どろっぷしっぴんぐ研究所について

理念

どろっぷしっぴんぐ研究所は、ドロップシッピング運営ノウハウを研究し、その成果をショップオーナーの皆さまにタイムリーに提供します。

概要

名称どろっぷしっぴんぐ研究所
代表奥成大輔(オクナリダイスケ)

代表プロフィール

どろっぷしっぴんぐ研究所代表 奥成大輔(オクナリダイスケ)

経歴

奥成大輔


1968年生まれ、神奈川県藤沢市出身。

2009年1月にドロップシッピングを始める。その後、もしも大学特待生7期生となり2カ月目で売上20万円を達成。現在は、ジャンルを問わない幅広い商品選び、絶妙なキーワード選定でキーワード広告と検索エンジン対策を駆使して、30万人のもしもドロップシッピング会員の中でも高い売上を確保している。

2010年1月より株式会社もしもが運営するもしも大学公認講師としてドロップシッピング教育活動を開始。

もしも大学特待生講座の初代学級委員長。
特待生OB会SNS Cafe Moshimo 管理者代表。

このページの先頭へ