら↓
mailmag@ds-lab.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行元:どろっぷしっぴんぐ研究所

発行者:奥成大輔(オクナリダイスケ)

□ Email:info@ds-lab.jp
□ Twitter:http://twitter.com/daisukee
□ ホームページ:http://www.ds-lab.jp/
□ ブログ:http://begin-moshimo.seesaa.net/
□ どろっぷしっぴんぐ研究所新聞(号外):http://paper.li/daisukee/ds

We are GOLDSCOP:http://www.goldscop.jp/

本メールに掲載された記事や情報を許可なく転載することを禁じます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※メルマガ解除はこちらより行ってください
******

※メルマガに関するご意見、メールアドレスの変更など

↓ご連絡はこちらへ↓
mailmag@ds-lab.jp

タグ

,

2011年7月28日

どろっぷしっぴんぐ研究所 (21:17)

カテゴリ:公式メルマガバックナンバー

【研究所公式】もしもドロップシッピング都道府県売上ランキング

こんばんは。

どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。
http://twitter.com/daisukee


今年も、もしもドロップシッピングのショップオーナー交流会
「集っチャオ!」が開催されます。


□ 集っチャオ!2011
http://www.goldscop.jp/tsudo-ciao2011.html


もしも大学公認講師、もしも大学の特待生とそのOBなど、
有力ショップオーナーの皆さんも多数参加される予定です。


「六本木」という言葉の響きだけで緊張して
歩くときに同じ側の手と足が同時に前に出てそうですが、
もちろん、私も栃木県は那須烏山市から参加します。

皆さんと「六本木」でお会いするのが今から楽しみです。


さて、今日は特に栃木県ショップオーナーの方は必見です。

でも、いつものノウハウとはちょっと違う話題です。

「あなたは、どこに住んでいますか?」

残念ながら、

この『どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ』は、
購読する際に登録する情報はメールアドレスだけなので、
皆さんがどこに住んでいるかは分かりません。


しかし、私の予測では「東京都の方が一番多いのでは?」と考えてます。


なぜこんな話をしているかというと、

「どろっぷしっぴんぐ研究所」の今後の展開を考える際の参考に、
もしもドロップシッピング全都道府県の売上ランキングについて
「株式会社もしも」さんに集計していただいたからです。


さすがにもしも大学の公認講師といえども、
非公開の情報は提供いただけませんでしたが、今回は特別に
都道府県の売上ランキングについて掲載許可をいただきました。

データは2011年5月、1か月間のものです。


■ もしもドロップシッピング都道府県売上ランキング(2011年5月)


1 東京都
2 兵庫県
3 大阪府
4 埼玉県
5 神奈川県
6 福岡県
7 千葉県
8 愛知県
9 北海道
10 静岡県
11 広島県
12 京都府
13 秋田県
14 宮城県
15 鹿児島県
16 長野県
17 富山県
18 滋賀県
19 新潟県
20 三重県
21 沖縄県
22 福島県
23 岡山県
24 山口県
25 栃木県
26 宮崎県
27 茨城県
28 奈良県
29 熊本県
30 群馬県
31 長崎県
32 大分県
33 岐阜県
34 岩手県
35 石川県
36 香川県
37 福井県
38 和歌山県
39 愛媛県
40 山形県
41 鳥取県
42 徳島県
43 高知県
44 青森県
45 島根県
46 山梨県
47 海外
48 佐賀県

「あなたの都道府県は何位でしたか?」


この中でも、予想通り東京都は他を圧倒していました。

もしも以外のさまざまな統計を調査しても、人口はもちろん、
ブロードバンド契約者数でも2位を大きく引き離し、他を圧倒して1位です。
もしも会員登録数も少ないわけがありません。


もしもドロップシッピングの売上が大きい地域は、
おおむね人口の多い地域が上位を占めており、
人口ともしも会員登録の傾向もほぼ同様の傾向です。

実際に会員数が少ないというだけで都道府県ランキングでは不利となります。


参考までに、日本の都道府県人口は、多い順に次の通りで、
政令指定都市のある人口の多い都道府県がズラッと並びます。


1 東京都
2 神奈川県
3 大阪府
4 愛知県
5 埼玉県
6 千葉県
7 兵庫県
8 北海道
9 福岡県
10 静岡県

しかし、売上ランキングは少し異なっています。


例えば、兵庫県。
人口は7番目ですが、売上は2番目です。
兵庫県の特徴は、売上がある人の数が多いのです。


他にも特徴的なのは広島県です。
広島県は、販売している人は多くないのですが、
1人当たりの売上実力が高い傾向です。


さらに驚いたのは、秋田県、鹿児島県という
決して人口も会員数も多くない地域が上位に食い込んでいます。
どちらも、売上が発生しているもしも会員の方が多い傾向でした。

さて、どろっぷしっぴんぐ研究所の所在地である栃木県。

群馬、栃木、茨城の北関東3県ではトップです(笑)

さらに、先ほどの広島県で話題にした
1人当たりの実力をはかる指標では5位と好順位です。

しかし、全国区では残念ながら、25位。

人口が決して多くない政令都市がない秋田県や鹿児島県と
比べると栃木県は売上のある人がまだまだ少ないようです。

そこで!

この状況を打破し、栃木県の売上アップをはかるべく、
栃木県ショップオーナーを対象としたキャンペーンを実施します。


題して「もしも売上アップ!栃木」


来年の5月末時点で
「もしも売上ランキング全国ナンバー1」を目指します。

といっても、

まともなランキングで東京を抜くのは困難なので、
「政令指定都市がない県の中のナンバー1」とします(笑)

「もしも売上アップ!栃木」キャンペーンでは、
栃木県ショップオーナーの皆さんに、売上アップを目指す
またとないチャンスにしていただきたいと考えています。

具体的には、宇都宮市や那須烏山市を中心に栃木県内で
セミナー、勉強会、ランチミーティング、懇親会など、
無料、有料を含めて講座やイベントを企画していきます。


何よりも、キャンペーンに参加していただく皆さんが
売上を伸ばし、成果につなげていただくのが目的です。

その結果、

栃木県を「政令指定都市がない県の中のナンバー1」にして
ドロップシッピングの成功者が多い県として認知されるように
皆さんと一緒に盛り上げていきたいと思います。

最後にキャンペーンへの参加方法についてです。

講座やイベントの情報を受け取るには、
「もしも売上アップ!栃木」への会員登録をお願いします。
(会員登録はもちろん無料です)

※売上アップに向けて積極的に取り組む方だけに
ご参加いただきたいので会員登録にご協力をお願いします。


参加の条件は、次のいずれかの条件を満たす方とします。

1) もしも会員登録住所が栃木県であるショップオーナー様

2) 上記1)に該当しないが、栃木県で開催される講座やイベントに
参加したいもしもショップオーナー様


キャンペーンに参加を希望される方は、
下記のリンク先で会員登録をお願いします。


□ 「もしも売上アップ!栃木」キャンペーン会員登録
https://ssl.form-mailer.jp/fms/77fb0426158907

私がドロップシッピングを始めて、半年余りが経過した頃
2年前の7月11日は、こんなオフ会に参加していました。

http://begin-moshimo.seesaa.net/article/123356104.html

このときのオフ会がきっかけで、もしもショップオーナーの交流の輪が、
当時のもしもショップオーナーの間で使われ出したツイッターとともに
一気に全国に広がりました。


その7月11日を記念して、昨年から「集っチャオ!」というイベントを
GOLDSCOPで開催しています。昨年の集っチャオ!ではそこでの出会いが
きっかけで、ゴールインしたショップオーナー仲間もいます。


今年はどんな奇跡が起こるのか・・・


いまからワクワクしています。


□ 集っチャオ!2011(今年は7月23日開催です)
http://www.goldscop.jp/tsudo-ciao2011.html


では、最後までお読みいただきましてありがとうございます。

次号もお楽しみに。


※メルマガの感想、取り扱って欲しいテーマの要望をお待ちしています
↓ご連絡はこちら↓
mailmag@ds-lab.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行元:どろっぷしっぴんぐ研究所

発行者:奥成大輔(オクナリダイスケ)

□ Email:info@ds-lab.jp
□ Twitter:http://twitter.com/daisukee
□ ホームページ:http://www.ds-lab.jp/
□ ブログ:http://begin-moshimo.seesaa.net/
□ どろっぷしっぴんぐ研究所新聞(号外):http://paper.li/daisukee/ds

We are GOLDSCOP:http://www.goldscop.jp/

本メールに掲載された記事や情報を許可なく転載することを禁じます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※メルマガ解除はこちらより行ってください
*******

※メルマガに関するご意見、メールアドレスの変更など

↓ご連絡はこちらへ↓
mailmag@ds-lab.jp

タグ

【研究所公式】超できすぎくんに素材を挿入する方法

こんばんは。

どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。
http://twitter.com/daisukee

先日、7月5日(火)のことですが・・・

栃木県の地方新聞である下野新聞に掲載されました!

記事については、こちら


□ 下野新聞の「けさの顔」でご紹介いただきました
http://begin-moshimo.seesaa.net/article/213716354.html

その中で、職業についても書かれているのですが・・・

「ネットショッピングコンサルタント」??


ちょっと微妙な肩書になっていました(笑)


「ドロップシッピング」の知名度が上がってもっともっと浸透するように、
私も引き続き、全力で皆さまのショップ運営の成功に向けて
しっかりサポートしていきたいと、気持ちを新たにしました。


さて、今日は超できすぎくんについて取り上げてみます。

「超できすぎくんが売れるページだ!」


と、初めて聞いたとき、
私も例にもれず自分の耳を疑いました(笑)


「いくらページには時間を掛けないといっても、
 あのデザインではさすがに売れないのではないか??」


長い間そう考えていました。


私と同じように、このメルマガをよんでいただいている方の中にも
そんな感想をお持ちになった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実際に私が超できすぎくんを使うようになったのは、
初売上を経験してから数か月以上経ってからのことです。

ちなみに、私の初売上げは、超できすぎくんではなく、
できすぎくんを元に、かなりアレンジして作ったページで
当時は1ページ作るのに、2~3日は掛けて作っていました。


できすぎくんをアレンジすれば充分売れるページになることは
確認できましたが、時間が掛かり過ぎるということが課題で
良い方法がないかと模索していました。

そんなとき、当時の特待生の先輩だった方々が、
超できすぎくんを使って、高い売上を叩き出していたのです。

そして、自分でも実際に試してみました。


すると、なんと!これがよく売れるのです。

それも、予想を覆すほど売れることもありました。


超できすぎくんを使った私の成功事例については、
こちらの【もしも公式本】でも取り上げていただきました。


□ 【もしも公式本】パソコン初心者向け・らくらく簡単ドロップシッピング
http://bit.ly/nyiCU7


この本で紹介していただいている「ほしいも」や「みかん」は
特にたくさん売れた実績がありますので、ページだけでなく、
商品の選び方としても参考にしてみてください。


この本が作られたのは、確か去年の春ごろだったと思います。

これらの商品が売れたのは、
年末だったということも情報としてお伝えしておきます。

そんな超できすぎくんですが、

セミナー受講者の方や特待生の方から、
もしもドロップシッピングが「素材ダウンロード」で提供している素材を
商品説明文の箇所に挿入する方法をご質問をいただくことがあります。


そこで、超できすぎくんの商品説明文の箇所に、素材を挿入する方法
についての資料を作成しましたので、メルマガをご購読いただいている
皆さまに提供させていただきます。


ダウンロードURLはこちらです。

□ 超できすぎくんに素材を貼り付ける方法
http://www.ds-lab.jp/mailmag/choudekisozai.pdf

超できすぎくんをお使いで、素材を貼り付たかったけれど、
方法が分からなかった方は、ぜひこの機会に試してみてはいかがでしょうか。

※資料で分からない点があれば、下記の連絡先からメールでご質問ください。

では、最後までお読みいただきましてありがとうございます。

次号もお楽しみに。


※メルマガの感想、取り扱って欲しいテーマの要望をお待ちしています
↓ご連絡はこちら↓
mailmag@ds-lab.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行元:どろっぷしっぴんぐ研究所

発行者:奥成大輔(オクナリダイスケ)

□ Email:info@ds-lab.jp
□ Twitter:http://twitter.com/daisukee
□ ホームページ:http://www.ds-lab.jp/
□ ブログ:http://begin-moshimo.seesaa.net/
□ どろっぷしっぴんぐ研究所新聞(号外):http://paper.li/daisukee/ds

We are GOLDSCOP:http://www.goldscop.jp/

本メールに掲載された記事や情報を許可なく転載することを禁じます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※メルマガ解除はこちらより行ってください
******

※メルマガに関するご意見、メールアドレスの変更など

↓ご連絡はこちらへ↓
mailmag@ds-lab.jp

タグ

, ,

2011年7月13日

どろっぷしっぴんぐ研究所 (21:46)

カテゴリ:公式メルマガバックナンバー

【研究所公式】誰でも簡単!すぐキャッチコピーが作れる3つのステップ

こんばんは。

どろっぷしっぴんぐ研究所の奥成大輔(オクナリダイスケ)です。


私が住んでいる栃木県では今の季節、夕方頃になると、
毎日のように雷が鳴り響き、ものすごい勢いで雨が降ります。

例に漏れず、今日も午後早くから雷が轟き、雨も降ってきました。

今日の雨はたいしたことはなかったのですが、
すごいときは、滝のような雨が降ってきます。


さて、この前回まで3回に渡ってページ作りの
ポイントについてお伝えしてきました。


「ファーストビューで訪問者に何を伝えるべきか」


について、最低限6つのパーツを配置するということでした。

1) 何を売っているか分かる

1. 商品名(キーワード)

2. キャッチコピー

3. 商品画像


2) 通販で販売していることが分かる

1. クレジットカードマーク

2. カートボタン

3. 販売価格

もちろん、これだけで充分かというと、
決してそんなことはありません。

しかし、競合が少なく需要が大きいという状況は、
決して長続きするわけではないケースが多いので、
スピードが勝負となることがあります。

そんなときには、これらのパーツを素早くページに配置して
すぐにでも集客に取り掛かりましょう。

この6つのパーツの中でも、
少し手間が掛かるのがキャッチコピーですね。


そんなキャッチコピーですが、
悩んでいるといくらでも時間を使い果たしてしまいます。

しかし、完璧なキャッチコピーなどありません。


ですので、最初はもしもドロップシッピングが提供している
キャッチコピーや説明文を参考に、ちょっとだけ自分流に
アレンジすることから始めてみましょう。


その際、キャッチコピーを考える時間を決めます。

5分なら5分、10分なら10分、

キャッチコピーを考える時間を決めてしまうのです。
そうすれば、それ以上時間は掛からなくなります。


そもそも、ページへのアクセスがなければ、
誰もキャッチコピーを見てはくれません。

最初から悩みすぎないようにしてください。


ページへのアクセスが増え、どのようなキーワードからの
アクセスが多いかなど、実際に訪問者の傾向を把握してから
キャッチコピーに磨きを掛けるようにするのがよいでしょう。


では、具体的に、
「どのようにキャッチコピーを考えればよいのか?」
ということになると思います。


今日は、誰でも簡単に、すぐにでも
キャッチコピーが作れる3つのステップを教えます。

それは、次の3つのステップです。


1. 商品の特徴についてこれでもかというくらい把握する

2. 名前、顔が思い浮かぶくらい明確なターゲットを設定する

3. ターゲットに向けて商品の最大の魅力を1点に絞ってすすめる

例えば、こちらの商品を例にしてみます。
(残念ながら現在は在庫切れです)


□ 引っぱリンガー(ひっぱりんがー) アイデア物干し
https://www.moshimo.com/shop/articles/detail?article_id=198615

※ページを見るにはもしも会員登録が必要です。
登録は↓こちらのページの右上のバナーから登録できます。
http://www.ds-lab.jp/

商品は、わずか1秒で洗濯物の取り込みができる、
アイディア物干しハンガーです。


では、先ほどの3つのステップでキャッチコピーを考えてみましょう。


1.(商品の特徴)1秒で洗濯物の取り込みができる物干し

2.(ターゲット)妻、栃木県の雷雨が多い地域に住む主婦

3.(キャッチコピー)

「ゲリラ豪雨が来ても引っぱるだけ!
一瞬で洗濯物が取込める物干しハンガー」


というように、
10分もあれば簡単にキャッチコピーを作ることができます。

上手いキャッチコピーや、スマートなキャッチコピーを作るよりも、
訪問者に伝わるキャッチコピーを作るようにしてください。


尚、キャッチコピーは一瞬で内容を読み取ってもらう必要があります。
長くても30文字前後を目安に抑えるようにしましょう。


参考ページ) 引っぱリンガー 通販
http://dymall.husuma.com/4444834.html

ちなみに、このキャッチコピーの話をもしも大学の特待生で
私のクラスを受講している皆さんにお話ししたところ・・・


「先生!ゲリラ豪雨ならハンガーごと取り込んだ方が早いですよ!」

万が一、商品の良さに惚れ込めないときは、
その商品は扱わない方がよい商品かもしれません。。


では、最後までお読みいただきましてありがとうございます。

次号もお楽しみに。


※メルマガの感想、取り扱って欲しいテーマの要望をお待ちしています
↓ご連絡はこちら↓
mailmag@ds-lab.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
どろっぷしっぴんぐ研究所 公式メルマガ(無料)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行元:どろっぷしっぴんぐ研究所

発行者:奥成大輔(オクナリダイスケ)

□ Email:info@ds-lab.jp
□ Twitter:http://twitter.com/daisukee
□ ホームページ:http://www.ds-lab.jp/
□ ブログ:http://begin-moshimo.seesaa.net/
□ どろっぷしっぴんぐ研究所新聞(号外):http://paper.li/daisukee/ds

We are GOLDSCOP:http://www.goldscop.jp/

本メールに掲載された記事や情報を許可なく転載することを禁じます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※メルマガ解除はこちらより行ってください
******

※メルマガに関するご意見、メールアドレスの変更など

↓ご連絡はこちらへ↓
mailmag@ds-lab.jp

タグ

, ,

2011年7月 1日

どろっぷしっぴんぐ研究所 (14:02) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:公式メルマガバックナンバー

このページの先頭へ